インディアナポリスの観光名所・おすすめ、お土産の買い物、治安状況をアメリカ・インディアナ在住の筆者が紹介

インディアナポリス中央図書館(公共図書館)
写真参照:Indianapolis-Marion County Public Library(wikimedia)by Brager

シカゴから3時間ほど離れた場所に位置する「インディアナ州インディアナポリス」
インディアナ州といっても、どんなところかわからないという方も多いのではないでしょうか?
インディアナ州は、あの有名歌手マイケルジャクソンの出身地でもあります。
また、インディアナポリスは世界的に有名なカーレースインディ500(インディアナポリス500マイルレース)の開催地でもあり、世界中から観光客が訪れます。

現時点では残念ながら日本からの直行便はありませんが、シカゴから乗り換え、またはレンタカーや電車などを利用して行くこともできます。

今回は、インディアナ州在住の私がインディアナポリスのおすすめ観光名所・場所・イベントから、買い物場所と、買い物品・お土産についてご紹介します。

合わせて旅行に行く前に知っておきたいインディアナポリスの治安や注意点についてもお話するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

■目次:インディアナ州インディアナポリス観光

<インディアナポリスのおすすめ観光名所・場所・イベント15選>
 1. サーキット/インディアナポリス・モーター・スピードウェイ
 2. インディ500(インディアナポリス500マイルレース)
 3. ホール・オブ・フェイム博物館(Indianapolis Motor Speedway Museum)
 4. インディアナポリス・インディアンズ: マイナーリーグの野球観戦
 5. インディアナポリス・コルツ: アメリカンフットボール(NFL)観戦
 6. インディアナ・ペイサーズ: バスケットボール(NBA)試合観戦
 7. インディアナポリス子供博物館(The Children’s Museum of Indianapolis)
 8. インディアナポリス動物園(Indianapolis Zoo)
 9. インディアナ・セントラル運河 (Indiana Central Canal)
 10. ホリデーパーク(Holliday Park)
 11. ホワイトリバー州立公園(White River State Park)
 12. フォートハリソン州立公園(Fort Harrison State Park)
 13. ダウンタウン マイル・スクエア
 14. ダウンタウンのおすすめの食事場所・お店
 15. Hollywood Casino

<インディアナポリスの買い物場所と、買い物品・お土産を紹介>
 1. エディンバーグ・プレミアム・アウトレット(ショッピングモール)
 2. ウォルマート(ショッピングモール)
 3. ウォルマートでおすすめの買い物品・お土産
 4. トレーダージョーズ(スーパーマーケット)
 5. トレーダージョーズで買い物品・お土産

<インディアナポリスの観光マップ・治安>
 - インディアナポリスと周辺の観光地図 (Googleマップ)
 - インディアナポリスの治安状況と注意点

 

1. インディアナポリスのおすすめ観光名所・場所・イベント15選

1-1.サーキット/インディアナポリス・モーター・スピードウェイ

Indianapolis Motor Speedway - Speedway, IN

インディアナポリスのスピードウェイ町に位置する「インディアナポリス・モーター・スピードウェイ」。

モータースポーツ「サーキット」の世界3大レースのひとつであるインディ500マイルの開催地としても利用されており、収容人数は約40万人とその大きさは、世界でもトップに入るほど。

1987年には国定歴史建造物にも選定されました。

敷地内にはミュージアムもあり、レースが開催されていない期間でも観光することができます。
また、バスを利用したサーキット内を観光するツアーも開催されており、レースカーを間近で見れたり、写真撮影をすることもできます。

■インディアナポリスの観光名所・おすすめ情報
・場所名:Indianapolis Motor Speedway(インディアナポリス・モーター・スピードウェイ)
・住所:4790 W 16th St, Indianapolis, IN 46222
・公式サイト:Indianapolis Motor Speedway(インディアナポリス・モーター・スピードウェイ)

 
 

1-2.インディ500(インディアナポリス500マイルレース)

インディ500とは、世界3大レースのひとつ「インディアナポリス500マイルレース」で、毎年5月になると「インディアナポリス・モーター・スピードウェイ」で開催されます。
2016年には100回目を迎え、歴史的にも大きなイベントとなっており、インディアナポリスの欠かせないイベントのひとつといえるでしょう。

観客は毎年20万人を超えるといわれており、国内だけでなく世界中からレースを鑑賞しに訪れます。
日本人でも選手として、松田秀士やヒロ松下、佐藤琢磨が出場しています。

5月にインディアナポリスに旅行へ行く予定の方は、ぜひ訪れてほしい観光地です!

