セブ島のおすすめショッピングモール・買い物スポット:ブランド品・服・靴などを安く買える人気のモール・お店を紹介!

セブ島のショッピング・買い物スポット

白い砂浜に青い海が魅力のフィリピン・セブ島は、日本からも近く手軽に南国を満喫できるリゾートとして人気が高い観光地です。
かの有名なマゼランが初めてフィリピンに上陸して、スペインによる植民地の歴史が始まったのがセブ島で、歴史的建造物も残されています。

 
この人気のセブ島は、フィリピンの国の「セブ州」の中の「セブ島」本島として存在しています。
また、それ以外の小さい島「マクタン島」、「バンタヤン島」、「マラパクス島」などからなっていて、人気のマリンアクティビティはこれらの小さな島が中心となります。
(セブ島の入口であるセブ国際空港は、セブ市に隣接したマクタン島にあります。)

 
セブ島観光中にも立ち寄ってみたい、近代的な大規模ショッピングモールやセンターがあるのは、「セブ島」と「マクタン島」です。
ここでは、一般的な洋服・ファッション雑貨などに加え、精巧な偽物ブランド商品も格安で買えるショッピングモールまであるのです。
もちろん、家族、友達へのお土産も豊富。定番のバラマキ用のお土産からブランド品までお得に購入できます。

常夏のリゾートだけに、セブ島各地のショッピングモールや買い物店では、Tシャツやサンドレスなどの衣料も安く買い求めることができます。
ビーチサンダル、サングラス、カゴバッグなどのマリンアクティビティに必要な小物も、いろんなショッピングモールでお手頃価格で手に入ります。

今回は、セブ島とマクタン島の各地にある、おすすめのショッピングモールや買い物店について、フィリピンで観光開発計画プロジェクトも経験した筆者がご紹介します。

 

■目次: セブ島のショッピング・買い物スポット

<セブ島・マボロ周辺のショッピングモール・買い物スポット>
1. アヤラ・センター・セブ(Ayala Mall):ブランド品からお土産までの買い物や、食事も楽しめる大型ショッピングモール
2. シューマート・シティ・セブ(SM City Cebu):ブランド品から安いお土産品まで揃う大型ショッピングモール
3. ロビンソン・ガレリア・セブ(Robinsons Galleria Cebu):ブランド商品・服・お土産などの買い物ができる、洗練されたショッピングモール
4. APM ショッピング・センター(APM Shopping Center):洋服・雑貨など安い商品が豊富に揃うローカル色豊かなモール

<マクタン島・マリバゴ周辺のショッピングモール・買い物スポット>
5. マクタン・マリーナ・モール(Mactan Marina Mall):洋服・雑貨・お菓子やお土産も揃う地元スーパーと買い物店のモール
6. ガイサノ・グランド・モール・マクタン(Gaisano Grand Mall Mactan):マクタン島で日用品・洋服雑貨・お菓子やお土産が揃うショッピングモール
7. アイランド・セントラル・マクタン(Island Central Mactan):日用品・雑貨・お土産やお菓子も買い物できるショッピングモール
8. ガイサノ・アイランド・モール・マクタン(Gaisano Island Mall Mactan):生活必需品・雑貨を安く買うのに便利なモール
9. アウトレット・ショッピングモール(The Outlets at Pueblo Verde):ブランド品・洋服・ファッション雑貨などの買い物
10. シャングス・アイランド・タウン・センター(Shangs Island Town Center):生活雑貨・お土産の買い物、日本料理とショーも楽しめる
11. Jセンター・モール(J Centre Mall):洋服・雑貨・お土産などの買い物や映画・美術館もあるショッピングモール
12. パークモール(Parkmall):A級コピー(偽物ブランド)品や日用雑貨品、グルメも充実したショッピングモール

<セブ島・マクタン島の郊外などのショッピングモール・買い物スポット>
13. ガイサノ・カントリー・モール(Gaisano Country Mall):ローカル色豊かな大型モール(洋服・靴・雑貨・お土産/お菓子)
14. SM・シーサイド・シティ・セブ(SM Seaside City Cebu):セブ島最大の超大型ショッピングモール(洋服・ファッション雑貨・お土産)
15. ロビンソンズ・サイバーゲート(Robinsons Cybergate):洋服・雑貨の買い物、フィリピンのローカル料理の食事もできるショッピングモール
16. SM・シティ・コンソラシオン(SM City Consolacion):ローカル色豊かなゆったりとしたモール(洋服・雑貨・お菓子・お土産)
17. マクタン・セブ国際空港のショッピング施設・買い物:お土産・雑貨・免税店の化粧品など

 

セブ島・マボロ周辺のショッピングモール・買い物スポット

1. アヤラ・センター・セブ(Ayala Mall):ブランド品からお土産までの買い物や、食事も楽しめる大型ショッピングモール

Ayala Center Cebu
写真参照: Ayala Center Cebu by RioHondo at English Wikipedia

「アヤラセンター」はセブ市内の中心に位置し、ビジネスパークと呼ばれる地区にあります。
周辺にはホテルも多くアクセスの良さを反映して、地元の人だけでなく観光客も数多く利用しており、また、セブで一番多くの海外ブランド店があるショッピングモールです。

建物は地下1階から地上4階まで吹き抜けホールを中心に、ブランド店を含む各種店舗が拡がっている本館、2008年オープンの新館(ザ・テラス)があります。
店内は268,000㎡と東京ドーム約5個分の広さを有しています。

また、カフェや各種レストランも充実しており、映画館やボーリング場、両替所なども併設されており、1日中、楽しむこともできます。ランチを楽しみながら充実した買い物ができますよ。

