新宿在住者がおすすめ!新宿周辺のおいしいグルメを巡って紹介!

ラーメンヤスオ(南新宿)
筆者撮影:ラーメンヤスオ(南新宿)

東京都心の地理的中心に位置し、ターミナル駅として人が集まる新宿駅と新宿の街。この街は言わずと知れた繁華街、ショッピング、グルメなどのスポットの宝庫となっています。
私は東京出身で、現在は新宿在住ですが、新宿の街はグルメはもちろん、買い物などでよく街を歩き回りますが、本当に様々なグルメスポットが溢れかえっています!

ディナー・ランチ・飲みの場など、一体どこに行けばグルメを楽しめるのか?という疑問を持つ方のために、普段私が生活する中で訪れる、おすすめの新宿のグルメスポットを紹介します!

 

■目次 〜新宿のおすすめグルメ〜 

1. 新宿の居酒屋

2. 新宿のラーメン屋

3. 新宿の肉系のお店

4. 新宿の洋食・多国籍などのお店

5. 新宿の寿司屋

 

新宿の居酒屋

山根商店: 東新宿の隠れ家的な焼き鳥居酒屋で、ちょい飲みがおすすめ

新宿のおすすめグルメ:山根商店
筆者撮影:山根商店

東新宿の周辺に住んでいる人であっても、このお店の存在に気づかない人も多いかも知れませんが、この焼鳥居酒屋は味と雰囲気が格別で、ちょい飲みには是非おすすめです!
お店の外観ですが、このようにビニールで覆われており、簡易な感じでこじんまりした雰囲気が伝わってきます。 外からも見える焼き鳥の焼台では、お店を運営するお母さんがよく焼き鳥を焼いている風景が見えます。

 

新宿のおすすめグルメ:山根商店 メニュー
筆者撮影:山根商店
新宿のおすすめグルメ:山根商店 店内・瓶ビール
筆者撮影:山根商店

中に入ってみると、普通の居酒屋とは全く違う光景です。椅子などは無く、立呑みスタイルで、なおかつテーブルも調理台のような簡易なものを使っており、本当にこれで良いのかな?と初めは思ってしまいました。
壁に貼られたメニュー表は簡易で、品数は他の居酒屋に比べれば少ないですね。 値段は割とリーズナブル。

 

新宿のおすすめグルメ:山根商店 焼き鳥
筆者撮影:山根商店
新宿のおすすめグルメ:山根商店 ガツ
筆者撮影:山根商店

しかし、試しに焼き鳥やガツなどを注文してみると、これが本当に美味しかったです! そこいらの普通の居酒屋で出される焼き鳥とは、まず肉のクオリティが違うようで、とても柔らかくてジューシー。そして焼き加減も丁度よい。

このお店は、夕方の17時ころから20時位まで営業しており、日曜日は定休日だそうです。お店のお母さんに聞いたところ、お客さんが居ない場合、20時より早くに閉めちゃうこともあるそう。
混雑した新宿の中心部から少し歩けばたどり着く、この東新宿の穴場・隠れ家的な焼き鳥居酒屋は、是非おすすめです。 地元の中年層のお客さんが何人かで楽しそうに立呑みをしている姿が印象的な、焼き鳥の美味しいちょい飲み居酒屋です。

■観光スポット: 山根商店
・住所/ロケーション: 〒160-0022 東京都新宿区新宿6丁目27−11
・Googleマップ: 山根商店
・公式/参考サイト: 山根商店(食べログページ)
・営業時間: 17時00分~20時00分くらい (店主曰く、お客さんがいないと早く閉めるとのこと)
・定休日: 日曜日、ほか

 

ありがとう: 新宿3丁目のこじんまりした家庭的な居酒屋

新宿のおすすめグルメ:立ち飲み ありがとう 店内
筆者撮影:立ち飲み ありがとう
新宿のおすすめグルメ:立ち飲み ありがとう さばの味噌煮
筆者撮影:立ち飲み ありがとう

