セブ島のおすすめショッピングモール・買い物スポット:ブランド品・服・靴などを安く買える人気のモール・お店を紹介!

セブ島・マクタン島の郊外/他のエリアのショッピングモール・買い物スポット

13. ガイサノ・カントリー・モール(Gaisano Country Mall):ローカル色豊かな大型モール(洋服・靴・雑貨・お土産/お菓子)

1990年代初頭にできた3階建のローカル色のある大型ショッピングモールで、セブ市の中心部から少し離れたところにあります。

セブ市内でも日本人が多く住むバニラッド地区にあり、ITパークやバニラッド地域に滞在している日本人もよく利用しています。地元の人が利用するデパートという雰囲気です。

このモール本館内には、デパート、スーパーマーケット、各種レストラン(和食・中華・韓国・フィリピン・ファストフード・ピザなど)、映画館、別館にはボウリング場もあります。

 
フロア案内は次の通りです。
・地下1階:スーパーマーケット(食品・雑貨)、パン屋、フードコート
・1階:レストラン、男性用衣料品・靴・鞄・アクセサリー・化粧品
・2階:映画館・ゲームコーナー・女性用衣類・電気製品・民芸品・おもちゃ
・3階:インテリア雑貨・キッチン用品・寝具・タオル等

中心街が遠かったり、ダウンタウンの治安に不安があるような人は、このモールで洋服や靴などが安く手に入り割安感があります。
セブのお土産にぴったりなローカルなお菓子や雑貨も安く売っていますよ。

さらに安く手に入れようとすると、地元の洋服屋さん、中心街の「コロンストリート」の選択となります。

 ■セブ島における場所・行き方
アヤラセンター(Ayala Center Cebu)から車で15分

 ■ショッピング・買い物タイプ
普段着などのカジュアルな洋服・雑貨、子供服、アクセサリー、財布、バッグ・カバン、靴
フィリピン・セブのお土産、プレゼント品、お菓子・スイーツ、食材

■セブ島のショッピングモール・買い物スポット
・場所/店名:ガイサノ・カントリー・モール(Gaisano Country Mall)
・住所/地図(Googleマップ):Banilad Rd, Apas, Cebu City, 6000 Cebu, フィリピン
・営業時間:10:00〜21:00
・定休日:年中無休
・公式サイト:Gaisano Country Mall (facebookページ)

 
 

14. SM・シーサイド・シティ・セブ(SM Seaside City Cebu):セブ島最大の超大型ショッピングモール(洋服・ファッション雑貨・お土産)

SM Seaside City Cebu
写真参照:SM Seaside City Cebu(wikimedia)by Lucky Ambago Purok Otso

「SM・シーサイド・シティ・セブ」は、セブ中心部から少し離れた南西部の埋め立て地SRP(Cebu South Road Properties)という開発エリアに位置しています。

2015年11月にオープンした超大型ショッピングモールで、総床面積は47万㎡で、東京ドームの約10倍。フィリピンで3番目に大きく、世界でも有数の大きさのショッピングモールです。

海外の有名ブランドの店舗、H&M、ユニクロなどのカジュアルなショッピングに加え、リクライニングチェアで優雅に映画を楽しめる映画館もあります。
また、屋上にはウォーターエリアや公園などの施設が充実しているので、お子さんがいるファミリーでの買い物にも最適と言えます。

 
セブの大型スーパー「SM Hypermart」では日用品、飲食物の買い物もできます。
また、4Fにある「KULTURA」(カルチュラ)というお土産ショップは絶大の人気を誇るお店ですが、オシャレなデザイン、そして品質が良いのに、驚くほど安い値段で買い物が可能です。

SMセブシティモールのにもこの店はありますが、このSMシーサイドの店舗の方が広くて、品ぞろえも豊富です。

 
■「KULTURA(カルチュラ)」にあるアイテム例
・アパレル小物、Tシャツ、バッグ、スカーフ、サンダル、サングラス、帽子
・ビーチ・プールで使えるグッズ
・定番のお土産…キーホルダー、マグネット、マグカップ、ステッカー、ショットグラス
・南国デザインな写真たて、食器、キッチングッズ、インテリア小物
・ココナッツオイル、アロマ、石鹸などのコスメ類

 ■セブ島における場所・行き方
マクタン国際空港からはタクシーで30分~50分
セブ市街を走る「Mybus」というシャトルバスで、SMモールから約15分~20分
無料シャトルバスを運行しているホテルもあるのでチェックを。

