マレーシア人が愛するドリアン!旬の時期・種類・お土産などの現地事情を解説

マレーシア人が愛するドリアン!旬の時期・種類・お土産などの現地事情を解説
■目次
1. だいたいドリアンってどんな果物?
2. ドリアンの種類/品種
3. ドリアンが旬の時期/シーズン
4. ドリアンを食べられる場所・お店
5. ドリアンの値段相場
6. ドリアンにまつわるエピソード
7. ドリアンのお菓子/お土産
8. ドリアンが有名な街 ベントン
9. ドリアン祭り(マレーシア・ペナン島)

 
マレーシア人はドリアンを愛しています!
マレーシア人に「ドリアンが大好き!」というと、一気に心を開いてくれる気配さえ感じます。

日本ではなかなか見かけないドリアン…。
形も匂いも独特なので、「奇妙な果物」と思われがちです。

私は日本にいる友達からよく「だいたいドリアンってどんな果物なの?」と聞かれます。
ドリアンに対して「だいたい〜」っていう表現を使われがちことを考えても日本でドリアンってあまりピンとこない果物っていう印象が強いのだと感じます。

 

だいたいドリアンってどんな果物?

■ドリアンの見た目

ドリアンの見た目

ドリアンは木になる果物で、硬くてトゲトゲの皮に覆われています。
「フルーツ爆弾だ」と冗談で話すこともありますが、硬くてトゲトゲした実が高いところから落ちてきて、人に当たったらひとたまりもありません。まさにフルーツ爆弾です。

 

■ドリアンの臭い

ドリアンは臭いも爆弾並に強烈です!
人によって感じ方は様々ですが、「甘くて優しい香り」、「生ゴミのような臭い」、「1週間履いた靴下のような臭い」などの答えが返ってきます。

ドリアンの独特な匂いは、ドリアンが好きな人によっては「甘い香り」だけど、苦手な人にとっては「臭い匂い」と感じるようです。

ちなみに私自身は、ドリアンの匂いを初めて嗅いだ時「臭い」と思いましたが、ドリアンが好きになるにつれ「甘い香り」と感じるようになってきました。
ドリアンが好きか嫌いかによって香りに対する感じ方も変わることを実際に経験しました。

 

■ドリアンの味と食感

ドリアンの味と食感

ドリアンの味は本当にユニークです。ドリアンの品種によって、甘いもの、ビターなものがあるからです。
りんごに蜜が入っている甘いもの、酸味が強いタイプのもの…と少しずつ特徴が違うようにドリアンも品種によって味の違いがあります。
甘いドリアンは、子供たちをはじめ、大衆に受け入れられやすい味ですが、ドリアンが大好きな地元の人はビターな味の方を好んで食べているようです。

ドリアンの食感は、柔らかく、多くの人は「クリーミー」という表現を使いますが、まさにドリアンの食感をあわわすのにぴったりな表現!

りんごのようにシャキシャキ感もなく、ミカンのようなフレッシュな食感もなく、とにかく「クリーミー」なのです。
果物というよりクリーム系のスイーツを食べているように感じます。

 
 

ドリアンの種類/品種

先ほども少し触れましたが、ドリアンにはたくさんの品種があるのですが、ここでは特にマレーシアで大人気の2つの品種を紹介します。

■猫山王(マーシャンワン)

猫山王はマレーシア人が大好きなブランドで、ドリアンの中でもトップクラスのハイブランドです。
もともとドリアンの話をするとテンションが上がるマレーシア人ですが、猫山王の話となるとさらにテンションマックスに…。
猫山王の味は基本的にビターで、マレーシア人好みの味ですが、ドリアンを食べたことがない人がいきなり猫山王を食べると、美味しくないと感じることが多いため、違うブランドから試食することをおすすめします。

 

■D-24

D-24もちゃんとしたブランドですが、猫山王に比べて、庶民的なブランドです。
D-24のドリアンは甘めであることが多く大衆受けしやすいので、ドリアンを食べ慣れていない人も比較的食べやすいと思います。
私は個人的にD-24のドリアンが好きです。

 
 