新宿3丁目の伊勢丹側とは反対の、新宿2丁目へと繋がる大通りに面した一角にあるのが、この「ありがとう」です。
ちょっと変わった居酒屋の名前ですが、お店の前にある看板には蟻が10匹書かれてもおり、伺ったことは無いですがギャグにもなっている模様です。。

ここのお店は、ロケーション的には新宿3丁目の最も賑わう所から抜け出した所にあることもあり、少しゆっくりと落ち着いて日本の良き古き家庭の台所のようなカウンター席でしっぽりと飲むことができます。
カウンターの上には魚料理などの和食を始め、春巻き、サラダなど色々な料理が並べてあり、今日は何があるか、何がおすすめかなどを店員さんに聞くと、優しく教えてくれますよ。

個人的にはこのお店については、オーナーさんと話をするのが面白いと思います。 料理やお酒のことはもちろん、気さくにお客さんと触れ合って話を盛り上げてくるため、とても居心地がよく感じられました。

■観光スポット: ありがとう
・住所/ロケーション: 〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目8−8 新宿O・Tビル
・Googleマップ: ありがとう
・公式/参考サイト: ありがとう(食べログページ)
・営業時間: 16時00分~3時00分
・定休日: 不定休の模様

 

ハルチカ(食堂酒場ハル★チカ): 新宿駅西口地下のちょっと隠れた食堂酒場

新宿のおすすめグルメ:ハルチカ お店
筆者撮影:ハルチカ お店
新宿のおすすめグルメ:ハルチカ 入り口
筆者撮影:ハルチカ 入り口

新宿駅西口の地下には、「こんな所に飲み屋街があったの?」と思う方も多いと思いますが、「食堂酒場ハル★チカ」という、アジアの食堂街のような雰囲気の飲み屋街があります。
このフロアにはいくつかの飲み屋・飲食店がお店を運営しており、お酒や料理を楽しむことができます。

お店の種類としては、下記のように色々なフードジャンルのグルメがあります。
・オリーブ+オリーブ: スペインバルを基本にリゾート感を出したリゾートバル
・山ト天: ラーメン文化の最終形態、山ト天”油そば” (東京名物、スープのない濃厚ラーメン)
・串かつでんがな: お馴染みの大阪スタイルの串カツ居酒屋
などなど

■観光スポット: 食堂酒場ハル★チカ
・住所/ロケーション: 〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目5−1
・Googleマップ: 食堂酒場ハル★チカ
・公式/参考サイト: 新宿西口ハルク
・営業時間: 10:00~24:00 (店舗により異なる場合あり)
・定休日: 不定休の模様

 

(新宿西口) 思い出横丁: 訪日旅行者からも大注目のグルメ & 昭和レトロスポット

新宿のおすすめグルメ:思い出横丁 入り口
筆者撮影:思い出横丁
新宿のおすすめグルメ:思い出横丁 居酒屋通り
筆者撮影:思い出横丁

新宿駅西口からすぐのところにある「思い出横丁」。このスポットも新宿でちょっとユニークな体験をしながらグルメを楽しむのにぴったりですね。
この横丁は人が何とか行き来しあえるくらいの細い路地が数百メートルくらい続き、左右には数々のこじんまりした、焼き鳥・もつ焼き・おでんなどの居酒屋さんなどが軒を連ねています。

赤提灯の吊るされた数々の居酒屋は、いつ来ても多くのお客さんで賑わっていて、思うように席を確保できないことも多いですね。 色々なお店を見て回って時間を潰したり、横丁から一本通りを線路側に出ると他の居酒屋が何軒かあるので、そちらを見ても良いかも知れません。

■観光スポット: 思い出横丁
・住所/ロケーション: 〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目2
・Googleマップ: 思い出横丁
・公式/参考サイト: 思い出横丁

 

