【2018年 旅行記】台湾・淡水 おすすめのお土産、買い物スポット・お店を紹介

淡水老街・ショッピングストリート
筆者撮影:淡水老街・ショッピングストリート

台湾の台北近郊の観光スポットの街として、知る人ぞ知るおすすめの旅先の淡水
この淡水の街は、淡水河のほとりに比較的小さなエリアに静かな観光名所がいくつか存在し、台湾・台北などの地元の人たちにも週末旅などで人気が高い場所です。

淡水定番の観光スポットといえば、淡水河からほど近い街中のショッピングストリートの「淡水老街」。ここにはたくさんの台湾ならではのおすすめのお土産品やお店があります。
また、その他にも歴史的な観光施設や、レンタサイクルなどで少し足を伸ばした漁港などでも魅力的なお土産やお店を見つけることができます。

この記事では、2018年に筆者が淡水を旅して見つけた、おすすめの台湾土産と買い物スポット・お店を詳しくご紹介します。

※なお、食品類のお土産の日本への持込については、検査が必要なものや制限されているものがあるため、下記の「動物検疫所」のサイトなどを要チェックです。
>> 動物検疫所ウェブサイト

 

台湾・淡水のお土産屋・買い物スポット地図

当記事で紹介する台湾・淡水のおすすめのお土産屋・買い物スポットの地図です。 実際に淡水に観光に訪れる際など、こちらの地図で場所を確認してお土産探しに役立ててもらえたらと思います。

 

1. 黒ピーナッツ: 濃厚な味と珍しい色のお手軽グルメのお土産

黒ピーナッツ
筆者撮影:黒ピーナッツ

淡水の観光名所である「淡水老街」の中間くらいの、様々なグルメやお土産のお店が立ち並ぶ場所にある、「咱們+ZAMEN」というオレンジ色が目立つおしゃれなお店には、ちょっと変わった黒色のピーナッツがお土産として購入できます。

また店頭では試食もさせて頂くことができ、親切な店員さんが試食を勧めてくれて、トライしてみた所、黒色とマッチした通常よりも濃厚な味でとても美味しかったです。
あまり日本などでは目にしないお土産で、お酒のおつまみなどにもとても合いそうな、台湾グルメのお土産としておすすめです。

このお店は台北市内にも「剣潭店」という別店舗があるようですので、淡水までは旅しない人は、台北よりのそちらの店舗でお土産探しをすると良いですね。

■お土産屋・買い物スポット: 咱們+ZAMEN(淡水老街)
・値段: 約200~300台湾ドル(約730~1,100円)
・住所/Googleマップ: No. 133, Zhongzheng Road, Tamsui District, New Taipei City, 台湾 251
・営業時間: 朝9:00〜夜21:00(Googleマップ参照)
・公式・参考サイト: 咱們+ZAMENのFacebookページ

 

2. うずらの煮玉子(鐵蛋:ティエタン): 台湾グルメのお土産

黒い煮玉子(真空パック)
筆者撮影:黒い煮たまご

淡水老街の中腹辺りにあるお土産屋の「阿婆鉄蛋」ですが、こちらは歴史を感じさせる良い感じの古さと、小さな店舗に所狭しと並んだ食品のお土産品が特徴的。
このお土産屋で有名なものといえば、「鐵蛋(ティエタン)」という、黒茶色のうずらの卵です。店頭や頭上にはたくさんの真空パックされたうずらの煮玉子が並んでいます。

私は淡水宿泊中にホテルに持ち帰り、ビールのつまみにして食べてみましたが、濃厚な煮玉子の味はお酒にピッタリだなと思いました。 日本のラーメン屋などにあるに味付け卵よりもより煮込んであるようで、見た目の通りに味が濃くて美味しいですよ。

■お土産屋・買い物スポット: 阿婆鉄蛋(淡水老街)
・値段: 約100台湾ドル(約350円)
・住所/Googleマップ:  No. 135-1, Zhongzheng Road, Tamsui District, New Taipei City, 台湾 251
・営業時間: 朝9:00〜夜22:00(Googleマップ参照)
・公式・参考サイト: 淡水阿婆鐵蛋 Facebookページ

 

