岡山の名物料理・グルメのおすすめ20選を岡山出身の筆者が紹介: ランチ・ディナーの食事や駅周辺のお土産まで

岡山の名物料理・グルメのおすすめ20選を岡山出身の筆者が紹介: ランチ・ディナーの食事や駅周辺のお土産まで

岡山県は、北は山、南は海に面しており山の幸も海の幸も豊富な県です。
温暖な瀬戸内の気候で育った果物や鮮度の高い魚介類は、岡山に来たのなら堪能して欲しい食材です。

県外ではなかなか食べることのない料理も多く、面白いエピソードを持って生まれた料理も。
岡山県生まれ岡山県育ちの筆者も、今回そのエピソードを初めて知りましたが、祖先の食い意地遺伝子はしっかりと受け継いでいるな・・・!と感じました。(詳細は「備前ばら寿司」をご覧ください。)

今回は、岡山県人こだわりの昔から食べ続けられている料理をはじめ、B級グルメで話題になった料理やお土産などをご紹介したいと思います。

 

■目次: 岡山の名物料理・グルメ

<1ページ目>
1. えびめし: 岡山のB級グルメの名物
2. デミカツ丼: 岡山のご当地グルメ名物
3. ままかり(押し寿司・酢漬け): ニシン科の小魚
4. 備前ばら寿司: 岡山の海鮮などの食材を楽しめる名物寿司
5. ぶたかば重: 「かばくろ」のデカ盛りの名物グルメ
6. タコ飯: 瀬戸内海の新鮮なタコを味わえる倉敷名物グルメ

<2ページ目>
7. 津山ホルモンうどん: 津山の代表的な名物グルメ
8. 牡蠣 / 日生カキオコ: 瀬戸内海の冬の名物とお好み焼きのB級グルメ
9. あなごめし: 瀬戸内名物の穴子の駅弁グルメ
10. シャコ丼: 岡山の地元でとれた新鮮なシャコの名物グルメ
11. 千屋牛: 岡山が誇るブランド牛の高級名物グルメ
12. ひるぜん焼そば: 味噌ベースの甘辛タレ焼きそばの名物グルメ
13. 美咲たまごかけごはん: 地元の新鮮な食材を使った町おこしグルメ

<3ページ目>
14. 笠岡ラーメン: 煮鶏をトッピングした珍しい名物ラーメン
15. たまの温玉めし: 玉野市名産の穴子の焼き飯グルメ
16. さわら料理: 岡山の上質な鰆(さわら)の刺身や塩焼き
17. フルーツパフェ: 「果物王国」岡山のスイーツの名物グルメ
18. きびだんご: 岡山のお土産にも喜ばれる名物のお菓子
19. 大手まんぢゅう(饅頭): 良質の備前米を使った名物のお菓子
20. クレイジーアイスクリーム: インスタ映えの名物スイーツ

 

1. えびめし: 岡山のB級グルメの名物 (ランチやディナーの食事に)

えびめし屋/えびめし
写真参照:えびめし屋/えびめし(wikimedia)by Chen4

濃い茶色のご飯がインパクト大の「えびめし」は、カラメルソースやケチャップなどで味付けしたピラフのようなグルメです。
プリプリの海老に、ほんのり甘くて香ばしいご飯の味は病みつきになります。岡山以外ではまず見たことのない、岡山を代表するB級グルメです。

「えびめしや」は、まさにえびめし発祥のお店で長く地元の人に愛され、ご飯時には列ができるほどの人気ぶりです。
アレンジメニューも豊富で、「オムえびめし」やクリーミーな白カレーを添えた「黒ごはん白カレー」もあります。

ランチやディナーなどにがっつり食べたい時にオススメのグルメです。
また、スーパーには冷凍のえびめしやソースも売ってありますので、お土産にもいいですよ。

■岡山名物の料理・グルメの店
・場所/店名:えびめしや 万成店
・住所:岡山県岡山市北区万成西町2−53
・営業時間:11:00-22:00
・定休日:無休
・公式サイト:岡山名物えびめしやのえびめし(株式会社いんでいら)

 
 

2. デミカツ丼: 岡山のご当地グルメ名物 (ランチやディナーの食事に)

岡山市の名物「ドミカツ丼」(デミカツ丼)
写真参照:岡山市の名物「ドミカツ丼」(デミカツ丼)(wikimedia)by NY066

岡山でカツ丼と言えば、一般的な卵とじのカツ丼の他にデミカツ丼が挙げられます。
デミカツ丼はご飯の上にキャベツとカツを乗せ、たっぷりのドミグラスソースをかけたもので、濃厚なご飯がすすむお味です。

デミカツ丼発祥の有名店「味司 野村」は、なんと昭和6年創業です。
カツ丼専門店で、量やセットの選び方も豊富なのも魅力です。
卵とじカツ丼とデミカツ丼のセットが人気のようで、食べ比べも楽しめるお店です。

また、ラーメンとデミカツ丼のセットで人気な「やまと」は、お昼時には列ができるほど。
出汁を使うという点で、ラーメン屋さんがデミカツ丼を出している事が多いのも特徴です。

■岡山名物の料理・グルメの店
・場所/店名①:味司 野村
・住所: 岡山県岡山市北区平和町1−10
・営業時間:平日 11:00-14:30、17:30-21:00 / 土日祝 11:00-21:00
・定休日:無休
・関連サイト:味司 野村(食べログ)