新橋魚金 歌舞伎町 弐: 魚・海鮮グルメの定番居酒屋! 話題の3点盛りはコスパも良し

新宿のおすすめグルメ:新橋魚金 歌舞伎町 弐 刺し身
筆者撮影:新橋魚金 歌舞伎町 弐
新宿のおすすめグルメ:新橋魚金 歌舞伎町 弐 シーフードフライ
筆者撮影:新橋魚金 歌舞伎町 弐

新宿でお酒を飲みながらグループでわいわいとグルメを楽しみたいなら、やっぱり定番の魚金はおすすめです。 新宿・歌舞伎町の東宝シネマのビルのすぐ近くのビルに、こちらの魚金のお店はあります。
1995年に新橋駅に居酒屋魚金は誕生し、「どこのお店より、少しでも良いものを少しでも安く、たっぷりとご提供したい」という思いで運営している通り、本当にこのお店はコスパも良く、良い魚・海鮮グルメをたっぷりと堪能できます!

特によく話題になるのは、刺身の「3点盛り」や「6点盛り」ですね。3点盛りなのに実際には7種類、6点盛りなのに12種類もの刺身が提供され、それぞれ1280円、1980円でとてもコスパが良いです!
他にも煮魚やフライの魚介グルメもおすすめで、それぞれとても豪快で味も新鮮で美味しいですね。 海鮮グルメ好きや、ガッツリと食べたい方にもおすすめの魚金、新宿にはイタリアンのお店も含め何店舗かあるので、気になったら是非おすすめです。

■観光スポット: 新橋魚金 歌舞伎町 弐
・住所/ロケーション: 〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1-18-9
・Googleマップ: 新橋魚金 歌舞伎町 弐
・公式/参考サイト: 株式会社 魚金
・営業時間
- 平日: 17:00~23:30
- 土日・祝日: 16:00~23:00


 
 

新宿のラーメン

すごい煮干ラーメン凪 新宿ゴールデン街店本館: ゴールデン街のど真ん中! 真夜中でも食べられるすごいラーメン

新宿のおすすめグルメ:すごい煮干ラーメン凪 新宿ゴールデン街店本館
筆者撮影:すごい煮干ラーメン凪 新宿ゴールデン街店本館

ラーメン好きなら知っている人も多い、「ラーメン凪」。ゴールデン街にあるこちらのお店は、ラーメン凪の本店ということもあり、ラーメン好きなら是非訪れたいですね。
またこの店舗は24時間営業ということで、真夜中に行っても美味しいラーメン凪のらーめんを食べられます! 私は家が比較的近くなので、ゴールデン街で飲み歩いた後の真夜中に訪問したことがありますが、確かに真夜中でも営業していて、美味しいラーメンを頂くことができました。

こちらの店舗はまさにゴールデン街のど真ん中に位置し、ゴールデン街ならではの細い路地、バーの間の2階の小さな階段の上で営業しています。 狭いゴールデン街の路地、且つ、2階の店舗なので、ラーメン凪がある建物の外では、建物を巻くように人集りができている光景も面白いです。

1杯のラーメンには、なんと煮干50gも使われており、濃厚なスープからは煮干しのいい匂いがしてきて、クセになる美味しさですね。食べログサイトの 「ラーメン 百名店2017」の受賞店ということもあり、多くの人がこのラーメンを支持している点も、是非食べてみたいと思わせてくれますね。

■観光スポット: すごい煮干ラーメン凪 新宿ゴールデン街店 本館
・住所/ロケーション: 〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1丁目1−10
・Googleマップ: すごい煮干ラーメン凪 新宿ゴールデン街店 本館
・公式/参考サイト: ラーメン凪(公式サイト)
・営業時間(Googleマップ情報より): 24時間営業

 

