【マカオのおすすめ・人気グルメ】地元マカオ・ポルトガル・中華料理や穴場まで! マカオ在住ツアーガイドが紹介

マカオのおすすめ・人気グルメ

東西文化の交差する町マカオでは、様々な料理が食べられます。

本場の広東料理を始め本格的な中華料理はもちろん、ポルトガル料理を筆頭に西洋料理も南アジア各地の料理など、日本ではなかなか食べられない地元の人に人気の一皿に挑戦するのも、海外旅行ならではの楽しみです。

マカオ在住ツアーガイドの筆者が、一人旅から家族連れまで、どんな旅行スタイルにもマッチする、朝早くから深夜まであらゆるタイミングで楽しめるマカオの美食を紹介します。

※価格は2018年9月現在のものです。レストランによってサービス料10%、旅游税5%がかかる場合があります。

 

■目次: マカオのグルメとお店

<マカオ半島・有名観光地エリアのグルメ>
1. アフリカンチキン:佛笑樓(Fat Siu Lau)
2. ポルトガル料理:Restaurante Escada
3. エッグタルト:Margaret’s cafe e Nata
4. お粥などの地元料理:成記白粥
5. ワンタン麺:黄枝記
6. 路上で食べる羊肉の鍋:強記羊腩煲
7. アジア料理各種:康公夜市
8. シンガポール料理:亞坤咖椰多·叻沙(Ya Kun Kaya Toast Macau)
9. マカオ料理:Alves cafe
10. ポルトガル料理:リトラル (ミシュラン紹介グルメ)
11. 屋台料理(お汁粉や麺料理):雀仔園
12. 麺料理:金隆雲南米線(Kam Lung Yunnan)
13. ミャンマー料理:雅馨(ンガーヒョン)
14. 広東式フレンチトースト(西多士):新鴻發

<マカオ半島・カジノ&ホテルエリアのグルメ>
15. 亜洋中のあらゆる料理:日夜咖啡室(グランドリスボア)
16. 刀削麺などの中華料理:粥麺荘(グランドリスボア)
17. 中華(広東料理):8レストラン(グランドリスボア)/ミシュラン紹介グルメ
18. フレンチ料理:ロブション(グランドリスボア)/ミシュラン紹介グルメ
19. 中華料理・飲茶:皇廷閣(グランドエンペラーホテル)
20. 中華料理・飲茶:丹桂軒(スターワールドホテル)
21. ブッフェ料理:盛事(MGMグランド・マカオ)

<タイパ島・コロアン島のグルメ>
22. 中華料理:帝王点心(ベネチアンホテル)
23. ブッフェ料理:feast(シェラトングランド・マカオホテル)
24. ポルトガル料理:ポウサダ・デ・コロアネ(ホテル・レストラン)
25. エッグタルト:ロード・ストウズ・ベーカリー

<マカオのフェリーターミナル・空港のグルメ>
26. 中華料理:百福小廚(マカオ国際空港)
27. 中華料理:南北麵點小廚(マカオフェリーターミナル)
28. 各種料理:フードコート(タイパフェリーターミナル)

<(関連情報) マカオの旅行・観光情報ページ>
1. 【マカオ在住ツアーガイドが解説】おすすめの観光スポット・名所25選
2. 【マカオ在住ツアーガイドが解説】マカオのショッピング・買い物おすすめスポット17選
3. 【マカオ在住ツアーガイドが解説】マカオのおすすめのお土産と購入場所

 

マカオ半島・有名観光地エリアのグルメ

 

1. アフリカンチキン:佛笑樓(Fat Siu Lau)

(マカオ半島・セナド広場周辺)

「アフリカンチキン」は、マカオを代表する料理の一つです。
ポルトガルの船乗りがアフリカのモザンビークで食べたグリルチキンが元になっており、ここにインドや東南アジアで仕入れた香辛料を使った複雑なブレンドのピリ辛ソースが加わます。

スパイシーな香りが食欲をそそります。ポルトガル料理店やマカオ料理のお店で食べられ、ランチやディナーにおすすめです。

マカオで100年以上の歴史を持つ「佛笑樓(ファッシウラウ、ふっしょうろう)」は、伝統的なマカオ旅行を食べさせてくれるお店です。

立地もマカオ半島はセナド広場から近く、白壁に赤い窓枠とドアがノスタルジックな「福隆新街」、タイパ島はギャラクシーリゾートから近く路地裏にパステルカラーのレトロな建物が並ぶ「タイパビレッジ」と、どちらも趣があり便利な場所にあります。

子供用のイスもあり、お子さん連れでも安心して利用できます。

ポルトガル料理は1皿の量が多いので、友人や家族で取り分けて食べるのに最適です。マカオならではのアフリカンチキンに舌鼓を打ちつつ、旅の思い出話に花を咲かせましょう。

■マカオ グルメのお店
・場所/店名:佛笑樓(Fat Siu Lau)
・グルメと値段例:アフリカンチキン220パタカ
・住所/ロケーションと地図:澳門福隆新街64號(Googleマップ)
・営業時間:12:00-22:30
・公式/関連サイト:佛笑樓(Fat Siu Lau)

 
 

2. ポルトガル料理:Restaurante Escada

(マカオ半島・セナド広場周辺)

セナド広場にあるポルトガル料理店が「エスカーダ」です。観光の合間に立ち寄るのに大変立地が良いので、ランチにもディナーにもおすすめです。
食事の後、夜景鑑賞がてら散策するのも楽しみの一つです。

お店の場所は中央郵便局の裏にあり、黄色と白のポルトガル風の可愛いらしい一軒家風の建物です。
イルミネーションが下がっているのですぐに見つかります。日本語メニューや写真つきメニューもあり、注文しやすいです。