 
カジュアルなファッション洋服・雑貨から品(ZARA、GAP、H&Mなど)、スポーツショップや民芸品まで買える各種店舗があります。
フィリピン・セブ島のお土産はスーパーで、化粧品・コスメはドラッグストアで買うと安くてお得な買い物ができます。

アメリカで人気のブランドAEROPOSTALEや、Tシャツ、カゴバッグ、民芸品、お菓子などお土産に最適な商品が揃う人気の土産店「Islands Souvenir」も本館にあります。

「アヤラセンター」には、2件のスーパーマーケットがありバラまき用のお土産を買うことができます。
・1階にメトロスーパーマーケット
・アヤラモール内Rustan’sというデパート地下1階のスーパーマーケット

 
また、オーガニック・健康食品を取り扱う店「ヘルシーオプション」は本館2階にあります。
必須アミノ酸が豊富なスーパーフード「ヌキア」をはじめとするアカザ科の穀物のほか、フィリピン産の無農薬コーヒーや紅茶、ヴァージンココナッツオイルを使用のスキンケアなど、人気を呼んでおり、お土産にもおすすめです。

 ■セブ島における場所・行き方
マクタン・セブ国際空港からタクシーで約40分、道路状況により約60分~90分(特に、朝や夕方は渋滞する)
マクタン島のホテルからアヤラセンター間を無料で結ぶ無料のシャトルバスが1日数便運行、約1時間。

 ■ショッピング・買い物タイプ
カジュアルな洋服・ファッション雑貨(靴、バッグ、財布など)、海外高級ブランド品
水着、ワンピース(※女性向けの買い物として)、スポーツ用品
民芸品、フィリピン・セブ島のお土産、健康食品

■セブ島のショッピングモール・買い物スポット
・場所/店名:アヤラ・センター・セブ(Ayala Mall Cebu)
・住所/地図(Googleマップ):Cardinal Rosales Ave, Cebu City, Cebu, フィリピン
・営業時間:10~21時(金・土曜~22時)特別祝祭日は営業時間変更有り
・定休日:年中無休
・公式サイト:Ayala Mall Cebu

 
 

2. シューマート・シティ・セブ(SM City Cebu):ブランド品から安いお土産品まで揃う大型ショッピングモール

SM City Cebu
写真参照: SM City Cebu(foursquare)

1993年にオープンした「シューマート・シティ・セブ」(通称SMモール)は、アヤラセンター同様に人気の大型モールで、マクタン島に面するセブシティ南部の臨海地区に立地しています。
今後、周囲にホテルやコンドミニアムの建設予定もあるようです。セブの中心地に近くアクセスしやすいところです。

SMモール内はメインウイング(本館)とノースウイング(北館)からなっています。
カジュアルな洋服や雑貨店はもちろん、ユニクロ、海外ブランド店舗(H&M、AMERICAN EAGLEやFOREVER21)、スーパーマーケット、ボーリング場、サイバーゾーン(コンピューターショップ街)、アイススケート場、イベント会場やフードコート、映画館まで揃っていてその数は500店舗以上にも上る複合型のショッピングモールです。

イベントホールでは、ダンスやファッションショーなどをやっていることもあります。

 
比較的ローカルのお店が多く、庶民的な雰囲気があり、ブランド店もあるショッピングモール。アヤラセンターに比べ安い価格で買い物ができます。
地元の利用や観光客も多い人気のモールです。空港で購入するよりかなり安くお土産をゲットできますよ。買い物しながらランチも楽しめます。

人気のブランドforever21は、日本でもお馴染みでデザインも品質も日本と同じですが、サンドレスが充実しています。
また、香港発祥の人気ドラッグストア「watsons」では、ボディローション200ペソ(約500円)やお土産にふさわしい商品がお手頃価格で品揃えしています。

セブでもお土産が買える有名店の「Kultura」では、アクセッサリー、雑貨(カゴバッグや手刺繍のポーチやカゴバッグ)、コスメ(ココナッツを使ったシャンプーやトリートメントやナチュラルソープ)、スナック。珍しいのはココナッツのお酒、バナナの繊維で編んだ正装(バロン・タガログ)など、フィリピン・セブのお土産が揃っています。

 ■セブ島における場所・行き方
マクタン・セブ国際空港からタクシーで約30分、道路状況により約60分~90分(特に、朝や夕方は渋滞する)。
マクタン島のホテルからSMモール間は空港バスがあり、朝7時~11時迄は1時間2本、それ以降は1時間3本バスが運行。1日数便運行、日中は約30分、約1時間以上。

 ■ショッピング・買い物タイプ
洋服、海外ブランド品、ファッション雑貨(ポーチ、バッグ、財布など)、フィリピン・セブ島のお土産、化粧品・コスメ

■セブ島のショッピングモール・買い物スポット
・場所/店名:シューマート・シティ・セブ(SM City Cebu)
・住所/地図(Googleマップ):Juan Luna Avenue, North Reclamation Area, Cebu City, Cebu, フィリピン
・営業時間:10:00-21:00
・定休日:年中無休
・公式サイト:SM City Cebu

 
 

3. ロビンソン・ガレリア・セブ(Robinsons Galleria Cebu):ブランド商品・服・お土産などの買い物ができる、洗練されたショッピングモール

「ロビンソンガレリア・セブ」は2015年12月にオープンした中規模のショッピングモール。「SMシーサイドモール」と肩を並べる高級志向のショッピングモールです。

このモールはSMモール(セブシティ)の近くにあります。巨大モールと比べて混んでいません。家族向けというよりも、落ち着いた大人向けのショッピングモールです。

「高級志向」「オシャレ」「何でも揃う」といわれて、全体に洗練された雰囲気があり、現地の富裕層も良く利用しています。
「ロビンソンガレリア・セブ」のエントランスを入ると強大な吹き抜けホールがあり、花で飾られた強大アコースティックギターが展示されています。