ドリアンが旬の時期/シーズン

ドリアンが旬の時期/シーズン

ドリアンシーズンは1年に2回あります!(6~8月と、11月頃)
「マレーシアで収穫されるドリアンと、タイで収穫されるドリアンの時期が連れているためだ」
「最近季節が変わってきているからドリアンが2回とれる」
など、いろいろな理由を聞きますが、定かではありません。

2つあるドリアンシーズンの中で6~8月のドリアンシーズンはマレーシアの中でも一番盛り上がります!
至る所で「今年のドリアンの味、値段」についての感想、批評の話題で持ちきりになるんです。

日本で「今年のスイカがどうのこうの…」など、一つの果物に対して毎年国民全体が盛り上がる光景を見た経験はありません。
初めはそんなマレーシア人の友人の話をちょっと呆れた気分で聞いていたのですが、マレーシアに慣れてくるとドリアンシーズンが近くうちにこちら側もワクワク、ソワソワしだすので不思議です。

それに比べて、11月ごろに訪れるドリアンシーズンは静かに盛り上がっているイメージを受けます。

 
 

ドリアンを食べられる場所・お店

ドリアンを食べられる場所・お店

■フルーツマーケット(屋台)

フレッシュなドリアンを食べたければ、フルーツマーケットに行く必要があります!
フルーツマーケットとはいわゆる屋台ですが、簡易的に作られた小屋にドリアンが高々と積み上げられ、そばにはテーブルと椅子が無造作に置かれているんです。

一つの通りにドリアンの屋台がビッシリと並んでいて、ただ事ではない雰囲気を感じます。
みんな車で屋台にのりつけドリアンの屋台に群がります。

フルーツマーケット(屋台)でドリアンを買う

屋台に着くと、ドリアンを選び、購入します(ドリアンは1キロ=〇〇RMと言った具合に量り売りで購入します)。
選び方がわからない人は、お店の人が選んでくれるのでおねがいしましょう。

 
ドリアンを持ち帰る人、その場で食べる人…と自由です。
その場で食べたい人はお店の人にドリアンを割ってもらい食べますし持ち帰りたい人は、そのまま車にドリアンを積み込む人、ドリアンを食べやすいように割ってもらう人…と様々です。

日本のように細かいルールはないので、みんな好き勝手にドリアンを楽しみましょう!

 

■スーパーマーケット

屋台までドリアンを食べに行けない人にお勧めなのはスーパーマーケットでドリアンを買うことです。
もちろん、屋台と違ってフレッシュではありませんが、もうすでに小分けにして綺麗にラップして売られているので簡単に食べられます。

 

■grabフード

マレーシアではgrabフードというアプリを利用したフードデリバリーが盛んです。
日本では最近Uberイーツが人気になってきていますが、同じようなものをイメージしていただけたらいいと思います。

クアラルンプールなどの都会ではgrabフードでドリアンをオーダーできるシステムがあるんです!
値段はちょっと高めですが、クオリティーがよく、フレッシュなドリアンを食べられるメリットがあります。
ドリアンの匂いが外に漏れないように頑丈に梱包してくれているので近所迷惑にもならないので安心です。

 
 

ドリアンの値段相場

ドリアンの値段相場は、年によって変動があります。
出来具合だけでなく、ドリアンシーズンとラマダンが重なっていないかなど、マレーシアならではの事情もあるので、一言では言えないようです。
(ラマダンの時期とドリアンの時期が重なると、ムスリムのドリアン消費量が減るので、結果ドリアンの値段が下がると言われています。)

みんなの基準としては1キロ=20RM(約500円)を切ると安い!と思っているように感じます。

 
 

ドリアンにまつわるエピソード

ドリアンにまつわるエピソード

ドリアンに関してはいろいろなエピソードがあります。ここではいくつかを紹介します

1. ホテルではドリアン禁止

ドリアンの持ち込みを禁止しているホテルは多いです。匂い、ゴミ、など全て他のお客さんの邪魔になるからです。
エレベーターにはドリアン禁止のマークも!
ですから、ホテルでドリアンを持ち込んで食べようと、丸ごと大きなドリアンを買ってもホテルで没収される確率が高いです。

 

2. ドリアンとビールを一緒に飲むと死ぬと言われている

ローカルからの言い伝えですが、ドリアンとビールを一緒に食べたら死ぬと言われています。彼らに言わせると、胃の中でガスが発生するからなのだとか…。
これは、少しは大袈裟なところもあり、要するに「ビールとドリアンを大量摂取しては行けないので食べ過ぎに要注意!」ということのようです。

ちなみに、私はドリアンとビールを一緒に食べたり飲んだりしましたが、少量だったからか、何事もありませんでした。
ただ、胃が急激に痛くなるなどの症状が出た人もいるので、注意するに越したことはありません。絶対にドリアンを食べた時は、大量にビールを飲まないようにしましょう!