名物は「タラのすり身のコロッケ」や「アサリのレモンとガーリックソース」などのシーフード料理で、伝統的なポルトガル料理でありながら日本人の口にも良く合います。

海老や蟹を使ったカレーも美味しいですが、時価のものもありますから注文の際には事前に値段を確認するなど注意してください。

■マカオ グルメのお店
・場所/店名:Restaurante Escada
・グルメと値段例:タラのコロッケ68パタカ、アサリのレモンとガーリックソース148パタカ
・住所/ロケーションと地図:新馬路大堂街8號地舖(Googleマップ)
 (G/F, 8 R. da Se, Avenida de Almeida Ribeiro)
 セナド広場中央郵便局裏手、新馬路からはセナド広場近くの階段を上ってすぐ
・営業時間:12:00-15:00、18:00-22:00
・公式/関連サイト:Restaurante Escada(facebook非公式ページ)

 
 

3. エッグタルト:Margaret’s cafe e Nata

(マカオ半島・セナド広場周辺)

Margaret's Cafe e Nata, Macau
写真参照:Margaret’s Cafe e Nata(wikimedia)by Jpatokal

マカオ半島で「エッグタルト」といえばここ「マーガレットカフェ・エ・ナタ」です。
マカオのエッグタルト発祥のお店「ロードストウズベーカリー」のオーナーだったアンドリューさんと、ここのオーナーであるマーガレットさんは元夫婦なのでレシピは同じだそうです。

いつも行列ができている人気のお店ですが、並んでいても回転が早いのですぐに順番が来ます。
最初に注文・支払いをしてから、商品を受け取るという流れです。

名物エッグタルトのほか、「レアチーズケーキ」や「メレンゲクッキー」「サンドイッチ」などのパン類や「コーヒー」も美味しく、朝食やおやつにもおすすめです。

また、一人旅でも家族や仲間とも楽しめます。平日は夕方には閉店しますので、早めに訪れましょう。

■マカオ グルメのお店
・場所/店名:瑪嘉烈蛋撻 Margaret’s cafe e Nata
・グルメと値段例:エッグタルト10パタカ、サンドイッチ18パタカ~
・住所/ロケーションと地図:新馬路馬統領街金利來大廈17B地舖(Googleマップ)
 (G/F, 17A Rua Alm Costa Cabral R/C, Avenida de Almeida Ribeiro)
・営業時間:月・火・木・金8:30-16:30、 土日8:30-18:00、 水曜定休
・公式/関連サイト:Margaret's Café e Nata(facebook非公式ページ)

 
 

4. お粥などの地元料理:成記白粥

(マカオ半島・セナド広場周辺)

「盛記白粥(センゲイバッジョッ)」は、手頃に中国風の朝食やランチが食べられるお店です。
いつも旅行客や地元の人でにぎわっており人気があります。

セナド広場から徒歩5分ほどで、観光のスタートに立ち寄るのにもぴったりです。夕方まで営業していますので、小腹が空いたときにもぴったりです。一人旅での食事にも適しています。

名物「白粥(バッジョッ)」のほか、定番の」「皮蛋瘦肉粥(ペイダンサウヨッジョッ、豚肉とピータンのお粥)」、「蘿蔔糕(ローバッゴウ、大根餅)」、「豆漿(ダウジョン、豆乳)」などがおすすめです。

白粥は良く煮込まれており”さらさら”で、お米の粒がわずかに残るのみでほとんどスープのようです。好みで塩を足していただきます。
大根餅には、テーブルに備え付けのごまソースをかけると一層美味しさが引き立ちます。

■マカオ グルメのお店
・場所/店名:盛記白粥
・グルメと値段例:白粥(大)8パタカ、皮蛋瘦肉粥(大)14パタカ、大根餅7パタカ、豆乳5パタカ
・住所/ロケーションと地図:新馬路天通街14號雅緻大廈地下(Googleマップ)
 (G/F, Edificio Nga Chi, 14 Rua dos Cules, Avenida de Almeida Ribeiro)
 民政総署右手の坂を上り、一つめの道を右手に入って1~2分歩く。
・営業時間:7:00-19:00
・公式/関連サイト:盛記白粥(中国語サイト)

 
 

5. ワンタン麺:黄枝記

(マカオ半島・セナド広場周辺)

「黄枝記(ウォンチーゲイ)」は、セナド広場にある有名なワンタンメンのお店です。
世界遺産エリアの中心にありますので、観光の合間に食事を取る際にも最適です。

ここでは一人旅でも気軽に食事ができます。朝早くから夜遅くまで営業しているので、朝食から夜景を見た後まで、いつでも好きなタイミングで食べられるのも嬉しいですね。

竹を使った手打ちの伝統的な細麺に、あっさりクリアなスープが麺を引き立てます。
ぷりぷりのエビワンタンも絶品で、お昼時には行列ができるほどの人気店です。蝦子撈麺(ハージーローミン、エビの卵を使った和え麺)も有名です。

■マカオ グルメのお店
・場所/店名:黄枝記
・グルメと値段例:ワンタンメン40パタカ、蝦子撈麺75パタカ
・住所/ロケーションと地図:新馬路議事亭前地17號(Googleマップ)
 (17 Largo do Senado, Avenida de Almeida Ribeiro)
 セナド広場仁慈堂と聖ドミニコ教会の間
・営業時間:8:30-23:00
・公式/関連サイト:黄枝記(facebook非公式ページ)

 
 

6. 路上で食べる羊肉の鍋:強記羊腩煲

(マカオ半島・セナド広場周辺)

マカオ・強記秘製羊腩煲・羊肉の鍋グルメ
運営者撮影:強記秘製羊腩煲・羊肉の鍋グルメ
マカオ・強記秘製羊腩煲・お店の様子
運営者撮影:強記秘製羊腩煲・お店の様子

「強記羊腩煲(キョンゲイヨンナムボー)」は聖ポール天主堂跡の近くにあり、路上で鍋を囲むマカオの冬の風物詩です。
秋冬限定で開店するお店で、9月から4月までの営業です。寒い日の夕食に最適です。

身体を温める食材である羊を使った鍋料理のグルメで、地元の人の行列ができる隠れた名店、旅行者には穴場グルメのお店でもあります。
世界遺産エリアの中心にあり、深夜まで営業していますので、夜景やイルミネーションと合わせて楽しめます。