ラーメン餃子館 小次郎 新宿店: 落ち着いた醤油味のスープと黄金の麺! チャーシュー麺がおすすめ

新宿のおすすめグルメ:ラーメン餃子館 小次郎 新宿店
筆者撮影:ラーメン餃子館 小次郎 新宿店

こちらの「ラーメン餃子館 小次郎」は、どちらかというとあっさり目のラーメンや、中華料理全般、またアルコールを飲みたい人などにおすすめです。
営業時間は朝方の4時までやっているので、遅い時間に小腹が空いた時などでも行けるのでとても便利です。また、持ち帰り用の容器もあり、テイクアウトのオーダーも可能。
場所柄、夜の仕事をしている人たちがよく夜遅くに利用している光景を見たり、ちょっと変わった会話が聞こえることも。。

ラーメンの味はというと、人によれば恐らく昔ながらの中華麺と表現する人も多そうなノーマルな醤油ラーメンですね。
私はこってり目のラーメンも好きですが、たまにあっさりした、でもしっかり量や食べごたえも欲しいのですが、そんな時はここの「チャーシュー麺」をオーダーします。
ここのチャーシューは良い柔らかさがあり、あっさりした醤油スープと食べごたえのある黄金色の麺ととてもマッチして、一見どこにでもありそうなラーメンですが、個人的にはイチオシ、他ではあまり味わうことができないラーメンだと思っています。

■観光スポット: ラーメン餃子館 小次郎 新宿店
・住所/ロケーション: 〒1690072 東京都新宿区大久保1丁目1−2
・Googleマップ: ラーメン餃子館 小次郎 新宿店
・公式/参考サイト: ラーメン餃子館 小次郎(公式サイト)
・営業時間: 11時00分~4時00分

 

桂花ラーメン 新宿末広店: 濃厚スープ・肉・野菜も堪能できる定番の熊本ラーメン! (新宿3丁目の店舗)

新宿のおすすめグルメ:桂花ラーメン
筆者撮影:桂花ラーメン

こちらの「桂花ラーメン」は、新宿駅周辺だけでも数店舗あり、また東京出店50年以上の歴史もあるため、ラーメン好きには定番のお店となっていますね。

桂花ラーメンは熊本で昭和30年にできたラーメン店で、「自然との和」を一つの信念としていることもあり、たっぷりと盛られた生キャベツのほんのり甘く、シャキシャキした食感がクセになります。
とろけるような美味しさの豚の角煮「太肉」(ターロー)と、かための太麺、そして豚骨と鶏ガラが使われた(個人的には匂いが若干キツいがクセになる)スープが、絶妙にマッチします。

飲み屋が連なる新宿三丁目の通りにもこの桂花ラーメンがあるので、飲んだ後にどうしてもラーメンが食べたいときや、買い物などで新宿に訪れた時のランチ時などにぜひ利用してみてください!

■観光スポット: 桂花ラーメン 新宿末広店
・住所/ロケーション: 〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目7−2
・Googleマップ: 桂花ラーメン 新宿末広店
・公式/参考サイト: 桂花ラーメン(公式サイト)
・営業時間 (開店〜ラストオーダーの時間)
 - 月~木・土曜日: 11:00~23:15
 - 金曜日: 11:00~翌朝3:30
 - 日曜日: 11:00~22:00

 

らーめん佐高: 新宿御苑前のひっそりとシンプル、コスパの良い美味しいラーメン

新宿のおすすめグルメ:らーめん佐高
筆者撮影:らーめん佐高

ラーメン屋がちらほら点在している新宿御苑前駅の周辺エリアに、ひっそりとある「らーめん佐高」。
ここのラーメンは、あっさりシンプルな中華麺という印象ですが、個人的には醤油味のスープが最後まで飲み干したくなるような美味しさでした。

初めて訪れてみて少し驚いたのが、店内の壁などに何もメニューの文字や写真がないこと。至極シンプルなお店の内観で、こんなラーメン屋の内側は初めて見たと思います。
それでも掃除が行き届いているためか、厨房の隅から隅にかけてまで、非常に綺麗なお店だなという印象を持ちました。