 
 

1-3.ホール・オブ・フェイム博物館(Indianapolis Motor Speedway Museum)

Indianapolis Motor Speedway Museum

ホール・オブ・フェイム博物館とは、先ほど「インディアナポリス・モーター・スピードウェイ」でも紹介したスピードウェイに併設されている博物館です。

100年も続くインディ500の歴史や貴重なレースカーを鑑賞できるスペースがあります。
展示されているレースカーは、最新のものからレトロな雰囲気のある歴史的なものと車好きのこころを魅了します。

レースまで時間のある方や、レースが開催されていない時期だけれどインディ500に興味があるという方は、ぜひ立ち寄ってみてください。
トロフィーや記念品なども鑑賞することができますよ。

■インディアナポリスの観光名所・おすすめ情報
・場所名:ホール・オブ・フェイム博物館(Indianapolis Motor Speedway Museum)
・住所:4790 W 16th St, Indianapolis, IN 46222
・営業時間:9時~17時(3月~10月)、 9時~16時(11月~2月) / ※10月7日は9時~12時
・公式サイト:ホール・オブ・フェイム博物館(Indianapolis Motor Speedway Museum)

 
 

1-4.インディアナポリス・インディアンズ: マイナーリーグの野球観戦

Jacobs Field: The View from Section 518

インディアナポリスにはカーレースのほかにも、さまざまなスポーツが盛んにおこなわれています。

ここで紹介するのは、インディアナポリスに本拠地を置くマイナーリーグ野球チーム「インディアナポリス・インディアンズ(Indianapolis Indians)」。

マイナーリーグとは、日本でもよく耳にするメジャーリーグに対して小規模なリーグを示す言葉で、メジャーリーグベースボールの傘下に置かれています。

インディアナポリス・インディアンズの本拠地である「ヴィクトリー・フィールド」では、4月から9月上旬あたりまで試合がおこなわれているので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

■インディアナポリスの観光名所・おすすめ情報
・場所名:Victory Field
・住所:501 W Maryland St, Indianapolis, IN 46225
・公式サイト:インディアナポリス・インディアンズ(マイナーリーグのウェブサイト)

 
 

1-5.インディアナポリス・コルツ: アメリカンフットボール(NFL)観戦

アメリカといえば、「アメフト(アメリカンフットボール)」も有名ですね。
インディアナ州インディアナポリスに本拠地をおくNFLチームは、「インディアナポリス・コルツ」。
NFLの優勝決定戦スーパーボウルでは、2度の優勝経験を持ちます。

チケット料金は、20ドルから500ドルを超えるものまでシートによってさまざま。
高いものでは10万円ほどのシートもあるのだとか。
興味のある方は、早めに公式サイトなどでチケットを購入していくことをおすすめします。

また、アメフトの会場は、荷物の持ち込みルールが定められています。
カメラや双眼鏡、飲食物を禁止としている会場がほとんどなので、観戦前にはしっかりとその会場のルールを調べておきましょう。

■インディアナポリスの観光名所・おすすめ情報
・場所名:Indianapolis Colts (Lucas Oil Stadium)
・住所:500 S Capitol Ave, Indianapolis, IN 46225
・公式サイト:Indianapolis Colts

 
 