例牌的羊腩煲というメニューが基本の一人前で、追加でレタスや腐竹(フージョッ、棒状の乾燥湯葉)や締めのラーメン(出前一丁)なども注文できます。

■マカオ グルメのお店
・場所/店名:強記秘製羊腩煲
・グルメと値段例:例牌的羊腩煲一人前220パタカ、追加の野菜、腐竹25パタカ
・住所/ロケーションと地図:新馬路關前正街街口地舖(Googleマップ)
 (G/F, R. dos Ervanarios, Avenida de Almeida Ribeiro)
 聖ポール天主堂跡近く
・営業時間:18:00-24:00
・公式/関連サイト:強記秘製羊腩煲(インスタグラム #強記秘製羊腩煲)

 
 

7. アジア料理各種:康公夜市

(マカオ半島・セナド広場周辺)

マカオ・康公夜市/おこわのグルメ
運営者撮影:マカオ・康公夜市/おこわのグルメ
マカオ・康公夜市/ロブスターの屋台
運営者撮影:マカオ・康公夜市/ロブスターの屋台
マカオ・康公夜市の様子
運営者撮影:マカオ・康公夜市の様子

「康公夜市(ホンゴンイエシー)」は、十月初五日街で週末のみ不定期に開催する夜市です。
マカオの目抜き通り、新馬路から一本入ると通り沿いに出店が並び、お祭りのような雰囲気で夕食が楽しめます。
古き良きマカオを体験することができる、ノスタルジックな魅力のある夜市です。

あまり夜遅くまでは営業していませんが、セナド広場や福隆新街で夜景観賞をした後に立ち寄ることのできる便利な立地にあります。一人旅でも気軽に訪れることができます。

出店では各地の中華料理を始め、東南アジア料理などが食べられます。
「燒蠔(カキのガーリック焼き)」や「ロブスターのグリル」などのシーフード、「雞翼包飯(鶏手羽先のごはん詰め)」や「蔥油薄餅(ネギパン)」などの台湾料理、「臘腸糯米飯(中華ソーセージ入り中華おこわ)」などが人気です。

■マカオ グルメのお店
・場所/店名:康公夜市
・グルメと値段例:カキのガーリック焼き1個20パタカ、鶏手羽先のごはん詰め18パタカ、ネギパン18パタカ、中華ソーセージ入りおこわ25パタカ
・住所/ロケーションと地図:澳門十月初五街124A號(Googleマップ)
 新馬路沿いの福隆新街とポンテ16の間
・営業時間:土日のみ18:00-22:00
・公式/関連サイト:康公夜市(facebookページ)

 
 

8. シンガポール料理:亞坤咖椰多·叻沙(Ya Kun Kaya Toast Macau)

(マカオ半島・セナド広場周辺)

シンガポール料理の「カヤトースト」が地元の若者を中心に人気のカフェチェーンが、「ヤクンカヤトースト」です。
シンガポールで1944年に創業し、国内外に100店舗以上のお店を持つ人気店です。

セナド広場から聖オーガスティン広場に向かう坂の途中にあり、ランチやおやつなど観光中のひと休みにもぴったりです。1人旅でも家族連れでも楽しめます。

カヤトーストとはシンガポールの朝食の定番で、ココナッツと卵とパンダンリーフで作られた甘いカヤジャムとバターを塗ったトーストです。こちらマカオでは午後のおやつに食べられます。

サクサクのトーストに甘みと塩気のバランスが絶妙で、思わず癖になってしまう人も多いです。
一番人気のカヤトーストのほかに、「海南鶏飯(ホイナンガイファン、シンガポールチキンライス)」や「ラクサヌードル」も食べられます。ラクサヌードルは月に2000食が出るほど評判です。

■マカオ グルメのお店
・場所/店名:亞坤咖椰多·叻沙  Ya Kun Kaya Toast Macau
・グルメと値段例:カヤトーストと半熟卵、飲み物のセット38パタカ
・住所/ロケーションと地図:No.17-B, Calcada Do Tronco Velho(Googleマップ)
 民政総署から聖オーガスティン広場へ向かう坂の途中
・営業時間:10:00~21:00
・公式/関連サイト:亞坤咖椰多·叻沙 Ya Kun Kaya Toast Macau(facebookページ)

 
 

9. マカオ料理:Alves cafe

(マカオ半島・セナド広場周辺)

「Alves Cafe(アルベスカフェ)」は、マカオ料理が気軽に楽しめるカフェスタイルの茶餐廳(チャーチャンテン、軽めの食事処)です。一人旅でも、仲間ともくつろげます。

以前は「檀香山咖啡(タンヒョンサーン、ホノルルコーヒー)」の支店だったお店が独立し、今の形態になりました。
この南湾店はセナド広場からほど近く、観光の途中に休憩するのにも最適です。朝食から夕食まで利用できます。

名物はポルトガル料理の「免治(ミンチ、ひき肉とじゃがいも、玉ねぎを甘辛く炒めて目玉焼きを乗せたもの)」や「葡國鶏(ポウゴッガイ、ポルトガルチキン、チキンのココナッツカレー)」です。

珈琲はたくさん種類があり、インドネシアの高級コーヒー「コピ・ルアク」にも挑戦できます。
「機茶(ゲイチャ、エスプレッソティーにエバミルクを加えた濃厚ミルクティー)」や、茶餐廳名物の「黒牛(ハクガウ、コーラフロートのアイスがチョコレート味のもの)」、「西多士(サイドーシー、広東風フレンチトースト)」も人気です。

■マカオ グルメのお店
・場所/店名:Alves Cafe
・グルメと値段例:ミンチ46パタカ、ポルトガルチキン46パタカ、コーヒー20パタカ~
・住所/ロケーションと地図:澳門南灣大馬路737至741號南灣大廈地下A3及A4舖(Googleマップ)
 (NO.737-741, AV. DA PRAIA GRANDE SHOP A3-A4, G/F, EDIFICIO NAM VAN, MACAU)
・営業時間:7:30-21:30
・公式/関連サイト:Alves Café 阿維斯咖啡