入ってすぐのカウンターの上にあるメニュー表にも写真もなく文字だけであったため、どんなラーメンなのかワクワクしました。(事前調査をしたほうが良さそうですね。)
また、ここの普通のラーメンは550円というお値段なのですが、新宿周辺でこのシンプルな美味しさでこの価格は、とてもコスパが良いと言わざるを得ないでしょうね。
その他のメニューでは、納豆やバターを入れたちょっと変わったラーメンもあるようなので、色々トライしてみると良さそうです。

■観光スポット: らーめん佐高
・住所/ロケーション: 〒160-0022 東京都新宿区新宿1丁目17−9
・Googleマップ: らーめん佐高
・公式/参考サイト: らーめん佐高(食べログページ)
・営業時間
 - 月曜〜金曜日: 11時30分~21時00分
 - 土曜日: 11時30分~15時00分
・定休日: 日曜日

 

ラーメン ヤスオ: うどんのような「ラうどん」は、こってりクセになる人続出!?

ラーメンヤスオ(南新宿)
筆者撮影:ラーメンヤスオ(南新宿)

当たり前のラーメンに飽きた人は、ぜひこちらの「ラーメン ヤスオ」の一風変わった「ラうどん」にトライしてみましょう!
場所は新宿近辺から少し離れていますが、新宿駅南口やサザンテラス口付近からも足を伸ばせる、小田急線南新宿駅のすぐ近くにあります。 代々木駅からも徒歩圏内ですね。
少し奥まった路地の中にあるため、地図を見て探すと良さそうです。 お店の前には分かりやすい看板もあります。

このお店の「ラうどん」ですが、見た目はとってもこってりしていそうで、二郎系ラーメンか家系ラーメンのような風貌をしています。一方の味はと言うと、そこまでこってりしすぎず、マイルドなスープとしっかりしたうどんのような麺がよく合っていて、とっても美味でした。
食べる前にニンニク、生姜のトッピングを聞かれるのですが、私は生姜を試してみて、とても気に入りました。ラーメンやうどんの麺料理・グルメ、また、変わり物グルメが好きな方に是非おすすめです!

■観光スポット: ラーメン ヤスオ
・住所/ロケーション: 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2丁目29−3
・Googleマップ: ラーメン ヤスオ
・公式/参考サイト: ラーメン ヤスオ(Twitter)
・営業時間
 - 月~金曜日: 11時30分~19時30分
 - 土曜日: 11時30分~15時00分
・定休日: 日曜日

 

油君 油そば専門店 新宿店: マイルドで食べやすい油そば! 静かな新宿御苑前エリアでランチもお得!

新宿のおすすめグルメ:油君 油そば専門店 新宿店
筆者撮影:油君 油そば専門店 新宿店

こちらの新宿御苑前周辺エリアに位置する「油君 油そば専門店 新宿店」は、ラーメン好きにも、油そばが初めての方にも、是非おすすめしたい油そばの専門店です。
新宿で無性にラーメンや油そばを食べたくなり、でも新宿の中心部の雑多なところには行きたくない・・ そんな時に食べログやGoogleのレビューを見て、訪問してみました。

レビューからは、良い評判のものが多めですが、割と至って普通の油そばである、というような意見が多そうでした。 私は普段そこまで油そばを頻繁に食べないため、ノーマルなお店ということで、比較的安心して訪れることができました。

実際にお店で油そばを頂くと、これがお世辞抜きにとても美味しい! 確かに比較的普通の油そばのようで、油がキツ過ぎもせず、麺はラーメン屋さんでも時々食す中太麺のような見た目と食感でした。
カウンター席の前には「おいしい食べ方」が下記のように書かれており、それに沿って食べてみましたが、お店がお勧めするように山椒を混ぜて食べるのが、良い風味とザクザク感が出てとても美味しかったです!