3. 台湾MRTグッズ: レア度が高い台湾・台北限定?のお土産

台湾MRT雑貨・グッズ
筆者撮影:台湾MRT雑貨・グッズ

MRT(地下鉄・電車)の淡水駅の1番出口外では、台湾・台北の旅行中にほとんどの人が利用する馴染み深い、MRTのグッズが販売されていて、これもお土産として面白いなと思いました。

これは淡水に店舗があるわけではなく、私が訪れた金曜日の夕方に淡水駅の建物内に簡易的な販売所が設けられて、写真のように販売されていました。
いつでもお土産購入できるわけではなさそうで、ひょっとするとレア度が高い台湾ならではの限定お土産かもしれませんので、もしも淡水駅で見つけたらお土産を探してみると良いかもしれません。

なお、淡水でこのお土産販売所を見つけられなくても、台北駅地下の「台北捷運商品館」でもMRTグッズはお土産として購入することができますよ。 (ただ、取扱商品には違いがあり、台北の商品館はより観光客向けのお土産がメインで、マグカップ・ポストカード・キーホルダーなどが目に付きました。)

■お土産屋・買い物スポット: MRT淡水駅・1番出口
・値段: 約100〜300台湾ドル(約350〜1,100円)
・住所/Googleマップ: No. 1, Zhongzheng Road, Tamsui District, New Taipei City, 台湾 251
・営業時間: 不詳(筆者が訪れたのは、金曜日の夕方18時頃)
・公式・参考サイト: 台北MRT公式サイト(日本語)

 

4. 淡水デザイナー雑貨: 淡水の歴史に触れ、ユニークなお土産を探そう

淡水のデザイナー雑貨
筆者撮影:淡水デザイナー雑貨

淡水駅の東側、最も観光客が多く訪れる川沿いとは逆方向に、淡水の歴史とアートを楽しむことができるスポット「淡水文化園区」があります。
ここは、もともと1800年後半から石油企業のシェル石油が建設した倉庫群が残された、歴史を感じさせる観光名所。 現在では淡水などで活動をするデザイナーの人々が展示イベントを開催したり、デザイナー雑貨を販売しており、お土産として購入することもできます。

営業時間中はそれぞれの倉庫に入ったり、カフェでコーヒーなどを注文したり、歴史的な趣のある倉庫を見て回ることができます。 賑わった淡水老街から離れてゆっくりと散策を楽しみ、台湾のデザイナーと触れ合い、お土産探しするのにとってもおすすめな観光名所でした!

■お土産屋・買い物スポット: 淡水文化園区(淡水駅前)
・値段: 約100台湾ドル〜(約350円〜)
・住所/Googleマップ: No. 22, Bitou Street, Tamsui District, New Taipei City, 台湾 251
・営業時間: 朝9:00〜夕方18:00(Googleマップ参照)
・定休日: 月曜日(Googleマップ参照)
・公式・参考サイト: 淡水文化園區 - 殼牌倉庫 Facebookページ

 

5. エッグロール: おしゃれなスイーツショップで美味しいお土産を

エッグロール(HiWalk:海邊走走)
Photo by foursquare: エッグロール(HiWalk-海邊走走)

淡水駅の西側の広場から徒歩ですぐのところに位置する「HiWalk(海邊走走)」という、店外からでも青い内装や商品が目立つお店では、台湾ならではのスイーツの「エッグロール」をお土産として買うことができます。
エッグロールは中華圏では馴染み深いスイーツで、原材料には卵、バター、小麦粉が混ぜ合わせられ、薄く伸ばして焼き上げられたものが細長く巻かれています。
中身には肉そぼろやピーナッツ、また淡水名物の魚酥(魚のすり身のスナック)などが入っており、様々な種類からお土産として選ぶことができます。

■お土産屋・買い物スポット: HiWalk(海邊走走) 淡水生活概念店(淡水駅前)
・値段: 約320台湾ドル〜(約1,200円〜)
・住所/Googleマップ: 251 台湾 New Taipei City, Tamsui District, 公明街6號 生活 概念 店 -37 巷
・営業時間: 朝10:00〜夜21:00(Googleマップ参照)
・定休日: なし(Googleマップ参照)
・公式・参考サイト: HiWalk(海邊走走)

 