 ■ショッピング・買い物タイプ
雑貨、小物、コスメ、化粧品、レディース・メンズファッション、
洋服(普段着などのカジュアルな洋服・雑貨、安いプチプラ系のブランドの服、
アクセサリー、財布、バッグ・カバン、靴、プレゼント品、お菓子・スイーツ、
フィリピン・セブのお土産品、

■セブ島のショッピングモール・買い物スポット
・場所/店名:SM・シーサイド・シティ・セブ(SM Seaside City Cebu)
・住所/地図(Googleマップ):Level 3,Reclamation Area, Cebu South Coastal Rd, Cebu City, 6000 Cebu, フィリピン
・営業時間:10:0〜21:00(年末年始など異なる時期もある)
・定休日:年中無休
・公式サイト:SM Seaside City Cebu

 
 

15. ロビンソンズ・サイバーゲート・セブ(Robinsons Cybergate Cebu):洋服・雑貨の買い物、フィリピンのローカル料理の食事もできるショッピングモール

Robinsons Cybergate
写真参照: Robinsons Cybergate(foursquare)

「ロビンソン・サイバーゲート・セブ」は、セブの中心エリアの「フェンテ・オスメニャ」にあります。

このショッピングモールの特徴は、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)企業の店舗を持ち、セブで初めてのウェルネス(健康)&ライフスタイルセンターとして、いくつもの医療機関がモール内に入っています。
7階建てのビルのうち4階までは商業施設、上層はBPO企業がテナントになっています。BPO企業とモールの買い物客の両方が利用しています。

 
モールの1階と2階には小さなブティックや女性用アクセサリー店があり、洋服・ファッション雑貨の買い物ができます。
いくつかバラエティショップがあり、携帯電話とアクセサリー、電気機器、おもちゃ、本などの専門店もあります。
そのほか、メガネ店、薬屋、コンビニやヘルシーフード、サロン、美容院やスパ、両替所などが入っています。

1階にはレストランがあり、Mooon Café(メキシコ料理)、Phat Pho(ベトナム料理)、Golden Cowrie(有名なフィリピン料理レストラン)、Japengo(現代的な日本料理)などのお店で食事が可能。
2階にはフードコートもあり、フィリピンの様々な安くて美味しい伝統料理・ローカルフードを味わえます。

 ■セブ島における場所・行き方
セブ国際空港から車で約50分

 ■ショッピング・買い物タイプ
雑貨、小物、アクセサリー、お菓子・スイーツ

■セブ島のショッピングモール・買い物スポット
・場所/店名:ロビンソンズ・サイバーゲート・セブ(Robinsons Cybergate Cebu)
・住所/地図(Googleマップ):132 Don Mariano Cui St, Cebu City, 6000 Cebu, フィリピン
・営業時間:10:00~21:00
・公式サイト:Robinsons Cybergate Cebu

 
 

16. SM・シティ・コンソラシオン(SM City Consolacion):ローカル色豊かなゆったりとしたモール(洋服・雑貨・お菓子・お土産)

SM City Consolacion
写真参照:SM City Consolacion(foursquare)

「SM・コンソラシオン」は、セブ市の北東部に位置するコンソラシオン町にある大規模なショッピングモールです。
山側の幹線道路のセントラル・ノーティカル・ハイウェイとUNアベニューとの交差部にあります。

ここには、デパート、スーパーマーケット、フードコート、レストラン、各種専門店、エンターテイメントセンター(映画やアーケード)、数軒のサロン、美容ブティックを含む店舗があります。

UNIQLOやH&Mもありますが、専門店が少なく、ローカルな店鋪を中心としたショッピングモールです。
他の大規模モールと比べると比較的混んでおらず、ローカルの家族向きのショッピングスポットとなっています。

家族や友人などへのばらまき用のお菓子などのお土産は、地下にあるスーパーで安い値段で売っています。
(チョコの掛かったドライマンゴーなどもおすすめです。)

 ■セブ島における場所・行き方
セブ市の北東部に位置するマンダウエ市から車で約20分

 ■ショッピング・買い物タイプ
レディース・メンズの洋服、子供服、ファッション雑貨(財布、バッグ・カバン、靴、アクセサリーなど)
お菓子、フィリピン・セブのお土産品
小物雑貨、化粧品・コスメ

■セブ島のショッピングモール・買い物スポット
・場所/店名:SM・シティ・コンソラシオン(SM City Consolacion)
・住所/地図(Googleマップ):SM City Consolacion Lamac Consolacion Cebu, Cebu City, Cebu, フィリピン
・営業時間:10:00~21:00
・公式サイト:SM Consolacion

 
 

17. マクタン・セブ国際空港のショッピング施設・買い物:お土産・雑貨・免税店の化粧品など

Mactan-Cebu International Airport
写真参照:Mactan-Cebu International Airport (foursquare)