高級感があるアパレルブランドの店舗を始めとする多く専門店、ロビンソンデパートメント、映画館、フードコート、スーパー、クリニック、美容院、スパなど、300テナントがはいっています。

オーガニック系が充実、セブ島の隣のボホール島で人気の「ボホール養蜂場 Bohol Bee Farm」のお店があり、カフェで食事やスイーツを楽しんだ後お土産が買えます。

 ■セブ島における場所・行き方
マクタン・セブ国際空港からタクシーで約30分、道路状況により約60分~90分(特に、朝や夕方は渋滞する)。
マクタン島のホテルからSMモール間は空港バスがあり、朝7時~11時迄は1時間2本、それ以降は1時間3本バスが運行。1日数便運行、日中は約30分、約1時間以上。

 ■ショッピング・買い物タイプ
洋服・ファッション雑貨(靴、バッグ、財布など)、水着、ワンピース(※女性向けの買い物として)、海外高級ブランド品
フィリピン・セブ島のお土産、化粧品コスメ、健康食品

■セブ島のショッピングモール・買い物スポット
・場所/店名:ロビンソン・ガレリア・セブ(Robinsons Galleria Cebu)
・住所/地図(Googleマップ):Level 2, General Maxilom Ave Ext, Cebu City, フィリピン
・営業時間:10:00〜19:00
・定休日:無休 (クリスマスシーズン及び年末年始の営業は公式サイトを要確認)
・公式サイト:Robinsons Galleria Cebu

 
 

4. APM ショッピング・モール(APM Shopping Mall):洋服・雑貨など安い商品が豊富に揃うローカル色豊かなモール

セブ市内の大規模ショッピングモールSM CITY CEBU MALLのすぐ近くにある「APM ショッピング・モール」は、ローカルな雰囲気が味わえる小規模な2階建てのショッピングセンターです。

PC関連、携帯ショップ、普段着などのカジュアルな洋服、雑貨(アクセサリー、バッグ、靴)、おもちゃ、マッサージ屋さん、レストラン、レートの良い両替所など、様々な店舗が入っています。
手軽に買いやすい安い商品が勢揃いしています。

ここには色々な掘り出し物があります。偽ブランド品、違法DVDも格安で購入できますが、日本入国の際、見つかると没収となるので気を付けてください。

 ■セブ島における場所・行き方
マクタン・セブ国際空港からタクシーで約30分、道路状況により約60分~90分(特に、朝や夕方は渋滞する)。
マクタン島のホテルからSMモール間は空港バスがあり、朝7時~11時迄は1時間2本、それ以降は1時間3本バスが運行。1日数便運行、日中は約30分、約1時間以上。

 ■ショッピング・買い物タイプ
洋服、雑貨(アクセサリー、バッグ、靴)、子供服、PC関連、携帯電話とガジェット品

■セブ島のショッピングモール・買い物スポット
・場所/店名:APM ショッピング・モール(APM Shopping Mall)
・住所/地図(Googleマップ):Lungsod ng Cebu, Lalawigan ng Cebu
・営業時間:10:00〜21:00
・公式サイト:APM Shopping MALL (facebookページ)

 
 

マクタン島・マリバゴ周辺のショッピングモール・買い物スポット

5. マクタン・マリーナ・モール(Mactan Marina Mall):洋服・雑貨・お菓子やお土産も揃う地元スーパーと買い物店のモール

「マリーナモール」は、セブ国際空港から車でわずか5分の位置にあり、空港からセブ市内、またはマクタン島内のどこからでもアクセスがしやすいところにある、小規模な買い物スポットです。
週末や平日の夕方などは特にローカルの人で賑わっています。

このモールで最大なのは、セーブモアというセブ島では数多くある、地元でもっとも有名なスーパーです。
このスーパーの横には、電化製品や洋服、アクセサリー、サンダルなどの小物が揃ったお店の集まるエリアがあります。

このセーブモアのスーパーマーケットは、野菜や肉、お菓子、酒やソフトドリンクを含む飲み物から、歯磨き粉やシャンプーなどの日用生活用品など良質のものが多数揃っています。

そしてレストランやマッサージ屋・ネイルサロン・両替店など、ツーリストにとって必要な店がコンパクトにまとまっており、ツーリストにとって使い勝手の良い買い物スポットといえます。

 
ばらまき系お土産であれば、セーブモアでいろいろ手に入ります。
セブの代表的なお土産ドライマンゴー、ドライマンゴーをチョコレートで包んだものは人気で、1個1個を包装した高級品などバリエーションも豊かになっています。

最近日本で人気のココナッツオイルやジュースは、日本の高級スーパーで売られているお値段の半額以下で手に入ります。
女性に喜ばれるお土産の定番である、美白効果が高いといわれているパパイヤソープをはじめ、ココナッツや海藻のナチュラルソープ、ボディやヘアケア用品などおすすめです。

 ■セブ島における場所・行き方
マクタン・セブ国際空港からタクシーで約5分、セブ中心部からタクシーで約30分。
SMモールから空港バスがあり、日中は約30分、朝夕は約1時間以上。