6. 阿原(Yuan): メイドイン台湾のコスメ・化粧品をお土産に

阿原Yuan・メイドイン台湾コスメ化粧品
筆者撮影:阿原Yuan・メイドイン台湾コスメ(セブンイレブンでの販売風景)

台湾製(MIT:メイド・イン・台湾)の高品質なコスメ・化粧品としてお土産に人気なのが、「阿原(Yuan)」。 淡水にも店舗があり、メイド・イン・台湾のコスメ品をお土産として購入することができます。
店内も商品もおしゃれな雰囲気とデザインを見て感じることができ、台湾の自然素材を使用したお土産はきっと女性を中心に喜ばれること間違いなしですね。

阿原(Yuan)では、「自分の体を大事にする気持ちを、他人への思いやりに変える」という想いをもって商品開発をしており、自然素材の手作り石鹸だけでなく、植物エキスハンドクリーム、リップクリーム、ウォーターマスク、パックなどの自然コスメ商品を取扱い、お土産にすることができます。

ちなみに台湾・台北の街中のセブンイレブンなどのコンビニでも、時々阿原(Yuan)のコスメ品を一部目にして購入することもできます。

■お土産屋・買い物スポット: 阿原(Yuan) 淡水天光概念店(淡水老街)
・値段: 約250台湾ドル〜(約900円〜)
・住所/Googleマップ: No. 216, Zhongzheng Road, Tamsui District, New Taipei City, 台湾 251
・営業時間: 朝10:30〜夜21:00 / 土日は21:30まで(Googleマップ参照)
・定休日: なし(Googleマップ参照)
・公式・参考サイト: 阿原(Yuan)

 

7. 杏仁茶: 杏仁の香り漂う珍しいお茶のお土産

杏仁茶
筆者撮影:杏仁茶

淡水駅から伸びるショッピングストリートと「淡水老街」と書かれた標識看板の通りが交わる開けた場所には、一風変わったお茶「杏仁茶」(シンレンチャーと読む模様)を販売し、杏仁のいい匂いが漂うお店「哈味杏仁茶」があります。
多くの人が闊歩する淡水の繁華街のショッピングストリートを散策していると、ぷーんと良い匂いがしてきて足を止めると、他にも色々な種類のお茶を販売しており、味見もさせてくれます。

この杏仁茶は温かくしても冷たくしても飲めるもので、杏仁豆腐のような美味しさを楽しむことができます。 杏仁豆腐好き、ちょっと変わった台湾のお茶をお土産にしたい人は是非お土産に検討してみましょう。

■お土産屋・買い物スポット: 哈味杏仁茶(淡水老街)
・値段: 約400台湾ドル〜(約1,500円〜)
・住所/Googleマップ: No. 33, Zhongzheng Road, Tamsui District, New Taipei City, 台湾 251
・営業時間: 朝10:00〜夜20:00 / 土・日曜日は22:30まで
・定休日: なし
・公式・参考サイト: 哈味杏仁茶 Facebookページ

 

8. ポークジャーキー(猪肉乾): 試食してお気に入りのジャーキーをお土産に

ポークジャーキー
筆者撮影:ポークジャーキー

淡水老街のショッピングストリートや路地裏などの様々なお店で目にする「猪肉乾」というポークジャーキーも、台湾ならではのグルメのお土産としておすすめです。
店頭では甘め、辛めなど色々な種類のポークジャーキーを試食させてもらうことができ、お土産探しをすることもできます。

私は台湾旅行中によく酒のつまみとしてコンビニ・スーパーやこのようなお土産店で度々ポークジャーキーを買って食べてみましたが、日本で食べるビーフジャーキーなどと比べてとても柔らかくて食べやすいです。
甘い味のものが比較的多いですが、このようなお土産店で買う場合、ピリ辛のものなど種類も多く、事前に試食も可能なため、ハズさず好みの味をお土産にすることができます。

■お土産屋・買い物スポット: 猪肉乾のお土産店(淡水老街)
・値段: 約200, 300台湾ドル〜(約730円〜)
・住所/Googleマップ: 1-4, Lane 11, Zhongzheng Road, Tamsui District
・営業時間/定休日: 不詳

 