①単純に混ぜて食べる

②好みでラー油・山椒・酢を混ぜて食べる

③残った油のタレにご飯と卵を混ぜて食べる

私は夜に訪問して普通の油そば(650円)を注文しましたが、濃厚油そば(750円)、辛油そば(780円)などのバリエーションがあり、それぞれ並盛り・大盛り・特盛が同じお値段でお得です。
更に、他サイトのレビューによると、ランチタイムは油そばとライスがついたセットメニューで、なんと500円なのだそうで、とってもコスパが良いですね!

お店の店主さんも親切そうな方で、常連さんと思われる方たちと楽しそうに会話をしていて、印象もとても良いです。 油そば好きも、初めて挑戦する人にも是非おすすめしたい油そば専門店です!

■観光スポット: 油君 油そば専門店 新宿店
・住所/ロケーション: 〒160-0022 東京都新宿区新宿2丁目7 新宿2丁目7−1不二川ビル一階
・Googleマップ: 油君 油そば専門店 新宿店
・公式/参考サイト: 油君 油そば専門店 新宿店(食べログページ)
・営業時間/定休日: 不詳(お店で要確認)
・電話番号: 03-6273-0284(Googleマップ参照)

 

航海屋 新宿店: 濃厚な煮干しラーメンと名物チャーシューおこわがおすすめ! 過去のメディア露出も多い話題のお店

新宿のおすすめグルメ:航海屋 新宿店 濃厚煮干しラーメン
筆者撮影:航海屋 新宿店 濃厚煮干しラーメン

居酒屋・バーなどがたくさん軒を連ねる新宿三丁目の路地に、おすすめしたいラーメン屋さん「航海屋 新宿店」があります。
こちらのラーメン屋さんは、スープとチャーシューにこだわりをもって作られており、こってりしすぎず、でもしっかりと煮干しスープの濃厚さを楽しめる、とてもおすすめのラーメン屋さんだと思います。

スープはかつお系魚介と鶏ガラ(豚骨は使用していない)の2種類を合わせたダブルスープとなっているのがおいしい秘訣のようです。
魚介スープには、かつお、うるめいわし、焼きアゴを合わせた独自の製法で仕込んでおり、香りの強い魚介スープとなっています。 本当に最後まで飲み干したくなるくらい、美味しいスープでした!

チャーシューには鹿児島産黒豚のバラ肉が使われているとのこと。ホームページや店内のメニューでも取り上げられていますが、「チャーシューおこわ」という航海屋の名物料理が人気だそうです。
なんとランチタイムだと、このチャーシューおこわが100円で、しかも3杯までおかわりできるということで、大食いの人にはおすすめですね。

店内の壁にはこれまでにメディア取材された経歴や資料、有名人のサインでもいっぱい!
丸くカウンター席が並べてあり、昔風の中華屋の雰囲気も味わえ、特に夜の遅い時間などは落ち着くお店だなと思いました。
新宿三丁目で美味しい魚介スープのラーメンを食べたい方は、是非おすすめです!

■観光スポット: 航海屋 新宿店
・住所/ロケーション: 〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目12−124
・Googleマップ: 航海屋 新宿店
・公式/参考サイト: 航海屋 新宿店(公式サイト)
・営業時間
 - 月~土曜・祝: AM11:00~深夜1:00
 - 日曜: AM11:00~PM9:00
・定休日: 年中無休

 

鈴蘭 新宿店: 魚介系スープがうまいラーメン! 100円の炊き込みご飯もお得でおいしい

新宿のおすすめグルメ:鈴蘭 新宿店(ラーメン)
筆者撮影:鈴蘭 新宿店(ラーメン)

新宿三丁目の飲み屋・バーが密集する通りの、靖国通りの大通り近くにある「鈴蘭 新宿店」。
こちらのラーメン屋は、スープや炊き込みご飯にふんだんに魚介系素材を活用していて、魚介好きには是非オススメしたいお店です。