 ■ショッピング・買い物タイプ
フィリピン・セブ島のお土産、お菓子、ドライフルーツ(ドライマンゴーなど)
化粧品・コスメ、洋服、ファッション雑貨

■セブ島のショッピングモール・買い物スポット
・場所/店名:マクタン・マリーナ・モール(Mactan Marina Mall)
・住所/地図(Googleマップ):Lapu Lapu City, Cebu, 6500 Central Visayas, Philippines
・営業時間:7:00~21:00
・定休日:年中無休
・公式サイト:Mactan Marina Mall (facebookページ)

 
 

6. ガイサノ・グランド・モール・マクタン(Gaisano Grand Mall Mactan):マクタン島で日用品・洋服雑貨・お菓子やお土産が揃うショッピングモール

マクタン島のほぼ中央の繁華街に位置する「ガイサノ・グランド・モール」は、2009年にオープンした大規模のショッピングモールです。
マクタン島のリゾートホテルなどに宿泊する方や、セブ市内のモールに行く時間が勿体ないといった人にオススメのモールです。

1階が食品とフードコートでになっていて、上階は洋服や靴、化粧品、日用品などの売り場があります。
大型スーパーマーケットの上に日用品売り場があるという感じです。

食品売り場は、日本の食品スーパーと様子が似ています。
1階のフードコートは、フィリピンのファーストチェーン店で一番人気の「ジョリピー」などがあり、安く食事が頂けます。

3階にある専門店は、ヴィトンやシャネルなどの偽物ブランドの商品も販売されています。
Tシャツやコピー品を普段着として使用する分には問題ないと思います。 家電系の店舗もあり、スマートフォンも安く購入できます(Galaxy 4900ペソ、2017年6月時点)。

観光客向けではない普通のTシャツや衣類などはかなりお安く買えます。お土産もお菓子や食べ物などのばらまき用のものはあります。

観光客の食料品・ホテルで飲むビール・水の買い出しなどにも便利で、島内のどのホテルからもタクシーで5~15分程度です。

 ■セブ島における場所・行き方
セブ国際空港からタクシーで20分程度、セブ中心部まで50分程度

 ■ショッピング・買い物タイプ
普段着などのカジュアルな洋服・雑貨、小物、コスメ、化粧品、偽物ブランド商品
お菓子、食材、セブ島のお土産
フードコートでの食事利用

■セブ島のショッピングモール・買い物スポット
・場所/店名:ガイサノ・グランド・モール・マクタン(Gaisano Grand Mall Mactan)
・住所/地図(Googleマップ):Basak-Marigondon Rd, Lapu-Lapu City, Cebu, フィリピン
・営業時間:10:00-21:00
・定休日:年中無休
・公式サイト:Gaisano Grand Mall Mactan (facebookページ)

 
 

7. アイランド・セントラル・マクタン(Island Central Mactan):日用品・雑貨・お土産やお菓子も買い物できるショッピングモール

「アイランド・セントラル・マクタン」は、マクタン国際空港に近くの「マクタン・マリーナ・モール」の向かいに位置する、2016年にできた6階建ての新しい小規模なショッピングモールです。

外壁のガラスが多く光が入る構造で綺麗なこのモールは、セブのローカルの人やリゾート客が利用しています。
ここでの買い物品は、生鮮食品や日用品、お菓子、飲み物、お菓子、薬やシャンプー、化粧品、プチプラコスメも充実し、カバンなどのカジュアル雑貨、スマホケースなどのガジェット系のお店も多数入っています。

また、セブ島への旅行者に嬉しいばらまき系のお土産も合わせて買うのに適しています。
定番の「ドライマンゴー」「バナナチップス」(80ペソ約180円~)以外にも、「OTAP オタップ」というパイ菓子(70ペソ約150円~)や、「OISHI オイシ」のピーナッツ小袋(9ペソ約20円~)はおすすめです。

 ■セブ島における場所・行き方
マクタン国際空港から車で5分、空港から徒歩でも約15分

 ■ショッピング・買い物タイプ
レディース・メンズファッション、洋服、子供服、雑貨(アクセサリー、財布、バッグ・カバン、靴)、コスメ、化粧品、フィリピン・セブのお土産

■セブ島のショッピングモール・買い物スポット
・場所/店名:アイランド・セントラル・マクタン(Island Central Mactan)
・住所/地図(Googleマップ):MEPZ Ecozone, Mactan, Lapu-Lapu City, 6015 Cebu, フィリピン
・営業時間:10:00-22:00
・定休日:年中無休
・公式サイト:Island Central Mactan

 
 

8. ガイサノ・アイランド・モール・マクタン(Gaisano Island Mall Mactan):生活必需品・雑貨を安く買うのに便利なモール

「ガイサノ・アイランド・モール・マクタン」は、セブ国際空港から車で10分程度の所にあるマクタン島最大級のショッピングモールです。
外観からしてローカル感があり、観光客の少ない地元の人向けのモールです。 周辺のリゾートホテルなどに宿泊する人にとっても、日用品などの買い物に便利です。

地上階はショッピング、地下は食品スーパー、フードコートで、2階~4階は、デパートメントストアになっています。
2階にはサンダルやシューズ、バッグ、アクセサリー、男性用の洋服、品数が少ないお土産売り場(民芸品&アクセサリーなどの土産物系はなし)、ヘアカットサロンなど。

3階は女性用の洋服、文房具、子供服やおもちゃ、ベビー用品。4階には生活雑貨や生活家電、家具など。
本館地下にあるスーパー・食品売場、薬局、日用雑貨の買い物も便利に利用できます。