9. パイナップルケーキ: 台湾定番のスイーツのお土産を色々なお店で品定め

パイナップルケーキ
筆者撮影:パイナップルケーキ(淡水のサンリオショップ)

台湾の定番お土産としてはやはり外せない美味しいお菓子「パイナップルケーキ」。 もちろんここ淡水でも様々なお土産屋・お店で購入することができます。
個人的にはパイナップルケーキをお土産にするなら「サニーヒルズ」が一番おすすめですが、淡水では見かけず、おそらく公式店舗や取り扱う販売店も無いか、限られているようです。

次にパイナップルケーキをおすすめできるのは、数多くのスイーツ・お菓子を扱い、パッケージデザインもおしゃれな「維格餅家(Vigor Kobo)」。ここでは、ふんわり感が美味しい卵入りパイナップルケーキなど珍しい種類も多く、お土産選びにおすすめです。

また、淡水老街の西側の方には、日本だけではなく台湾でも大人気のハローキティなどの関連グッズを販売する「サンリオショップ」があり、そこではハローキティなどのキャラクターをモチーフにしたパイナップルケーキやその他スイーツを扱っています。 サンリオのキャラクター好きの人にはこの店舗でのお土産探しは良さそうです。

更に、淡水には台湾の特産のお土産を数多く扱う「新東陽」の店舗が駅前にありますので、こちらの店舗でもパイナップルケーキはもちろん、カラスミや工芸品、その他のお菓子をお土産として検討できます。

■お土産屋・買い物スポット①: 維格餅家:Vigor Kobo(淡水老街)
・値段: 約300台湾ドル〜(約1,100円〜)
・住所/Googleマップ: No. 65, Zhongzheng Road, Tamsui District, New Taipei City, 台湾 251
・営業時間: 午前11:00~夜21:00
・公式・参考サイト: 維格餅家(Vigor Kobo) 淡水門市

 
■お土産屋・買い物スポット②: 新東陽 淡水店(MRT淡水駅前)
・値段: 約200台湾ドル〜(約730円〜)
・住所/Googleマップ: No. 28, Zhongshan Road, Tamsui District, New Taipei City, 台湾 251
・営業時間: 朝9:30〜夜22:00 (Googleマップ参照)
・定休日: なし (Googleマップ参照)
・公式・参考サイト: 新東陽(中国語サイト)

 
■お土産屋・買い物スポット③: サンリオショップ(淡水老街)
・値段: 約120台湾ドル〜(約440円〜)
・住所/Googleマップ: No. 159號, Zhongzheng Road, Tamsui District, New Taipei City, 台湾 251
・営業時間: 朝11:30〜夜20:00 / 金・土曜日は20:30まで
・定休日: なし
・公式・参考サイト: サンリオショップ公式ページ(淡水直営店)

 

10. アンティーク・雑貨商品: 淡水老街のおしゃれなショップで掘り出し物のお土産探し

淡水のアンティーク商品
筆者撮影:淡水のアンティーク品

淡水老街の最も賑わうお土産屋のショッピングストリートを更に西に進むと、左手にアンティーク商品が溢れかえった趣のあるお店を見ることができます。
お店には入店していませんが、お店の中にはたくさんのアンティークの商品が販売されていました。

台湾への旅行中であればあまり大きなものをお土産として購入することは難しいですが、もしも小さな小物雑貨に興味があれば淡水老街の散策のついでに立ち寄ってみると良いかもしれません。

■お土産屋・買い物スポット: アンティークのお店
・住所/Googleマップ: 淡水老街の西側

 

11. 台湾ビール: 淡水河を見ながら外で飲むのも楽しい

ピーチビール:桃味の台湾龍泉ビール
筆者撮影:ピーチビール(台湾龍泉ビール)

お酒・ビール好きなら台湾旅行でぜひお土産にしたいものとして、現地の台湾ビールがありますね。
私もビール好きなので台湾旅行中には数々の台湾ビールやアルコールを買って飲み、更には日本へのお土産に購入して持ち帰ってきました。

台湾ビールにはいくつも種類がありますが、特に有名で人気なのは南国の台湾ならではの「フルーツビール」、ベーシックな「金牌」、賞味期限18日の「18天台湾生啤酒」(台湾生ビール)、蜂蜜味の「ハニービール」、近年台湾でも益々人気になっているSUNMAIの「クラフトビール」などを、缶や瓶ビールとしてお土産購入が可能です。