 
 

10. ポルトガル料理:リトラル (ミシュラン紹介グルメ)

(マカオ半島・媽閣廟周辺)

「Litoral(海湾餐廳 ホイワンチャンテン、リトラル)」は伝統的なポルトガル料理店です。
ミシュランガイド香港・マカオでも紹介されており、美味しさは折り紙つきです。

世界遺産の歴史的建造物である「媽閣廟(マーコミュウ)」の近くにあり、観光の前後に立ち寄ることができます。
ランチにもディナーにもおすすめです。ベビーチェアもありますから、お子さん連れでも安心です。

名物は「ダックライス(鴨の炊き込みご飯)」です。
飲み物は、ポルトガルワインの「VINHO VERDE(ビーニョベルデ、若い微発泡の白ワイン)」が爽やかで女性に人気です。

また、ノンアルコールなら「Ice Coffee with Ice Cream(コーヒーフロート)」と、新鮮な果物を使って注文を受けてから絞る各種「フレッシュジュース」がおすすめです。

■マカオ グルメのお店
・場所/店名:Litoral(海湾餐廳)
・グルメと値段例:ダックライス160パタカ、アサリの白ワイン蒸し150パタカ、アフリカンチキン200パタカ
・住所/ロケーションと地図:下環河邊新街261A地舖(Googleマップ)
 (R/C, 261A Rua do Almirante Sergir, Sao Lourenco)
 媽閣廟から徒歩3分
・営業時間:12:00-15:00、18:00-22:30
・公式/関連サイト:Restaurante Litoral 海灣餐廳(facebookページ)

 
 

11. 屋台料理(お汁粉や麺料理):雀仔園

(マカオ半島・聖ポール天主堂跡/ラザロ地区周辺)

雀仔園・屋台料理(マカオ半島・聖ポール天主堂跡/ラザロ地区周辺)
筆者撮影:雀仔園・屋台料理(マカオ半島)

ポルトガルのカラフルな街並みが美しいラザロ地区から徒歩5分程度の小さな市場、「雀仔園(ジョクジャイユン)」にはローカル感あふれる屋台があります。
(ラザロ地区から聖ポール天主堂跡までは徒歩10分ほど。)

雀仔園の屋台は、観光の前後にさっと軽くランチやおやつを食べるのに適した場所です。一人旅でも気軽に挑戦できます。

この辺りで働いているサラリーマンやOLが行列を作る麺のお店や、午後のおやつや歩いた後の糖分補給にぴったりなお汁粉のお店があります。

麺は「釗記美食(チウゲイメイセッ)」の「全餐撈伊(チュンチャンローイー、豚肉とカレー手羽、カレーじゃがいも、大根、イカ、椎茸、豚の皮、牛の内臓、魚のすり身団子、鶏の足、空芯菜が入った和え麺)」がおすすめです。

お汁粉は「成記糖水(センゲイトンソイ)」の「喳咋(ジャジャ、小豆と緑豆、タピオカ、ココナッツミルク、エバミルクなどが入ったマレーシア風お汁粉)」が人気です。

■マカオ グルメのお店
場所/店名①:釗記美食
・グルメと値段例:全餐撈伊39パタカ
・住所/ロケーションと地図:水坑尾雀仔園柯高街大排檔13號(Googleマップ)
 ラザロ地区から徒歩5分
・営業時間:11:00-18:00

場所/店名②:成記糖水
・グルメと値段例:喳咋12パタカ、ごま汁粉12パタカ、テイクアウトはあたたかいものが小13パタカ~
・住所/ロケーション:水坑尾雀仔園柯高街大排檔8號(Googleマップ)
・営業時間:午後~夕方

 
 

12. 麺料理:金隆雲南米線(Kam Lung Yunnan)

(マカオ半島・三盞燈周辺)

「金隆雲南米線(ガムロンユンナンマイシン)」は雲南地方の麺を出すお店で、地元の人がよく訪れます。
一人旅でも気軽に楽しめるお店で、ランチにもディナーにもおすすめのグルメを食べることができます。場所は市場として有名な「紅街市(Red Market)」方面の義字街の近くにお店があります。

ここで食べられる麺料理のグルメは、米線というライスヌードルを使ったピリ辛スープの麺です。
一番人気は「金隆四大天王米綫(ガムロンセイダイティンウォンマイシン、ひき肉と豚の角煮、牛肉、うなぎが乗った麺)」です。メニューには写真もありますから、指さしで注文もできます。

■マカオ グルメのお店
・場所/店名:金隆雲南米線
・グルメと値段例:四大天王米綫36パタカ
・住所/ロケーションと地図:新橋(三盞燈/白鴿巢)渡船街30號(Googleマップ)
 三盞燈から徒歩4分
・営業時間:11:30-深夜2:00

 
 

13. ミャンマー料理:雅馨(ンガーヒョン)

(マカオ半島・三盞燈周辺)

「雅馨(ンガーヒョン)」は、三盞燈(サンチャンダン)の近くにあるミャンマー料理のお店です。
日本ではなかなか味わえない地元の人に人気のグルメを味わえます。一人旅でも気軽に入れるお店で、ランチや小腹がすいたときにぴったりのグルメを味わうことができます。

おすすめグルメは「椰汁鷄麺(イエジャップガイミン、鷄のココナッツカレー麺)」と「魚湯粉(ユートンファン、魚介ダシを使ったカレースープのライスヌードル)」です。

辛さはなく、複雑なスパイスの香りが食欲を刺激します。鶏や魚介ダシの旨味がクセになる味わいで、アジア料理が好きな方やここでしか味わえないものを試したい方におすすめです。

■マカオ グルメのお店
・場所/店名:雅馨(ンガーヒョン)
・グルメと値段例:椰汁鷄麺30パタカ、魚湯粉29パタカ
・住所/ロケーションと地図:マカオ 新橋(三盞燈/白鴿巢)飛能便度街27號F地下(Googleマップ)
 三盞燈から徒歩1分
・営業時間:8:00-19:30