また、本館と1階でつながっている別館もあります。
別館では、美味しいローカルフードのお店、携帯会社Globeのお店、イミグレーション、SSS(年金などの社会保障)のオフィスなどが入っています。
そのほか、ホームセンター、格安ネイルサロンもあります。

 ■セブ島における場所・行き方
マクタン・セブ国際空港からタクシーで約10~15分
道路状況により、約20分~30分(特に朝や夕方は渋滞する)

 ■ショッピング・買い物タイプ
雑貨、小物、レディース・メンズファッション、洋服、安いプチプラ系のブランドの服、子供服
アクセサリー、財布、バッグ・カバン、靴、コスメ、化粧品
お菓子・スイーツ、食材、フィリピン・セブのお土産

■セブ島のショッピングモール・買い物スポット
・場所/店名:ガイサノ・アイランド・モール・マクタン(Gaisano Island Mall Mactan)
・住所/地図(Googleマップ):M L Quezon Hwy, Lapu-Lapu City, Gaisano Mactan Parking, Lapu-Lapu City, Cebu, フィリピン
・営業時間:9:00-21:00、 デパートメントストア:9:30‐20:00(土日は20:30まで)
・定休日:年中無休
・公式サイト:Gaisano Island Mall Mactan

 
 

9. アウトレット・ショッピングモール(The Outlets at Pueblo Verde):ブランド品・洋服・ファッション雑貨などの買い物

The Outlets at Pueblo Verde
写真参照:The Outlets at Pueblo Verde(foursquare)

「The Outlets at Pueblo Verde」のアウトレット・ショッピングモールは、空港のすぐ近くで、ブランド品の製造する工場が集まっているMactan Export Processing Zone(MEPZ、マクタン輸出加工区)にあります。

日本でもミニ四駆やプラモデルで有名なTAMIYAの工場があるところで、タクシーで行く場合は、MEPZ 2のタミヤと言えば、ほとんどのドライバーは知っています。
このアウトレットモールでは、主にスポーツブランドに興味のある方の買い物におすすめです。

アディダス、プーマ、コンバース、ティンバーランドなどの有名店舗があり、男性用のスポーツウェアや、靴屋さんが多いところです。
もちろん、女性用の靴やT-シャツ、スポーツ用品などもあり、時計やサングラスなどのファッション雑貨も揃っています。

日本で買うのとあまり変わらない値段ですが、30%〜50%OFFのディスカウント商品が常時たくさんあります。
セブでちょっと奮発して、スポーツウェア、服や靴を買いたいという方にオススメですよ。掘り出し物があるかもしれません。

また、フィリピンのブランド・BAMBUは、人気のサンダル&スリッパショップで、セブ滞在中に購入して、試してみたらいかがでしょうか?

モール内には、様々なレストランも軒を連ねており、食事の利用をすることも可能です。
更に、大きめのスーパーマーケット(Robinsons Supermarket)、カフェ、両替所、カラオケまであります。

 ■セブ島における場所・行き方
マクタン・セブ国際空港から車で3分

 ■ショッピング・買い物タイプ
ブランド品の洋服・ファッション雑貨(靴、バッグ、財布など)、スポーツウェア
スーパーでの買い物(飲食物、お菓子、セブ島のお土産など)

■セブ島のショッピングモール・買い物スポット
・場所/店名:The Outlets at Pueblo Verde (アウトレット)
・住所/地図(Googleマップ):Pueblo Verde, 6015 MEZ II, Lapu-Lapu City, Cebu, フィリピン
・営業時間:10:00~21:00
・定休日:年中無休
・公式サイト:The Outlets at Pueblo Verde (facebookページ)

 
 

10. シャングス・アイランド・タウン・センター(Shangs Island Town Center):生活雑貨・お土産の買い物、日本料理とショーも楽しめる

「シャングス・アイランド・タウン・センター」は、マクタン島の東部のマリバゴ地区にある、Jパークアイランドリゾートのすぐ近くのショッピングモールです。

レートが良いと評判の両替所があり、この周辺に滞在している周辺のリゾートに宿泊の方にはとても便利なショッピングスポットです。

1階にはスーパー、フードコートやレストラン、カフェがあり、エスカレーターで2階に上がると洋服や生活用品のお店、薬屋、ダイビングショップ、スパ、リラックスできる施設が並んでいます。

比較的品ぞろえ豊富なスーパーの「Metro Fresh‘N Easy」は、「Save more Maribago」ほどではありませんが、石鹸類、タオル、ビーチサンダル、食品、ドライマンゴー、飲料などは各種そろっています。

 
敷地内に多数の日本料理レストランなども入っているため、買い物後にそのまま食事もできます。
日本料理屋の「花魁(Oiran)」では、店員さんらが踊ったりと、様々なショーを日々開催しており、飲食客を楽しませています。また、敷地内にはなんと銭湯もあります。

 ■セブ島における場所・行き方
セブ国際空港からタクシーで約20分

 ■ショッピング・買い物タイプ
普段着などのカジュアルな洋服・雑貨、アウトドア用品
小物雑貨、コスメ、化粧品
アクセサリー、フィリピン・セブのお土産品、お菓子・スイーツ

■セブ島のショッピングモール・買い物スポット
・場所/店名:シャングス・アイランド・タウン・センター(Shangs Island Town Center)
・住所/地図(Googleマップ):M.L Quezon National Highway Datag Maribago, Maribago, Lapu Lapu City, 6015 Cebu, フィリピン
・営業時間:8:00~2:00
・公式サイト:Shangs Island Town Center

 
 

