関内のつけ麺のおすすめ店舗を地元民が紹介!

関内のつけ麺: ひとふんばりの魚介特製つけ麺 関内(横浜市)の観光・お出かけ情報
この記事は約7分で読めます。

横浜駅から京浜東北線で2駅、みなとみらいや中華街とは徒歩圏内であり、ベイスターズ本拠地の横浜スタジアムが位置する「関内」の街には、人気でおすすめのつけ麺店がいくつかあります。

飲食店が立ち並ぶ伊勢佐木モールや、馬車道・みなとみらいへと続く関内駅北口側のオフィス街・飲食店街など、いくつかのエリアに点在してつけ麺屋があります。

今回は、関内駅付近に2年ほど住む筆者が在宅ワークの合間を縫って食べ歩いている、おすすめのつけ麺屋さんを紹介します!

らーめん ひとふんばり: 魚介系のおすすめNo.1のつけ麺!

関内のつけ麺: ひとふんばりの魚介特製つけ麺
関内のつけ麺: ひとふんばりのお店の外観

まずはじめは、筆者が関内エリアで最もおすすめの「ひとふんばり」です。
代表的なスープは魚介とんこつ。麺は中麺くらいの太さです。

写真のつけ麺は「特製つけ麺」ですが、熱々でややピリ辛で若干の甘みのあるスープの中には、刻んだチャーシュー、ピリ辛のメンマ、のりが入っています。
麺皿の方には半熟の味付け卵、チャーシュー2枚、ピリ辛のメンマ、ネギが添えられています。

ツルツルの中麺とピリ辛のスープとメンマが非常に病みつきになる、関内で筆者一押しのつけ麺です。
平日昼間は近くのオフィスで働く人達で外まで行列ができることもあります。

■主なメニューと値段
・魚介とんこつ 特製つけ麺: 1,100円
・魚介とんこつ 特製らーめん: 1,050円
・魚介とんこつ らーめん: 850円
・水餃子: 300円
・ライス: 100円

■店舗情報
・店名: らーめん ひとふんばり
・住所/Googleマップ: 〒231-0033 神奈川県横浜市中区長者町4丁目9−6 青柳パークビル
・定休日: 日曜・月曜
・営業時間: 11:30〜15:00
・非公式サイト: らーめん ひとふんばり(食べログ)

つけ麺 はま紅葉: 豪華な盛り合わせが人気のつけ麺

関内 - つけ麺 はま紅葉の特製つけ麺
関内 - つけ麺 はま紅葉の特製つけ麺 - 別皿でトッピングを提供

関内駅から徒歩約10分、伊勢佐木長者町のエリアにある「つけ麺 はま紅葉」も関内で人気が高いおすすめのつけ麺店です。
東京・国分寺にある人気つけ麺店の「紅葉」で修行された店長さんが、ここ関内に出店したそうです。

公式twitterで、「濃厚で濃いコクがありながら、胃もたれしない優しいスッキリとしたスープ」と書かれているように、比較的甘みが効いた、ドロッとした魚介豚骨スープが特徴的ですが、ペロッと食べ切れてしまい、確かに食後の重さは感じません。(選べる麺の量にもよりますが・・)

このお店のつけ麺の珍しい点は、特製盛りの場合、水餃子がついてくること。つけ麺に水餃子がトッピングされるのも珍しいと思いますが、モチモチしてとても美味しくドロッとした濃厚スープに合います。

チャーシューも分厚くて美味。ちなみに炙りチャーシューか、普通のチャーシューかを選べます。
画像の2つはどちらも、つけ麺の特製盛りで、来店した時によってトッピングが別皿になることもありましたが、どちらも同じ商品です。 別皿にするとトッピングの豪華さがより分かります。

またこのお店の特徴として、麺の種類が5種類あり、好きなものを選ぶことができます。
(一番人気の太麺、平打ち麺、細麺、縮れ麺/太麺、縮れ麺/平打ち)

■主なメニューと値段
・つけ麺 並: 880円
・つけ麺 中盛: 960円
・つけ麺 大盛: 1,040円
・特製トッピング: 350円
・水餃子: 110円

■店舗情報
・店名: つけ麺 はま紅葉
・住所/Googleマップ: 〒231-0033 神奈川県横浜市中区長者町9丁目140
・定休日: 月曜・火曜
・営業時間: 11:30〜14:30、18:00〜21:10(日曜:11:00〜15:00)
(定休日・時間ともに不定期のため公式twitterなどを要確認)
・公式サイト/SNS: つけ麺 はま紅葉(twitter)

元祖 中華つけ麺大王: 中華料理やあっさりつけ麺を深夜まで

関内 元祖中華つけ麺大王のお店の外観

関内駅から伊勢佐木モールを歩いて約10分ほどいくと、ドン・キホーテがある大きな交差点があり、周辺は多くの飲食店が立ち並び、深夜まで賑わっています。
そんな関内の歓楽街の中心にあり、つけ麺を食べられるのが「元祖中華つけ麺大王」です。