 
 

14. 広東式フレンチトースト(西多士):新鴻發

(マカオ半島・ロウリムイオック公園周辺)

「新鴻發(サンホンファッ)」は、香港マカオ名物「西多士(サイドーシー、広東風フレンチトースト)」が食べられる茶餐廳(チャーチャンテン、軽めの食事処)です。
午後のおやつにおすすめで、一人でもお子さん連れでも気軽に入れます。そのほかの料理は、定食やサンドイッチ類も豊富ですから、ランチにも利用できます。

こちらの西多士は特に厚切りで有名で、地元の雑誌などでも度々紹介される人気店です。
パンを二枚重ねた間にピーナッツバターが塗ってあり、それを油で揚げた上からバターとシロップを乗せて食べるのがマカオ流です。

日本のフレンチトーストとは別物ですが、マカオならではの美味しいグルメです。濃厚な「奶茶(ナイチャ、ミルクティー)」と「珈琲(ガーフェッ、コーヒー)」を混ぜた「鴛鴦(インヨン)」も合わせてどうぞ。

西多士は、サンズカジノ内のフードコートやベネチアン内の帝王点心など、マカオの様々な場所で食べられます。

■マカオ グルメのお店
・場所/店名:新鴻發
・グルメと値段例:西多士28パタカ、鴛鴦12パタカ~
・住所/ロケーションと地図:高士德賈伯樂提督街55號A(Googleマップ)
 (Rua do Almirante Costa Cabral, No 55A, Costa)
 ロウリムイオック庭園から徒歩3分
・営業時間:6:00-18:00

 
 

マカオ半島・カジノ&ホテルエリアのグルメ

15. 亜洋中のあらゆる料理:日夜咖啡室(グランドリスボア)

(マカオ半島・グランドリスボア カジノ&ホテル)

「日夜珈琲室(ラウンド・ザ・クロック・コーヒーショップ)」は、グランドリスボアU2階にあるカフェです。
中華料理はもちろん、東南アジア料理から西洋料理、デザートまで幅広い品ぞろえです。

子供用のイスもありますからお子さん連れでも安心です。一人旅の食事でも快適に過ごせます。
こちらのお店は24時間営業していますので、朝食から深夜の夜食までおまかせです。

名物は「葡京焗猪扒飯(Baked Pork Chop With Fried Rice in “Lisboa Style”、ポークチョップライス、炒飯の上にトンカツとトマトソースを乗せてオーブンで焼いた料理)」です。
そのほか「海南鷄飯(ホイナンガイファン、シンガポールチキンライス)」なども人気です。

■マカオ グルメのお店
・場所/店名:日夜珈琲室 Round‐The‐Clock Coffee Shop
・グルメと値段例:ポークチョップライス108パタカ、海南鶏飯128パタカ
・住所/ロケーションと地図:南灣葡京路新葡京酒店2樓上層(Googleマップ)
 (U2/F, Grand Lisboa, Grande de Lisboa, Praia Grande)
 グランドリスボアU2階
・営業時間:24時間
・公式/関連サイト:日夜珈琲室 Round‐The‐Clock Coffee Shop

 
 

16. 刀削麺などの中華料理:粥麺荘(グランドリスボア)

(マカオ半島・グランドリスボア カジノ&ホテル)

「粥麺荘(RTC ヌードル&コンジー)」は「日夜珈琲」と同じグランドリスボアU2階にある中華料理店で、24時間営業しています。

朝食から夜食まで食事をすることができ、一人旅でも気軽に入れますし、子供用のイスもありますからお子さん連れでも安心です。

手打ちの麺が名物で、刀削麺(トウショウメン)が有名です。スープと麺、具を自由に選んで自分好みのラーメンを作り上げることができるメニューに人気があります。
そのほか担々麺や点心、麻婆豆腐などの中華料理も美味しいです。

■マカオ グルメのお店
・場所/店名:粥麺荘 RTCーNoodle & Congee
・グルメと値段例:刀削麺75パタカ、担々麺78パタカ
・住所/ロケーションと地図:南灣葡京路新葡京酒店2樓上層(Googleマップ)
 (U2/F, Grand Lisboa, Grande de Lisboa, Praia Grande)
 グランドリスボアU2階
・営業時間:24時間
・公式/関連サイト:粥麺荘 RTCーNoodle & Congee

 
 

17. 中華(広東料理):8レストラン(グランドリスボア)/ミシュラン紹介グルメ

(マカオ半島・グランドリスボア カジノ&ホテル)

「THE 8 RESTAURANT(ザ・エイト・レストラン)」は、グランドリスボア2階にある広東料理のレストランです。
ミシュランガイドマカオ2018で星3つを獲得したグルメのレストランです。贅沢したい日のランチやディナーにおすすめです。

ここにはドレスコードがあり、男性はTシャツや短パン、サンダルでの入店ができません。えり付きの服と長ズボンの着用が必要ですので注意しましょう。また、人気店ですから予約は必須です。

お昼には飲茶グルメが楽しめます。藍天使蝦金魚餃(金魚の形をした蒸しエビ餃子)や脆香叉燒包(ハリネズミの形をしたチャーシューマン)など、工夫を凝らした点心が有名です。
点心はランチタイムのみの提供ですので、食べてみたい方は来店時間に気を付けましょう。

■マカオ グルメのお店
・場所/店名:THE 8 RESTAURANT
・グルメと値段例:藍天使蝦金魚餃84パタカ、脆香叉燒包66パタカ、シェフのおすすめコース2,000パタカ~(2名分)
・住所/ロケーションと地図:南灣葡京路新葡京酒店2樓(Googleマップ)
 (2/F, Grand Lisboa, Grande de Lisboa, Praia Grande)
 グランドリスボア2階
・営業時間: (ランチタイム)月~土11:30-14:30、日祝10:00-15:00、 (ディナータイム)18:30-22:30
・公式/関連サイト:THE 8 RESTAURANT(ザ・エイト・レストラン)

 
 