セブ島・マンダウエ周辺のショッピングモール・買い物スポット

11. Jセンター・モール(J Centre Mall):洋服・雑貨・お土産などの買い物や映画・美術館もあるショッピングモール

「Jセンターモール」は、2012年にオープンした中規模のショッピングモールです。
セブ島マンダウエ市にあり、敷地内には「スカイウォーターパーク」などのレジャー施設、「東横INNホテル」も隣接しています。

ここにはセブ入国管理所(CEBU Immigration office)や陸運事務所(LTO)などの政府機関も入っており、地元の人が中心ですが、外国人のビザの切り替えや観光客の利用もあります。

スーパーマーケットではフィリピン・セブのばらまき用のお土産を買ったり、洋服・ファッション雑貨などのブランド店(CONVERSE、BANS、PUMA等)でのショッピングも可能。
また、オシャレな空間フードコート、美容院マッサージ、両替所や、コンビニなども揃っており、旅行中に便利に利用することができるモールです。

それ以外にも、映画館、ホームセンターの「ACEハード ウエア」、日本メーカー品が多い家電店の利用、セブ・トリックアート・ミュージアムでの近代アートの展示も鑑賞することができます。

 ■セブ島における場所・行き方
Jセンターモールへは、マクタン空港からタクシーで30~50分

 ■ショッピング・買い物タイプ
雑貨、小物、コスメ、化粧品
普段着などのカジュアルな洋服・雑貨、アクセサリー、バッグ・カバン、財布、靴、家電品
フィリピン・セブのお土産、お菓子など

■セブ島のショッピングモール・買い物スポット
・場所/店名:Jセンター・モール(J Centre Mall)
・住所/地図(Googleマップ):165 A. S. Fortuna St, Bakilid, Mandaue City, 6014 Cebu, フィリピン
・営業時間:10:00〜21:00
・定休日:年中無休
・公式サイト:J Centre Mall

 
 

12. パークモール(Parkmall):A級コピー(偽物ブランド)品や日用雑貨品、グルメも充実したショッピングモール

「パークモール」は、セブ市のすぐ隣のマンダウエ市の埋め立て地にできた中規模ショッピングモールです。
マクタン・セブ国際空港とITパークやビジネスパークの中間あたりに位置しています。

セブ国際空港からは、マクタン島とセブ島を結ぶ橋を渡ってセブ島に入り少し行ったところにあります。
地元フィリピン人やセブ在住の日本人がよく行く買い物スポットでもあります。

2階建てのメインビルと敷地内に各種レストランが入居しています。
メインビル内1階にはスーパーマーケット(SAVEMORE)、入口近くには多くのレストランが集中しています。

 
2階は日用品エリアとなっており、パークモール名物、A級コピーと言われるクオリティがかなり高い「偽ブランド品」があります。
また、アクセサリーショップやカバン屋、靴屋など「海賊版」商品を扱う小売店が50店舗くらいあります。

例えば、Nikeやadidasなど、本物であれば1万~2万円するスニーカーが500~2,000ペソ(約1,000円~4,000円)ぐらいです。
もちろん、ブランドバッグや高級腕時計・アクセサリー等も所狭しと置かれてます。2,000円くらいで偽物のブランドバッグが買えます。
ただし、日本へ持ち込むことは禁止されており、見つかった場合は没収となりますので注意を。フィリピンで使用する分には問題ありません。

 
敷地内には、世界各国のレストラン(アラブ・ベトナム・中華・和食・台湾風シャブシャブ・フィリピン・コーヒーなど)もあり、ランチなど食事もしながら、安いブランド品や日用品などの買物が楽しめます。

 ■セブ島における場所・行き方
セブ国際空港からタクシーで約30分、 SMモールへは車で5分

 ■ショッピング・買い物タイプ
雑貨、小物、コスメ、化粧品、レディース・メンズファッション、洋服、子供服 (カジュアルな洋服・雑貨、安いプチプラ系のブランドの服)
偽物ブランドのファッション雑貨 (アクセサリー、財布、バッグ・カバン、靴など)
ばらまき系のフィリピン・セブのお土産品、プレゼント品、お菓子・スイーツ、食材

■セブ島のショッピングモール・買い物スポット
・場所/店名:パークモール(Parkmall)
・住所/地図(Googleマップ):Ouano Avenue, Mandaue Reclamation Area, Mandaue City, 6014 Cebu, フィリピン
・営業時間:10:00〜21:00、特別祝祭日は営業時間変更あり
・定休日:年中無休
・公式サイト:Parkmall

 
 

セブ島・マクタン島の郊外/他のエリアのショッピングモール・買い物スポット

13. ガイサノ・カントリー・モール(Gaisano Country Mall):ローカル色豊かな大型モール(洋服・靴・雑貨・お土産/お菓子)

1990年代初頭にできた3階建のローカル色のある大型ショッピングモールで、セブ市の中心部から少し離れたところにあります。

セブ市内でも日本人が多く住むバニラッド地区にあり、ITパークやバニラッド地域に滞在している日本人もよく利用しています。地元の人が利用するデパートという雰囲気です。

このモール本館内には、デパート、スーパーマーケット、各種レストラン(和食・中華・韓国・フィリピン・ファストフード・ピザなど)、映画館、別館にはボウリング場もあります。

 
フロア案内は次の通りです。
・地下1階:スーパーマーケット(食品・雑貨)、パン屋、フードコート
・1階:レストラン、男性用衣料品・靴・鞄・アクセサリー・化粧品
・2階:映画館・ゲームコーナー・女性用衣類・電気製品・民芸品・おもちゃ
・3階:インテリア雑貨・キッチン用品・寝具・タオル等