お店の外から見ると横浜ならではのTHE 中華料理屋の店構え。このような中華料理屋は関内の街中にいくつかあり、いつも盛況です。
この中華つけ麺大王のお店も夜遅くまで割と賑わっていて、人気の中華料理屋の一つです。

ラーメン、チャーハン、炒めものなどの中華料理を頼むお客さんの方が多い印象ですが、意外とこのような中華料理屋で頼む、あっさりしたつけ麺も美味しいものです。

関内 元祖中華つけ麺大王のチャーシューつけ麺

つけ麺の種類としては、つけ麺(ノーマル)、チャーシュー入りつけ麺、パイコーつけ麺、坦々つけ麺などかなり種類が多いです。また値段が割とリーズナブルで、ノーマルのつけ麺が500円、チャーシュー入りで750円といった具合。

ラーメン・つけ麺に特化した最近の人気店は、多くが魚介豚骨のドロッとしたスープですが、ここは中華料理屋ならではのあっさり醤油ベースのシンプルなつけ麺です。
写真のチューシュー入りつけ麺のように、野菜がたっぷりで美味しく、チャーシューも5枚も入っています。そしてスープ割りも初めから運んできてくれます。

このお店は繁華街にあることもあり、深夜・明け方まで営業しているのもポイント。お酒を飲んだあとにも来店してあっさりしたつけ麺や、時にはこってりした中華料理も食べられます。

■主なメニューと値段
・つけ麺: 500円
・肉入りつけ麺: 750円
・味噌つけ麺: 600円
・チャーハン: 600円
・日替わりランチ: 650円

■店舗情報
・店名: 元祖中華つけ麺大王 伊勢佐木町店
・住所/Googleマップ: 〒231-0033 神奈川県横浜市中区長者町7丁目113
・定休日: 無し(年末年始など以外は基本的に毎日営業)
・営業時間: 11:00〜翌朝5:00
・非公式サイト: 元祖中華つけ麺大王 伊勢佐木町店(食べログ)

その他の関内周辺のつけ麺のお店

濱星: 関内駅の北側のおすすめつけ麺

関内駅の北側は主にオフィス街、飲食店街が多くあります。
また、横浜スタジアムや大さん橋周辺のベイエリアなど、観光客が集まる地域でもあります。

そんな関内駅北口にはそこまでつけ麺屋は多くないのですが、日本大通り駅と馬車道駅の中間くらいの場所に、「濱星 関内本店」があります。

このお店の名物は「濃厚煮干しそば/つけ麺」で、とろみのある濃厚なスープと煮干しの香りが美味しいです。

■店舗情報
・住所/Googleマップ: 〒231-0007 神奈川県横浜市中区弁天通2丁目28 ライオンズマンション関内 103
・定休日: 無し(年末年始など以外は基本的に毎日営業)
・営業時間: 11:00〜21:00(月〜土曜日)、11:00〜17:00(日曜日)

時雨: 行列ができる人気のつけ麺

関内駅から南側へ徒歩約5分の所にある「中華蕎麦 時雨」は、昼間はいつも行列ができるくらい人気の高いラーメン・つけ麺のお店です。

基本的に淡麗系のあっさりしたスープのお店で、魚介系のドロッとした濃厚なつけ麺とは正反対。

青唐辛子酸辛つけ蕎麦、濃厚坦々つけ蕎麦などのメニューがあり、辛いつけ麺好きにもおすすめです。

■店舗情報
・住所/Googleマップ: 〒231-0032 神奈川県横浜市中区不老町2丁目10-5
・定休日: 日曜日
・営業時間: 11:00〜14:00、18:00〜20:45(水曜と土曜は昼間のみ営業)

関内二郎にはつけ麺はないが・・インスパイアのお店がおすすめ

関内でラーメンと言えば、有名な「ラーメン二郎 横浜関内店」ですが、残念ながらここにはつけ麺メニューはありません

二郎系ラーメンで且つ、つけ麺が食べたいという人におすすめなのは、関内周辺の二郎インスパイアのお店です。
完全に筆者の個人的な好みですが、関内から徒歩圏内の日ノ出町駅(京急線)の近くにある「麺屋 臥竜」が最もおすすめです。

個人的な好みですが、人気の「ラーメン二郎 横浜関内店」よりも、二郎系ラーメンを食べるならこの臥竜のお店の方が好きです。
スープはやや甘めで飲みやすく、麺は二郎のように太麺。チャーシューや小ぶりですが食べごたえが有り、もやしも二郎系らしさを楽しめます。

■店舗情報
・住所/Googleマップ: 〒231-0066 神奈川県横浜市中区日ノ出町1丁目101 第十旭ビル 1F
・定休日: 無し
・営業時間: 11:00〜22:45(平日の15~17時は営業外)

関内周辺でつけ麺を食べられるチェーン店

ここまで主に人気のあるつけ麺・ラーメン屋を紹介しましたが、サクッと済ませたい場合などに便利な、つけ麺を食べられる関内周辺のチェーン店としては、下記のようなお店もあります。

  • 日高屋 関内北口店
  • 三國家 関内店
  • たかさご家 関内店
  • 三田製麺所 桜木町駅前店
  • ゴル麺。野毛店

コメント