18. フレンチ料理:ロブション(グランドリスボア)/ミシュラン紹介グルメ

(マカオ半島・グランドリスボア カジノ&ホテル)

「Robuchon au Dôme(ロブション・オ・ドーム)」は、グランドリスボア43階にあるフランス料理のレストランです。
ミシュランガイドマカオ2018で星3つを獲得しました。特別な日やお祝いの豪華なランチやディナーにおすすめです。

人気店ですから予約は必須です。ドレスコードがあり、男性はTシャツや短パン、サンダルでの入店ができません。えり付きの服と長ズボンの着用が必要ですので注意しましょう。

昼夜ともコース料理には2~3時間かかりますので、旅行中であれば充分な時間をとって食事に行きましょう。
目に美しく舌においしい創意工夫が満載のフランス料理に加え、ロブション名物のデザートワゴンと自家製のパンも楽しみのひとつです。ワインもずらりとそろっています。

■マカオ グルメのお店
・場所/店名:Robuchon au Dôme(ロブション・オ・ドーム)
・グルメと値段例:平日ランチコース688パタカ~、ディナーコース2,488パタカ~
・住所/ロケーションと地図:南灣葡京路新葡京酒店43樓(Googleマップ)
 (43/F, Grand Lisboa, Grande de Lisboa, Praia Grande)
 グランドリスボア43階(39階でエレベーター乗り換え)
・営業時間:12:00-14:30、18:30-22:30
・公式/関連サイト:Robuchon au Dôme

 
 

19. 中華料理・飲茶:皇廷閣(グランドエンペラーホテル)

(マカオ半島・グランドエンペラーホテル)

「グランドエンペラーホテル(英皇酒店、インウォンジャウディン)」の9階にある「皇廷閣(グランドエンペラーコート)」は、ランチタイムに食べられる飲茶がおすすめです。

ここは行列ができるほどの人気で、潮州料理と広東料理のグルメを味わうことができます。お子さん連れでも、一人でも利用できます。

定番の焼売(シウマイ)や叉焼包(チャーシューバオ、チャーシューまん)、南翔小籠包(シウロンバオ、しょうろんぽう)に加え、香芒布甸(ヒョンモンポウディン、マンゴープリン)などのスイーツも人気です。

■マカオ グルメのお店
・場所/店名:皇廷閣 Grand Emperor Court
・グルメと値段例:小籠包(4個)48パタカ、焼売(4個)48パタカ、マンゴープリン42パタカ
・住所/ロケーションと地図:マカオAv. Comercial de Macau, 288號澳門商業大馬路288號英皇娛樂酒店9樓(Googleマップ)
 グランドエンペラーホテル9階
・営業時間:月~金11:00-15:00、土日祝10:00-15:30、18:00-23:00
・公式/関連サイト:皇廷閣 Grand Emperor Court

 
 

20. 中華料理・飲茶:丹桂軒(スターワールドホテル)

(マカオ半島・スターワールドホテル)

「スターワールドホテル(星際酒店、センジャイジャウディン)」2階にある「丹桂軒(ダンクヮイヒン、LAUREL RESTAURANT ローレル)」は、ランチタイムの飲茶が美味しいと人気の伝統的な広東料理のレストランです。
ギャラクシーリゾート内、ホテルオークラ横にも支店があります。

友人同士はもちろん、子供用のイスもありますからお子さん連れでも安心です。一人でも利用できます。

お茶は烏龍茶のほかジャスミン茶やプーアル茶から選べ、お湯のおかわりができます。

■マカオ グルメのお店
・場所/店名:丹桂軒(LAUREL RESTAURANT、 ローレル)
・グルメと値段例:蟹子麻辣燒賣(ピリ辛のシュウマイ)29パタカ、蜜味义燒包(チャーシューマン)23パタカ、回香流沙包(カスタードまん)26パタカ
・住所/ロケーションと地図:宋玉生廣場(皇朝)友誼大馬路星際酒店2樓(Googleマップ)
 (2/F, Starworld Hotel, Avenida da Amizade, Alameda Dutor Carlos d'Assumpção)
 スターワールドホテル2階
・営業時間:11:00~23:00(平日)、 10:00~23:00(土日・祝日)
・飲茶の時間:11:00~15:00(平日)、 10:00~16:00(土日・祝日)
・公式/関連サイト:丹桂軒(LAUREL RESTAURANT)

 
 

21. ブッフェ料理:盛事(MGMグランド・マカオ)

(マカオ半島・MGMマカオ)

地元の人に人気のブッフェが「MGMマカオ」の「盛事(Roossio、ロッシオ)」です。「Grande Praça(グランドプラサ)」と呼ばれる広場にあります。

広場は天井も高く熱帯魚の泳ぐ大きな水槽があり、とても良い雰囲気です。朝食から夕食まで、一人でも大人数でも楽しめます。また、子供用のイスもありますので、お子さん連れも安心です。

ここではディナーのシーフードブッフェのグルメが評判です。そのほかにも和洋中、デザートまで充実した内容とその質の高さから人気のお店です。

■マカオ グルメのお店
・場所/店名:盛事(Roossio、ロッシオ)
・グルメと値段例:ランチ273パタカ、ディナー489パタカ、6歳以下無料、7~12歳半額(要パスポート提示)
・住所/ロケーションと地図:宋玉生廣場(皇朝)外港新填海區孫逸仙大馬路澳門美高梅1樓(Googleマップ)
 (1/F, MGM Macau, Avenida Dr.Sun Yat Sen, Alameda Dutor Carlos d'Assumpção)
 MGM1階グランドプラサ広場内
・営業時間:朝食7:00-11:00、 ランチ12:00-15:00、 アフタヌーンティー15:00-17:30、 ディナー17:30-23:00
・公式/関連サイト:盛事(Roossio)

 
 

タイパ島・コロアン島のグルメ

22. 中華料理:帝王点心(ベネチアンホテル)

(タイパ島・コタイ地区・ベネチアンホテル)