中心街が遠かったり、ダウンタウンの治安に不安があるような人は、このモールで洋服や靴などが安く手に入り割安感があります。
セブのお土産にぴったりなローカルなお菓子や雑貨も安く売っていますよ。

さらに安く手に入れようとすると、地元の洋服屋さん、中心街の「コロンストリート」の選択となります。

 ■セブ島における場所・行き方
アヤラセンター(Ayala Center Cebu)から車で15分

 ■ショッピング・買い物タイプ
普段着などのカジュアルな洋服・雑貨、子供服、アクセサリー、財布、バッグ・カバン、靴
フィリピン・セブのお土産、プレゼント品、お菓子・スイーツ、食材

■セブ島のショッピングモール・買い物スポット
・場所/店名:ガイサノ・カントリー・モール(Gaisano Country Mall)
・住所/地図(Googleマップ):Banilad Rd, Apas, Cebu City, 6000 Cebu, フィリピン
・営業時間:10:00〜21:00
・定休日:年中無休
・公式サイト:Gaisano Country Mall (facebookページ)

 
 

14. SM・シーサイド・シティ・セブ(SM Seaside City Cebu):セブ島最大の超大型ショッピングモール(洋服・ファッション雑貨・お土産)

SM Seaside City Cebu
写真参照:SM Seaside City Cebu(wikimedia)by Lucky Ambago Purok Otso

「SM・シーサイド・シティ・セブ」は、セブ中心部から少し離れた南西部の埋め立て地SRP(Cebu South Road Properties)という開発エリアに位置しています。

2015年11月にオープンした超大型ショッピングモールで、総床面積は47万㎡で、東京ドームの約10倍。フィリピンで3番目に大きく、世界でも有数の大きさのショッピングモールです。

海外の有名ブランドの店舗、H&M、ユニクロなどのカジュアルなショッピングに加え、リクライニングチェアで優雅に映画を楽しめる映画館もあります。
また、屋上にはウォーターエリアや公園などの施設が充実しているので、お子さんがいるファミリーでの買い物にも最適と言えます。

 
セブの大型スーパー「SM Hypermart」では日用品、飲食物の買い物もできます。
また、4Fにある「KULTURA」(カルチュラ)というお土産ショップは絶大の人気を誇るお店ですが、オシャレなデザイン、そして品質が良いのに、驚くほど安い値段で買い物が可能です。

SMセブシティモールのにもこの店はありますが、このSMシーサイドの店舗の方が広くて、品ぞろえも豊富です。

 
■「KULTURA(カルチュラ)」にあるアイテム例
・アパレル小物、Tシャツ、バッグ、スカーフ、サンダル、サングラス、帽子
・ビーチ・プールで使えるグッズ
・定番のお土産…キーホルダー、マグネット、マグカップ、ステッカー、ショットグラス
・南国デザインな写真たて、食器、キッチングッズ、インテリア小物
・ココナッツオイル、アロマ、石鹸などのコスメ類

 ■セブ島における場所・行き方
マクタン国際空港からはタクシーで30分~50分
セブ市街を走る「Mybus」というシャトルバスで、SMモールから約15分~20分
無料シャトルバスを運行しているホテルもあるのでチェックを。

 ■ショッピング・買い物タイプ
雑貨、小物、コスメ、化粧品、レディース・メンズファッション、
洋服(普段着などのカジュアルな洋服・雑貨、安いプチプラ系のブランドの服、
アクセサリー、財布、バッグ・カバン、靴、プレゼント品、お菓子・スイーツ、
フィリピン・セブのお土産品、

■セブ島のショッピングモール・買い物スポット
・場所/店名:SM・シーサイド・シティ・セブ(SM Seaside City Cebu)
・住所/地図(Googleマップ):Level 3,Reclamation Area, Cebu South Coastal Rd, Cebu City, 6000 Cebu, フィリピン
・営業時間:10:0〜21:00(年末年始など異なる時期もある)
・定休日:年中無休
・公式サイト:SM Seaside City Cebu

 
 

15. ロビンソンズ・サイバーゲート・セブ(Robinsons Cybergate Cebu):洋服・雑貨の買い物、フィリピンのローカル料理の食事もできるショッピングモール

Robinsons Cybergate
写真参照: Robinsons Cybergate(foursquare)

「ロビンソン・サイバーゲート・セブ」は、セブの中心エリアの「フェンテ・オスメニャ」にあります。

このショッピングモールの特徴は、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)企業の店舗を持ち、セブで初めてのウェルネス(健康)&ライフスタイルセンターとして、いくつもの医療機関がモール内に入っています。
7階建てのビルのうち4階までは商業施設、上層はBPO企業がテナントになっています。BPO企業とモールの買い物客の両方が利用しています。

 
モールの1階と2階には小さなブティックや女性用アクセサリー店があり、洋服・ファッション雑貨の買い物ができます。
いくつかバラエティショップがあり、携帯電話とアクセサリー、電気機器、おもちゃ、本などの専門店もあります。
そのほか、メガネ店、薬屋、コンビニやヘルシーフード、サロン、美容院やスパ、両替所などが入っています。

1階にはレストランがあり、Mooon Café(メキシコ料理)、Phat Pho(ベトナム料理)、Golden Cowrie(有名なフィリピン料理レストラン)、Japengo(現代的な日本料理)などのお店で食事が可能。
2階にはフードコートもあり、フィリピンの様々な安くて美味しい伝統料理・ローカルフードを味わえます。