マクタン島にある「マクタン・セブ国際空港」はセブ市内から近く、市中心部から約20km南西の位置にあります。2018年7月にはターミナル2(国際線専用)がオープンしたばかりです。

今までは、空港旅客受け入れ能力は年間450万人でしたが、実際の訪問者は年間900万人もいました。
今回の新設により、年間1,250万人まで利用できるようになっており、このターミナル2オープンと同時にアジアのハブ空港として24時間営業の空港となりました。

 
出国手続き後の搭乗口エリアには、免税店やお土産ショップの他にカフェ、レストラン、ファストフード、コンビニエンスストア、マッサージショップなど様々なショップが並んでいます。

フィリピン定番のお土産であるドライマンゴーやお酒をはじめ、ブランド物の香水や時計など様々なジャンルの商品が揃っています。
中には民芸品やファッション雑貨などを扱っているお店もあるので、待ち時間があればぜひチェックしてみましょう。しかし、価格は市内のスーパーと比較してかなり高い傾向があるので注意です。

アイランド・スーベニア(Islands Souvenirs)はフィリピンのお土産用のTシャツを専門に扱っており、それ以外にサンダル、キーホルダー、お菓子などの品揃えが充実しています。
フィリピン・セブ島らしいお土産を手にしたい方は、ここで友達や家族のお土産を求めるのもおすすめです。

 
国際線を利用するときの楽しみといえば、一部の女性にとってはコスメの免税店での買い物があると思います。
セブ島の大型ショッピングセンターでは、あまりハイブランドコスメは見かけないのですが、ここではディオール、SKⅡ、エスティーローダー、資生堂、CLARINSなどのブランド商品がしっかりと並んでいます。

 ■セブ島における場所・行き方
マクタン・セブ国際空港: 市内中心部から車で30分~50分

 ■ショッピング・買い物タイプ
小物雑貨、コスメ・化粧品、アクセサリー、財布、バッグ・カバン、靴
お菓子・スイーツ、フィリピン・セブのお土産品、プレゼント品

■セブ島のショッピングモール・買い物スポット
・場所/店名:マクタン・セブ国際空港(Mactan Cebu International Airpot)
・住所/地図(Googleマップ):Lapu-Lapu Airport Rd, Lapu-Lapu City, 6016 Cebu
・公式サイト:Mactan Cebu International Airpot

 
 
セブ島旅行・観光の関連ページ

セブ島の天気・年間の気候・ベストシーズンなどを紹介

雨季や台風、各月の天候についての注意事項などを解説します。
https://culturize.org/media/cebu-weather/

おすすめ旅行・観光ページをチェック!
【セブ島の天気・年間の気候】 雨季や台風、各月の天候注意、旅行ベストシーズンを紹介
セブ島の気候・天気・ベストシーズン

セブ島は、年間を通じて30°C前後で南の島ならではの熱帯の温暖な気候です。年間を通じていつでも旅行できる人気の観光地で、美しいコバルトブルーのビーチが最大の魅力です。 しかし、雨季と乾季があり、また台 ページを読む

【ベトナムコーヒー】特徴や豆の種類・淹れ方/飲み方・お土産まで現地の体験情報を紹介!
【ベトナムコーヒー】特徴や豆の種類・淹れ方/飲み方・お土産まで現地の体験情報を紹介!

イタリアと言ったらエスプレッソ、アメリカと言ったらアメリカーノ(もしくはスターバックス)…。と言うように、コーヒーは国によって飲み方が違い、それぞれの国にコーヒー文化があります。 ベトナムも実は独自の ページを読む

【ホーチミンのカフェ】ベトナムコーヒーを満喫できるおすすめカフェ&文化を現地で体験して紹介!
【ホーチミンのカフェ】ベトナムコーヒーを満喫できるおすすめカフェ&文化を現地で体験して紹介!

■目次 1. 本場のベトナムコーヒーは時間がかかる? 2. ベトナム人にとってコーヒーを飲むということの意味とは? 3. ホーチミンは朝からカフェが満員状態! 4. ホーチミンの道端に見かけるカフェに ページを読む


おすすめ旅行・観光ページとPR



About hiroki.world 5 Articles
旅行関係や言葉の意味などの記事を執筆しています。在宅で翻訳(英語⇔日本語)も。海外・国内の旅行が好きで、仕事でもトルコ、フィリピン(北部パラワン島)などで観光開発計画プロジェクトを経験しました。インドネシアには8年間仕事で滞在し、少し忘れかけてきましたが、インドネシア語が話せます。現在、海外在住生活で10年を超えました。 >>記事ページ一覧はこちら
Contact: Website