「ベネチアンホテル」1階にあり、24時間営業で朝食から夜食までいつでも気軽に楽しめる人気のお店が「帝王点心」です。

一人でも、仲間や家族と訪れるのにも適しています。カジノに隣接しているので、遅くまで遊んだ後もすぐに食事できます。またエレベーターホールからも近いので、待ち合わせにも便利です。

点心はもちろん、炒飯や麺類、お粥や麻婆豆腐などの親しみやすい中華料理から、ポークチョップライスやミンチなどのマカオ料理、西多士などの軽食やデザートまで。
好みや気分に合わせて幅広い料理が食べられます。

■マカオ グルメのお店
・場所/店名:帝王点心(IMPERIAL HOUSE DIM SUM)
・グルメと値段例:蒸しエビ餃子54パタカ、チャーハン85パタカ、ミンチ88パタカ、西多士48パタカ
・住所/ロケーションと地図: マカオ 路氹城金光大道望德聖母灣大馬路澳門威尼斯人度假村酒店娛樂場1042號舖(Googleマップ)
 ベネチアンホテル1階南エレベーターホール前
・営業時間:火~金8:00-深夜2:00、 土~月24時間
・公式/関連サイト:帝王点心(IMPERIAL HOUSE DIM SUM)

 
 

23. ブッフェ料理:feast(シェラトングランド・マカオホテル)

(タイパ島・コタイ地区・シェラトングランド・マカオホテル)

「サンズコタイセントラル」内にある「シェラトンホテル」の「feast(フィースト)」は、人気のブッフェレストランです。
子供用のイスもありますので、お子さん連れでもゆっくり食事を楽しめます。

朝食から夕食まで、サラダやフルーツに中華から洋食、デザートに加えてチーズと様々な料理が並びます。
朝食に提供されるグリル料理と、ランチタイムとディナータイムに提供されるシーフードも好評です。

■マカオ グルメのお店
・場所/店名:feast(フィースト)
・グルメと値段例:朝食228パタカ、ランチ258パタカ~、ディナー438パタカ~子供割引あり
・住所/ロケーションと地図:路氹連貫公路, Sheraton Grand Macao Hotel, Cotai Central Estrada do Istmo. s/n Macau, マカオ(Googleマップ)
 サンズコタイセントラル内シェラトンホテル1階
・営業時間:6:30-10:30、 12:00-15:00、 18:00-22:30
・公式/関連サイト:feast(フィースト)

 
 

24. ポルトガル料理:ポウサダ・デ・コロアネ(ホテル・レストラン)

(コロアン島・竹湾海灘:チョクワンビーチ周辺)

マカオ・竹灣酒店Pousada de Coloane
運営者撮影:マカオ・竹灣酒店Pousada de Coloane

「ポウサダ・デ・コロアン」ホテル内のポルトガル料理レストランは、カジノの喧騒を離れ、目の前に広がるビーチを横目に、ゆったりと流れる時間を感じることのできるお店です。

伝統的なポルトガル料理レストランで、友人や家族同士、また仲間と大人数で食事をするのにも最適です。朝食、ランチ、ディナーでの利用におすすめです。

おつまみにも最適なバカリャウ(タラ)のコロッケやアサリの白ワイン蒸し、魚介の旨みたっぷりのシーフードライス(トマトベースのポルトガル風シーフードリゾット)が名物です。

シーフードの他、ポルトガル風子豚のグリルやアフリカンチキンなども美味しく人気です。ポルトガルワインも数多く揃います。

■マカオ グルメのお店
・場所/店名:竹灣酒店 Pousada de Coloane
・グルメと値段例:バカリャウコロッケ(6個)83パタカ、子豚のグリル208パタカ、シーフードライス(2人前)358パタカ
・住所/ロケーションと地図:竹灣海灘竹灣酒店(Googleマップ)
 (G/F, Estrada de Cheoc Van, Cheoc Van)
 ポウサダ・デ・コロアン1階 (フロントの横)
・営業時間:8:00-10:00、 12:00-23:00、 アフタヌーンティー15:00-18:00
・公式/関連サイト:竹灣酒店 Pousada de Coloane

 
 

25. エッグタルト:ロード・ストウズ・ベーカリー

(コロアン島・コロアンビレッジ)

エッグタルトのお土産(マカオ コロアン・ロードストウズベーカリー)
運営者撮影:エッグタルトのお土産(マカオ コロアン・ロードストウズベーカリー)
ロードストウズベーカリー: 有名なエッグタルトのお店(マカオ・コロアンビレッジ)
運営者撮影:ロードストウズベーカリー

「エッグタルト」は、マカオ旅行における定番かつ名物のスイーツのグルメです。
サクサクしたパイ生地に、表面が焼かれたプリンのようなカスタードが詰められており、温かさと甘さがちょうどよく、甘い物好きなら絶対食べたいグルメです。

マカオのエッグタルトと言えば、このグルメの発祥のお店である「ロード・ストウズ・ベーカリー」(コロアンビレッジ)がおすすめです。マカオの町中のベーカリーなどでもエッグタルトを味わうことができますが、歴史ある人気のお店のエッグタルトはできたてのような温かさと、パイ生地のサクサク感がより美味しく感じました。

エッグタルトは小さく手軽なスイーツのお菓子なので、旅行の散策中におやつとして味わったり、ホテルに持ち帰って食べるのがおすすめです。

また、「ロード・ストウズ・ベーカリー」があるコロアンは観光地としても非常におすすめなので、セナド広場などがあるマカオ半島から、南部のコロアン島の方まで足を伸ばす時間がある場合、是非立ち寄ってみると良いと思います。

■マカオ グルメのお店
・場所/店名:ロード・ストウズ・ベーカリー(Lord Stow’s Bakery)
・グルメと値段例:10パタカ/エッグタルト1個
・住所/ロケーションと地図:1 Rua do Tassara, Coloane Town Square, Macau(Googleマップ)
・営業時間:7時00分〜22時00分
・公式/関連サイト:ロード・ストウズ・ベーカリー(Lord Stow’s Bakery)

 
 

マカオのフェリーターミナル・空港のグルメ

26. 中華料理:百福小廚(マカオ国際空港)