 

3. ドリアンを食べ過ぎると熱が出る

ドリアンは体を温める効果があります。栄養ドリンク的な効果も発揮し、エネルギーが沸き起こり、元気の源にもなります。
ただ、食べ過ぎてしまうと発熱を起こすことがあるんです。
ちなみに夫は、ドリアンの食べ過ぎで熱を出した経験があります。食べる時は程々にしましょう!

 

4. ドリアンを食べた後で、ドリアンの皮をコップにして水を飲むとよい

ドリアンの皮に含まれる成分は、体を冷やす効果があると言われています。
体を温める効果のあるドリアンを食べた後は、皮の成分を摂取することで、体に熱がこもるのを防げます。

一番のおすすめの方法は、ドリアンの皮をコップにして水を飲むことです。ドリアンの皮に水をそそぐと、成分が水に溶け出すので、それを飲みます。

ちなみに、ドリアンを触って臭くなった指先も、その水で洗うと匂いが取れますよ。
ドリアンの皮がない時は、種を水に入れて水を飲むようにしましょう。同じ効果を期待できます。

 
 

ドリアンのお菓子/お土産

ドリアンのお菓子/お土産

フレッシュなドリアンを日本のお土産に持って帰ることは無理ですが、マレーシアにはドリアンのお菓子がたくさん売られています!
例えば以下のようなものがあります。

ドリアンチョコレート
ドリアンケーキ
ドリアンチップス
ドリアンキャンディー
ドリアンコーヒー

もちろんフレッシュなものとは違いますが、話題にもなるのでお土産にいかがですか?
これらお菓子は、スーパーマーケットでも普通に売られています。

 

■ドリアンアイス(マクドナルド)

お持ち帰りには向きませんが、ドリアンアイスもマレーシアでは人気です。
マクドナルドで期間限定のドリアンアイスを売り出していて、みんなが楽しみにしています!
話題になるのでぜひ試してみてください。

ドリアンアイス(マクドナルド)

ドリアンアイス(マクドナルド)

 
 

マレーシアでドリアンが有名な街 ベントン

マレーシアでドリアンが有名な街 ベントン

マレーシアの中でドリアンが有名な街はベントンです!
クアラルンプールから車で1時間ちょっと走ったところにある小さな街で、気軽に行けるので、ローカルにも人気のドリアンスポットです。

ドリアンツアーも存在し、大型バスに乗った観光客が、ベントンでドリアンを食べにきます。
ドリアンシーズンになると、小さなベントンの街は大きなバスが何台も行き交い、大勢の人で溢れとても賑やかです。
首都から近いので、ちょっと足を伸ばしてみやすいのもメリットです。

 
 

ドリアン祭り(マレーシア・ペナン島)

ペナン島もマレーシアの有名な観光地で、日本人にとっても観光しやすい場所だと言われていますが、そんなペナン島もドリアン祭りを開催しています!

テントが建てられ、いろいろな品種のドリアンが山のように積み上げられ、それをひたすら食べるというなんともシンプルな祭りです!
いろいろな種類のドリアンを食べ比べできるので、面白いですよ〜

Penang Durian Festival
住所:P14,11020,Balik Pulau,Penang
   Anjung Indah Balik Pulau
関連ページ: Penang Durian Festival

 
 

まとめ

マレーシアのドリアンのまとめ

ドリアンは3回食べると好きになると言われています!
一度食べて美味しくないと思った人でも何度か食べているうちに美味しさを感じるようになり、そのうちドリアンの魅力に取り憑かれてしまうという意味です。

私自身ドリアンを食べてちょうど3回目に「美味しい!」と感じるようになりました。
今では「I Love Durian!」と言うほどにドリアンが大好きになってしまったんです。

一度食べてあまり好きじゃなかった人でも諦めないで!何度かチャレンジしてみてください!
日本では味わえない独特なドリアンの魅力をぜひ、少しでも多くの人に知っていただけるとうれしいです!