主なメニューは、海老つけ麺(800円)、中華そば(730円)、まぜそば(700円)など。他にも「特製」という名前が頭に入ったラーメン・つけ麺・まぜそばもあり、トッピングなどが豪華になっています。
写真は訪問時に注文した、特製もりそば(950円)ですが、薄めのローストビーフのようなチャーシューと、コロコロしたサイコロ型のチャーシューで覆われていて、チャーシュー・肉好きにはおすすめ。

以前には普通の中華そばを頼みましたが、ふんだんに使われた濃厚な煮干しスープはもちろん、たしか海老の風味も感じられたかと思いますが、とても美味しかったのを覚えています。
また、その日によって具材が変わるようですが、イカやタコを混ぜ合わせた炊き込みご飯もあり、こちらは100円とリーズナブルでいて、具がしっかりと入っていて味も美味しかったですね。

■観光スポット: 鈴蘭 新宿店
・住所/ロケーション: 〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目11−12
・Googleマップ: 鈴蘭 新宿店
・公式/参考サイト: 鈴蘭 新宿店(アメブロ)
・営業時間: 11時00分~0時00分(日曜は23時閉店)
・定休日: 無休(食べログサイト参照)

 
 

新宿の肉系のお店

幸永 本店: ホルモン好きにおすすめしたい、東新宿の小さなランドマーク的な焼き肉屋

新宿のおすすめグルメ:幸永 本店(ホルモン・焼き肉)
筆者撮影:幸永 本店

こちらの東新宿駅すぐ近く、大通りに沿った所にある焼肉屋さん「幸永 本店」は、美味しい肉やホルモンの焼き肉が食べられる、肉のクオリティが高めでいて、リーズナブルなおすすめのお店です。
お店の前を通ると、昼でも夜でも煙とともに良い匂いが通りに漂い、ついつい入ってしまいたくなります。

幸永ではホルモンを特に推しているようで、「極みホルモン」というメニューがあります。 お店曰く、「やわらかさ、脂身の甘みにおいて昔からのホルモンの常識を覆す絶品」とまで言っていますが、確かにとろけるような食感と美味しさが口に広がる絶品でした。 美味しいホルモンや焼き肉好きの人は、夜遅くまで(朝まで)営業しているので、ぜひトライしてみて下さい!

■観光スポット: 幸永 本店
・住所/ロケーション: 〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎2丁目2−4−11
・Googleマップ: 幸永 本店
・公式/参考サイト: 幸永 本店(公式サイト)
・営業時間: 11:30〜翌5:00
・定休日: 年中無休

 
 

新宿の洋食・多国籍などのお店

Pizza k(ピザ ケイ): 東新宿のユニークなイタリアンレストラン

新宿のおすすめグルメ:Pizza k(ピザ ケイ)
筆者撮影:Pizza k(ピザ ケイ)
新宿のおすすめグルメ:Pizza k(ピザ ケイ) たらこスパ
筆者撮影:Pizza k(ピザ ケイ)たらこスパ

東新宿の駅チカにある、外観も内観もユニーク、でも味は抜群のイタリアンが「pizza k(ピザ ケイ)」です。
こちらのお店はマンションの一階スペースを活用しており、入り口は小さめですが、入るとすぐに本格的なイタリアンの雰囲気が厨房から伝わってきます。
飲食をする席がある店内部スペースは、赤い壁にシャンデリアのような照明など、少し変わった雰囲気がまたおもしろいですね。

こちらのイタリアンのお店はランチもディナーも営業していて、それぞれのタイミングで楽しめるおすすめグルメがあります。
ランチタイムは、ピリ辛で美味しい「たらこスパ」がなんと500円! 大盛り・特盛のサイズや、他メニューとして「辛子明太スパ」(550円)、「クリームたらこスパ」(600円)などもあります。
辛さアップのオプションもあるので、たらこスパ好きや、辛いもの好きには是非オススメしたいです。

ディナータイムはやはりイタリアンということもあり、ピザや小皿料理、ワインもおすすめですね。 ピザの種類も様々あり、定番のマルゲリータやジェノベーゼのシーフードピザなどが、とても美味しかったですよ。
マンションの一階部分の不思議な空間と、本格的なイタリアングルメを堪能したい方は是非挑戦してみてください!