「百福小廚」は、マカオ空港出国前エリア内にある中華料理のレストランです。一人でも気軽に楽しめます。

広東料理の定番であるチャーシュー定食や人気の海南鶏飯(ホイナンガイファン、シンガポールチキンライス)、お粥などのご飯ものや、
ワンタンメンや和え麺などの麺類など、本格的な中華料理の数々を食べられます。

その他、出国前エリアにはマクドナルド、出国後エリアには「食通天」というマカオ料理やアジア料理、洋食が楽しめるお店があります。
朝食にもランチにも、飛行機出発までに時間があるとき便利に利用できます。

■マカオ グルメのお店
・場所/店名:百福小廚
・グルメと値段例:ワンタンメン42パタカ、福建炒飯68パタカ
・住所/ロケーションと地図:澳門氹仔澳門國際機場 客運大樓閣樓 D舖(Googleマップ)
・営業時間:7:30ー23:30
・公式/関連サイト:百福小廚

 
 

27. 中華料理:南北麵點小廚(マカオフェリーターミナル)

南北麵點小廚(マカオフェリーターミナル)
筆者撮影:南北麵點小廚(マカオフェリーターミナル)

「南北麵點小廚」は、マカオフェリーターミナル3階にある中華料理のレストランです。
朝早くから夜遅くまで営業しており、朝食から夕食まで一人でも気軽に利用できます。

点心から麺類、定食やデザートまで幅広いメニューがありますので、小腹が空いたときから出発前の腹ごしらえまで便利に利用できます。
飲み物もフレッシュジュースやタピオカミルクティー、豆乳に多様な中国茶などたくさんありますので好みに合わせて選べます。

このお店の他に、フェリーターミナル3階にはカフェやマクドナルド、茶餐廳(チャーチャンテン、軽めの食事処)があります。

■マカオ グルメのお店
・場所/店名:南北麵點小廚
・グルメと値段例:小籠包42パタカ、ワンタンメン48パタカ、ジャスミンティー10パタカ、タピオカミルクティー34パタカ
・住所/ロケーションと地図:マカオフェリーターミナル3階(Googleマップ)
・営業時間:7:00ー23:00

 
 

28. 各種料理:フードコート(タイパフェリーターミナル)

フードコート各店舗(タイパフェリーターミナル)
筆者撮影:フードコート各店舗(タイパフェリーターミナル)
フードコート店鋪と飲食席(タイパフェリーターミナル)
筆者撮影:フードコート店鋪と飲食席(タイパフェリーターミナル)

タイパフェリーターミナルには、2018年に出来たばかりのフードコートがあります。
広東料理や東南アジア料理、フレッシュジューススタンドにマクドナルドまで、幅広い種類からお好みのものを選べます。

フードコートは写真のメニューがあり、指差し注文もできます。朝から晩まで営業しているので、朝食から夕食まで利用できます。

グループでそれぞれが違うお店の料理を選んで、持ち寄って食べることが出来るのもフードコートならではの楽しみ方です。

朝から夜遅くまで営業しており、一人でも気軽に楽しめます。マカオらしいポルトガルタイル風のデザインもキュートです。

■マカオ グルメのお店
・場所/店名:タイパフェリーターミナルフードコート
・グルメと値段例:海南鶏飯49パタカ、ワンタンメン40パタカ、各種フレッシュジュース30パタカ
・住所/ロケーションと地図:タイパフェリーターミナル1階(Googleマップ)
・営業時間:店によって異なる。マクドナルド7:00-23:00

 
 
 

マカオの旅行・観光情報ページ

1. 【マカオ在住ツアーガイドが解説】おすすめの観光スポット・名所25選

マカオの観光おすすめスポット・名所25選:マカオ在住ツアーガイドがご紹介!

こちらのページでは、マカオ在住のツアーガイドが紹介する、「マカオのおすすめの観光スポット」を紹介しています。
マカオへの旅行計画、旅行中などに、観光スポット・名所を訪れる際に、是非チェックしてみて下さい!

■マカオの観光スポット・名所
>> 【マカオ在住ツアーガイドが紹介】マカオの観光おすすめスポット・名所25選

 
 

2. 【マカオ在住ツアーガイドが解説】マカオのショッピング・買い物おすすめスポット17選

紅街市 (Red Market)・市場
写真参照:紅街市 (Red Market)・市場(foursquare)

マカオで買い物を楽しみたい場合、マカオらしい派手なカジノリゾートのショッピングモールや、意外と知られていない地元の雰囲気が感じられる場所まで、多種多様な魅力的なスポットがあります。

こちらのページでは、マカオ在住のツアーガイドが、マカオでおすすめのショッピング・買い物スポットを紹介していますので、是非チェックしてみて下さい!

■マカオのショッピング・買い物スポット
>> 【マカオ在住ツアーガイドが解説】マカオのショッピング・買い物おすすめスポット17選

 
 

3. 【マカオ在住ツアーガイドが解説】マカオのおすすめのお土産と購入場所

マカオビール(ゴールデンエール)
運営者撮影:マカオビール(ゴールデンエール)

観光の魅力たっぷりのマカオに訪れる際には、マカオならではの思い出になるお土産も手にして帰りたいですね。
ヨーロッパ文化も混ざりあった歴史的な品々から、マカオならではの美味しいグルメ品まで、たくさんの魅力がマカオのお土産にはあります。

こちらのページでは、マカオ在住のツアーガイドが、マカオおすすめのお土産とお店を紹介していますので、是非チェックしてみて下さい!

■マカオのお土産とお土産屋
>> 【マカオ在住ツアーガイドが解説】マカオのおすすめのお土産とお店・購入場所を紹介

About 椿 7 Articles
マカオ在住10年のツアーガイドです。目覚ましい発展を遂げるマカオの魅力と素顔、目まぐるしく変わるマカオの最新情報をお伝えします。好きなのは旅のわくわく感と、3D映画を劇場で観ること。好きな中国茶は菊花茶。 >>記事ページ一覧はこちら
Contact: Website