 ■セブ島における場所・行き方
セブ国際空港から車で約50分

 ■ショッピング・買い物タイプ
雑貨、小物、アクセサリー、お菓子・スイーツ

■セブ島のショッピングモール・買い物スポット
・場所/店名:ロビンソンズ・サイバーゲート・セブ(Robinsons Cybergate Cebu)
・住所/地図(Googleマップ):132 Don Mariano Cui St, Cebu City, 6000 Cebu, フィリピン
・営業時間:10:00~21:00
・公式サイト:Robinsons Cybergate Cebu

 
 

16. SM・シティ・コンソラシオン(SM City Consolacion):ローカル色豊かなゆったりとしたモール(洋服・雑貨・お菓子・お土産)

SM City Consolacion
写真参照:SM City Consolacion(foursquare)

「SM・コンソラシオン」は、セブ市の北東部に位置するコンソラシオン町にある大規模なショッピングモールです。
山側の幹線道路のセントラル・ノーティカル・ハイウェイとUNアベニューとの交差部にあります。

ここには、デパート、スーパーマーケット、フードコート、レストラン、各種専門店、エンターテイメントセンター(映画やアーケード)、数軒のサロン、美容ブティックを含む店舗があります。

UNIQLOやH&Mもありますが、専門店が少なく、ローカルな店鋪を中心としたショッピングモールです。
他の大規模モールと比べると比較的混んでおらず、ローカルの家族向きのショッピングスポットとなっています。

家族や友人などへのばらまき用のお菓子などのお土産は、地下にあるスーパーで安い値段で売っています。
(チョコの掛かったドライマンゴーなどもおすすめです。)

 ■セブ島における場所・行き方
セブ市の北東部に位置するマンダウエ市から車で約20分

 ■ショッピング・買い物タイプ
レディース・メンズの洋服、子供服、ファッション雑貨(財布、バッグ・カバン、靴、アクセサリーなど)
お菓子、フィリピン・セブのお土産品
小物雑貨、化粧品・コスメ

■セブ島のショッピングモール・買い物スポット
・場所/店名:SM・シティ・コンソラシオン(SM City Consolacion)
・住所/地図(Googleマップ):SM City Consolacion Lamac Consolacion Cebu, Cebu City, Cebu, フィリピン
・営業時間:10:00~21:00
・公式サイト:SM Consolacion

 
 

17. マクタン・セブ国際空港のショッピング施設・買い物:お土産・雑貨・免税店の化粧品など

Mactan-Cebu International Airport
写真参照:Mactan-Cebu International Airport (foursquare)

マクタン島にある「マクタン・セブ国際空港」はセブ市内から近く、市中心部から約20km南西の位置にあります。2018年7月にはターミナル2(国際線専用)がオープンしたばかりです。

今までは、空港旅客受け入れ能力は年間450万人でしたが、実際の訪問者は年間900万人もいました。
今回の新設により、年間1,250万人まで利用できるようになっており、このターミナル2オープンと同時にアジアのハブ空港として24時間営業の空港となりました。

 
出国手続き後の搭乗口エリアには、免税店やお土産ショップの他にカフェ、レストラン、ファストフード、コンビニエンスストア、マッサージショップなど様々なショップが並んでいます。

フィリピン定番のお土産であるドライマンゴーやお酒をはじめ、ブランド物の香水や時計など様々なジャンルの商品が揃っています。
中には民芸品やファッション雑貨などを扱っているお店もあるので、待ち時間があればぜひチェックしてみましょう。しかし、価格は市内のスーパーと比較してかなり高い傾向があるので注意です。

アイランド・スーベニア(Islands Souvenirs)はフィリピンのお土産用のTシャツを専門に扱っており、それ以外にサンダル、キーホルダー、お菓子などの品揃えが充実しています。
フィリピン・セブ島らしいお土産を手にしたい方は、ここで友達や家族のお土産を求めるのもおすすめです。

 
国際線を利用するときの楽しみといえば、一部の女性にとってはコスメの免税店での買い物があると思います。
セブ島の大型ショッピングセンターでは、あまりハイブランドコスメは見かけないのですが、ここではディオール、SKⅡ、エスティーローダー、資生堂、CLARINSなどのブランド商品がしっかりと並んでいます。

 ■セブ島における場所・行き方
マクタン・セブ国際空港: 市内中心部から車で30分~50分

 ■ショッピング・買い物タイプ
小物雑貨、コスメ・化粧品、アクセサリー、財布、バッグ・カバン、靴
お菓子・スイーツ、フィリピン・セブのお土産品、プレゼント品

■セブ島のショッピングモール・買い物スポット
・場所/店名:マクタン・セブ国際空港(Mactan Cebu International Airpot)
・住所/地図(Googleマップ):Lapu-Lapu Airport Rd, Lapu-Lapu City, 6016 Cebu
・公式サイト:Mactan Cebu International Airpot

 
 
セブ島旅行・観光の関連ページ

セブ島の天気・年間の気候・ベストシーズンなどを紹介

雨季や台風、各月の天候についての注意事項などを解説します。

【セブ島の天気・年間の気候】 雨季や台風、各月の天候注意、旅行ベストシーズンを紹介


関連 & おすすめ旅行ページとPR




About hiroki.world 5 Articles
旅行関係や言葉の意味などの記事を執筆しています。在宅で翻訳(英語⇔日本語)も。海外・国内の旅行が好きで、仕事でもトルコ、フィリピン(北部パラワン島)などで観光開発計画プロジェクトを経験しました。インドネシアには8年間仕事で滞在し、少し忘れかけてきましたが、インドネシア語が話せます。現在、海外在住生活で10年を超えました。 >>記事ページ一覧はこちら
Contact: Website