■観光スポット: Pizza k(ピザ ケイ)
・住所/ロケーション: 〒160-0022 東京都新宿区新宿7丁目27 新宿7-27-4 ライオンズマンション新宿第2 1F
・Googleマップ: Pizza k(ピザ ケイ)
・公式/参考サイト: Pizza k(食べログページ)
・営業時間(Googleマップ情報より)
 - 火~土曜: 17時00分~3時00分
 - 日曜・月曜: 17時00分~0時00分
・定休日: 不定休の模様

 
 

新宿の寿司屋

松喜鮨: 新宿3丁目のリーズナブルでいて、鮮度良く美味しいお寿司屋さん

新宿のおすすめグルメ:松喜鮨 3丁目店(新宿) 握り寿司
筆者撮影:松喜鮨 3丁目店(新宿)
新宿のおすすめグルメ:松喜鮨 3丁目店(新宿) ちらし寿司
筆者撮影:松喜鮨 3丁目店(新宿)

こちらの新宿3丁目のお寿司屋さん「松喜鮨」(まつきずし)は、特にランチタイムがおすすめ。握り寿司9貫と巻物に茶碗蒸しと海老の味噌汁がついて、700円!
お味の方も新鮮で美味しいお寿司でした。 他にもちらし寿司(同じく茶碗蒸しと味噌汁付き)は800円と、新宿エリアでランチに回転寿司以外でお寿司を堪能したい場合など、是非おすすめです。
店内はカウンターとテーブル席が半分くらいずつあり、落ち着いた雰囲気の中でお寿司を食べられますよ。

以前知人の寿司の板前さんから聞いた話では、一説によると、お寿司屋さんの美味しさを見分けるのには、「かんぴょう」を味わって判断することができるということを聞いたことがあります。
それは良いお寿司屋さんはかんぴょうまでも仕込みからきっちりと行うので、他の部分においても大概こだわりを持って寿司屋を営んでいることが多いそう。

あくまで一説でしかない話かもしれませんが、こちらのお寿司屋さんのかんぴょうは、しっかり仕込みがされていて、巻物が美味しかったですね。もちろん他の握り寿司やちらし寿司もおすすめです!

■観光スポット: 松喜鮨
・住所/ロケーション: 〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目8−2
・Googleマップ: 松喜鮨
・公式/参考サイト: 松喜鮨(食べログページ)
・営業時間: 11:00~翌5:00(食べログページ参照)

 
 

■ おわりに

グルメのお店が軒を連ねる新宿駅と周辺エリア。 定番から変り種グルメまで、本当に様々なトライしてみたいグルメがいっぱいですね!
新宿在住の筆者が、今後も色々なお店をトライして、このページを更新して情報提供していこうと思います。


About Satoshi Abe (安部 怜史) 13 Articles
Culturizeを運営。世界中や日本各地を旅して、生の旅行・観光情報をお届けします。 東京生まれ・東京在住。学生時代にアメリカ留学とアメリカ横断・縦断・一周、東南アジアの旅行を体験し、それから旅にのめり込みました。 日本で普段生活していても、"Couchsurfing"の無料民泊のホストで世界中の旅行者と交流をしています。 Culturize立上げ・運営以前は「Compathy Magazine」という旅行メディア(日本語・英語・中国語)の運営事業をリードし、月間閲覧数500万ほどの旅行サイトを構築しました。WEBマーケティング、開発、多言語チームの組成やマネジメントが得意です。 このサイトCulturizeと関連して運営する「Japanize」インバウンド観光イベント事業も含めて、国内・海外旅行事業を盛り上げていきます。 >>記事ページ一覧はこちら