 

あわせて読みたい!関連の旅行・観光ページ
台北と周辺のおすすめ&穴場グルメをご紹介:台湾人と巡る台湾旅行記

グルメがひしめく海外旅行の大人気の台湾・台北。私も初めて訪れた2013年からかれこれ何度も訪れては、観光やグルメを楽しんでいます。 台湾ではいつも現地に住む台湾人の友人におすすめの観光場所やグルメのお ページを読む

おすすめの台湾ビール:種類・値段・場所を飲み歩いて紹介! お土産の持帰りや日本での購入方法も

台湾旅行を最大限楽しむには、夜市の屋台グルメは外せません。また、お酒好きにはぜひ台湾ビールなどアルコールも楽しみたいですね! 台湾でも日本と同じようにたくさんの種類のビールが販売されており、中には日本 ページを読む

【マカオのおすすめ・人気グルメ】地元マカオ・ポルトガル・中華料理や穴場まで! マカオ在住ツアーガイドが紹介

東西文化の交差する町マカオでは、様々な料理が食べられます。 本場の広東料理を始め本格的な中華料理はもちろん、ポルトガル料理を筆頭に西洋料理も南アジア各地の料理など、日本ではなかなか食べられない地元の人 ページを読む

【タイ・チェンマイの料理教室・体験旅行記】ガイドブックに載っていない!素敵なおすすめ場所を発見!

(東南アジアへ頻繁に旅行するライターからの寄稿をご紹介します。) 海外旅行の人気の渡航先「タイ」といえば、真っ先に「バンコク」が思い浮かびますね。 でも、私にとっては料理教室でとっても良い体験ができた ページを読む

【台湾・パイナップルケーキ作り体験】予約方法・体験教室の詳細まで、台湾を旅して体験した筆者が紹介!

台湾のお土産といえば、「パイナップルケーキ」ですよね! 台湾現地のお土産屋さんでパイナップルケーキを買ってお土産にするのが一般的ですが、最近では自分のオリジナルパイナップルケーキを作ってお土産にする方 ページを読む

マレーシア・クアラルンプールの地元グルメ・ご飯のおすすめを旅した筆者が紹介!

世界一周旅行中に、マレーシアの首都クアラルンプールを訪れました。 熱帯雨林気候で常夏の島国であるこの国は、国花であるハイビスカスが豊かな自然と高層ビルが立ち並ぶ町並みに随所に見られます。 慢性的な交通 ページを読む

【マレーシア・マラッカの地元グルメ・ご飯のおすすめ】マラッカを旅した筆者が紹介!

マレー半島の南西部に位置し、マレー半島とスマトラ島を隔てるマラッカ海峡は太平洋とインド洋を結ぶ重要な拠点であり、かつてポルトガル、オランダ、イギリス、そして日本までもがこの地を支配しようと押入ったこと ページを読む

【ロティチャナイ】マレーシアが誇る定番グルメの種類・作り方・食べ方を現地から紹介

ロティチャナイという料理をご存じですか? ロティチャナイは、マレーシアで親しまれているグルメです。 マレーシアに来たら一度は食べて欲しい料理とも言われ、私自身マレーシアに来たばかりの時に、「ロティチャ ページを読む


おすすめ旅行・観光ページとPR



About yazu 18 Articles
こんにちはマレーシア 在住のyazuです。 趣味はコーヒーと旅行です。 マレーシアでは夫と共にハプニング満載の生活を送っています。 マレーシアのことを知れば知るほど、文化や考え方の違いを学ぶことができ 良い意味で私自身の考え方も少しずつ変わってきました。 東南アジアを中心に旅行に行くのも好きで、 旅行では街歩きを中心にいろいろな場所を発見するのを楽しんでいます。 また大好きなコーヒーを現地で飲むことも楽しみにしています。 マレーシアの生活や、旅行を通して、外国の魅力を少しでもお伝えできれば嬉しいです。 >>記事一覧はこちら