・場所/店名②:やまと
・住所: 岡山県岡山市北区表町1丁目9−7
・営業時間:11:00-19:00
・定休日:火曜日
・公式サイト:やまと

 
 

3. ままかり(押し寿司・酢漬け): ニシン科の小魚の名物グルメ (居酒屋の食事やお土産に)

ままかり
写真参照:ままかり(wikimedia)by Kossy@FINEDAYS

昔から岡山の郷土料理として知られている「ママカリ」は、体長10センチほどの淡白でさっぱりとした魚です。
「ママカリ」は「飯借り」と書き、ご飯が進んで自分で用意したご飯じゃ足りず、他の家からご飯を借りてこなくちゃならないという意味から由来している名前なんです。

ママカリは唐揚げや刺身などでも食べられますが、岡山での定番は酢漬けです。
酢漬けにすると小骨も気にならず、噛むと魚の旨味とお酢が広がってとても美味しいです。

居酒屋ではママカリの酢漬けや押し寿しとして出されるほか、駅弁ではばら寿司に添えられていたりします。
お酒のアテとしても楽しめるので、居酒屋でお酒と一緒に楽しんでみてください。

■岡山名物の料理・グルメの店
・場所/店名:あちの郷 ままかり亭
・住所:岡山県倉敷市本町3−12
・営業時間:11:00-14:00、17:00-22:00
・定休日:月曜日
・公式サイト:あちの郷 ままかり亭

 
 

4. 備前ばら寿司: 岡山の海鮮食材を楽しめる名物寿司 (居酒屋・寿司屋の食事、お土産に)

「備前ばら寿司」は、瀬戸内海の魚と岡山の幸がたっぷりの美しい郷土料理です。
地域やお店によっては、「まつり寿司」や「隠し寿司」と呼ばれています。

椎茸などの煮物を刻んで混ぜたご飯の上に錦糸玉子をひき、ママカリ、穴子、サワラ、海老などの瀬戸内の魚とレンコン、エンドウ、たけのこがぎゅうぎゅうにのせられています。
色鮮やかで、たくさんの具材を楽しめることもありお祝いの席で出されることも多い料理です。

お寿司屋さんや居酒屋でも食べることができるほか、駅弁やスーパーのお弁当コーナーにも並んでいますので、岡山の名物のお土産にもおすすめです。

ちなみにこの「備前ばら寿司」は、江戸時代に一汁一菜の倹約生活を強いられた岡山庶民の反発精神からできたそうです。
ご飯に具材を隠して「ほら、一汁一菜でしょ。」と食べていたとか・・その「隠してでも美味しいもの食べたい」という食い意地がこのばら寿司には込められています。

■岡山名物の料理・グルメの店
・場所/店名:福寿司
・住所:岡山県岡山市北区奉還町2−16−17
・営業時間
 - 火〜土: 11:00-14:30、17:00-22:00
 - 日祝: 11:00-14:30、17:00-21:00
・定休日:月曜日
・公式サイト:福寿司

 
 

5. ぶたかば重: 「かばくろ」のデカ盛りの岡山名物・B級グルメ

「ぶたかば重」は一見、鰻重のように見えますが、のっているのは豚肉という岡山のB級グルメです。
お味は蒲焼き風で、甘辛のタレが豚肉にもご飯にも合います。

この「ぶたかば重」発祥のお店である「かばくろ総本店」では、濃厚なタレをつけて炭火で焼く香りが店内に漂っていて、それだけで白ご飯が食べられるほどのいい香り。

そのため、お重から盛り上がってはみ出るほどの「ご飯バカ盛り」もプラス300円で食べられます。
これぞB級グルメと感じる見た目です。がっつりご飯を食べたい時におすすめです。

■岡山名物の料理・グルメの店
・場所/店名:豚蒲焼専門店 かばくろ総本店
・住所:岡山県岡山市北区御津野々口189−1
・営業時間:平日 11:00-16:00 / 土日祝 11:00-21:00
・定休日:無休
・公式サイト:豚蒲焼専門店 かばくろ

 
 

6. タコ飯: 瀬戸内海の新鮮なタコを味わえる岡山・倉敷名物グルメ

本州と四国を結ぶ瀬戸大橋のすぐそばにある倉敷の下津井港は、真ダコの水揚げ港として有名です。
そのため、下津井のあたりでは、新鮮なタコを使った料理が有名です。中でも「タコ飯」は、岡山・倉敷に欠かせないタコ料理のグルメです。

茹でたタコ、米、もち米、調味料を入れて炊きます。
身の締まったタコと、旨味が染みたモチモチのご飯は、それだけで何杯も食べられます。

岡山市内の居酒屋さんでも締めとしてタコ飯を提供しているところも多く、また駅弁もあるので気軽に食べたり、お土産にすることもできます。

■岡山名物の料理・グルメの店
・場所/店名:元祖たこ料理 保乃家
・住所:岡山県倉敷市下津井1−9−33
・営業時間:11:00-21:00
・定休日:水曜日
・関連サイト:元祖たこ料理 保乃家(食べログ)

 
 

 


関連 & おすすめ旅行ページとPR




About ふよこ 4 Articles
旅が大好き。キレイな景色を見て、美味しいものを食べるのが1番の楽しみです。好奇心旺盛で雑食気味ですが、分かりやすい記事を心がけてます。 >>記事ページ一覧はこちら
Contact: Website