淡水でのビールの購入場所としては、淡水駅前にある「全聯福利中心(PX Mart)」のスーパーマーケットや、Hi Lifeなどのコンビニ店が便利だと思います。

■台湾ビールの関連ページ
こちらの関連ページでは、私が2018年に台湾・台北近郊を旅して飲み歩いた台湾ビールについて、各種類・値段・飲んだ場所などを詳細に紹介しています。
>> 【2018年 旅行記】台湾ビール各種類・値段・場所を飲み歩いて紹介!

■お土産屋・買い物スポット: 全聯福利中心:PX Mart (スーパーマーケット)
・値段: 約40台湾ドル〜(約150円〜)
・住所/Googleマップ: No. 22, Lane 35, Zhongzheng East Road, Tamsui District, New Taipei City, 台湾 251
・営業時間: 朝8:00~夜23:00
・公式・参考サイト: 全聯福利中心(PX Mart)

 

12. エッグタルト: 宿泊ホテルや淡水河を見ながら食べる持ち帰りのお土産に

エッグタルト(淡水老街)
筆者撮影:エッグタルト(淡水老街)

香港・マカオなどの中華圏の国でもお馴染みのスイーツ「エッグタルト」は、台湾・淡水でもお店を見かけ、主に旅中に持ち帰って食べるお土産としておすすめです。
淡水駅から西の淡水老街へと延びる、もっとも観光客で賑わう「公明街」のショッピングストリートにて、エッグタルトの露天販売のお店を見つけました。

エッグタルトは焼き立てを提供するお店などは特に美味しく、列をなして買う人を目にすることもありますが、大体のお店のものはただシンプルに定番のエッグタルトの味を楽しむことができます。
こちらの淡水のお店では、定番の黄色いエッグタルトと、小さいサイズの抹茶味とチョコレート味を購入してみましたが、定番の甘い味とほろ苦い抹茶とチョコ味もそれぞれ美味しくいただきました。

私は宿泊先ホテルにお土産として持ち帰って食べましたが、淡水では川沿いの広々とした気持ちの良い芝生の道をのんびり歩き、ベンチの腰掛けて飲み食いするのもおすすめです。

■お土産屋・買い物スポット: 公明街(淡水駅付近のショッピングストリート)
・値段: 約20,30台湾ドル〜(約100円〜) / 1個
・住所/Googleマップ: Gongming Street, Tamsui District, New Taipei City, 台湾 251

 

おわりに

淡水のおすすめのお土産とお店をご紹介しましたが、淡水の魅力とともに魅力的なお土産が見つかりましたでしょうか?
私は台湾を何度も旅し、主に台北近郊で過ごすことが多かったのですが、淡水は都市部とは異なるリラックスした雰囲気を楽しむことができ、とってもおすすめの旅先です。

そんなリラックスした淡水ならではの魅力的な名所やお土産を見て散策することも楽しみ、台湾旅行を思い出せる素敵なお土産を探してみてもらえたらと思います。

 
■台湾旅行の最後に空港でお土産を買うならこちらもチェック!
淡水や台北市内でお土産を買いそびれても、桃園空港で時間が取れれば安心です。桃園空港には非常にたくさんの魅力的なお土産を買うことができるお店でいっぱいです。
台湾旅行の最後に必要が生じた際には、こちらの「桃園空港のお土産・お店」まとめのページを参考にして下さい。
>> 台湾・桃園空港で買えるおすすめのお土産と購入場所・お店をご紹介!
 


About Satoshi Abe (安部 怜史) 13 Articles
Culturizeを運営。世界中や日本各地を旅して、生の旅行・観光情報をお届けします。 Culturize立上げ・運営以前は「Compathy Magazine」という旅行メディア(日本語・英語・中国語)の運営事業をリードし、月間閲覧数500万ほどのサイトを構築。SEO施策などのWEBマーケティング、開発、多言語チームの組成やマネジメントが得意です。 関連の「Japanize」インバウンド観光イベント事業も含めて、Culturizeの国内・海外旅行事業を盛り上げていきます。