1-6.インディアナ・ペイサーズ: バスケットボール(NBA)試合観戦

インディアナポリスに本拠地を置く全米プロバスケットボールチーム「インディアナ・ペイサーズ」。

アメリカの中でも強豪チームとして知られており、NBAチャンピオン候補のひとつともいわれています。

その驚異的な強さからインディアナでは、バスケットボールはアメフトに並ぶ人気スポーツ観戦ともなっているのです。

インディアナポリスでバスケを観戦するには、バンカーズ・ライフ・フィールドハウスへ行きましょう!
約1万8千人を収容するスポーツアリーナで、バスケットボールのほかにコンサートやサーカスの会場としても利用されています。

■インディアナポリスの観光名所・おすすめ情報
・場所名:Indiana Pacers(Bankers Life Fieldhouse)
・住所:125 S Pennsylvania St, Indianapolis, IN 46204
・公式サイト
 - Indiana Pacers
 - Bankers Life Fieldhouse

 
 

1-7.インディアナポリス子供博物館(The Children’s Museum of Indianapolis)

BumbleBee

ダウンタウンの北側に位置する世界最大級の子供博物館「インディアナポリス子供博物館」。
大きな敷地に5階建ての建物が特徴で、12万点を超える展示物が展示されています。

はじめに目につくのが、建物の表に並ぶ2頭の等身大のブラキオサウルス!
その迫力に驚くこと間違いなしでしょう。

館内は、本物の恐竜の化石の展示コーナー、ボート作り体験、岩の壁を登れるアクティビティ体験、宇宙船に乗って地球について学べる体験、天気の良い日は外でスポーツ体験など、1日中かけて遊ぶことのできる工夫がなされています。

2階にはフード―コートも設備されているので、食事の心配もいりません。

チケット料金は、2歳~17歳の子供が16.25ドル、大人は20.25ドルとなっております。
事前に公式サイトでチケットを購入することもできますよ。

■インディアナポリスの観光名所・おすすめ情報
・場所名:インディアナポリス子供博物館(The Children’s Museum of Indianapolis)
・住所:3000 North Meridian Street, Indianapolis, IN 46208 
・営業時間:10時~17時
・公式サイト:インディアナポリス子供博物館(The Children’s Museum of Indianapolis)

 
 

1-8.インディアナポリス動物園(Indianapolis Zoo)

Indianapolis Zoo 019

水族館や植物園も設備されている「インディアナポリス動物園」。
3000種類以上の動物を観察できる大規模な動物園です。

園内には、乗り物を使って動物の情報を聞きながらぐるりと観光できるものや、子どもが楽しめる体験スペース、暖かい時期になると利用できる「クローガー スプラッシュ パーク」など、テーマパーク感覚も体験できます。

営業時間は季節によって変更する場合があるので、必ず事前にチェックするようにしてください。
私が訪れたときは、祝日で兵役の方が無料で入場できる日だったため、ものすごい混雑していました。
思いっきり楽しみたいという方は、休日や祝日を避けて平日に行くことをおすすめします!

■インディアナポリスの観光名所・おすすめ情報
・場所名:インディアナポリス動物園(Indianapolis Zoo)
・住所:1200 West Washington St. Indianapolis, IN 46222
・営業時間:9時~16時(季節によって変更あり)
・公式サイト:インディアナポリス動物園(Indianapolis Zoo)

 
 

1-9.インディアナ・セントラル運河 (Indiana Central Canal)

(インディアナ中央運河)

ホワイトリバー州立公園の近くに流れている運河「インディアナ・セントラル運河」。
インディアナポリスを代表する観光名所のひとつとしても知られています。

運河沿いには、遊歩道も整備されており、インディアナ・セントラル運河を眺めながら散策することができます。
また、二人乗り用の自転車をレンタルすることもできるので、サイクリングを楽しむこともできますよ。

■インディアナポリスの観光名所・おすすめ情報
・場所名:インディアナ・セントラル運河 (Indiana Central Canal)
・住所:Canal Walk, Indianapolis, IN 46202
・公式サイト:インディアナ・セントラル運河 (Indiana Central Canal)

 
 

1-10.ホリデーパーク(Holliday Park)

ダウンタウンから北に10キロほど離れた場所に位置する「ホリデーパーク」。
インディアナポリスにある最も古い公園といわれています。

敷地内には無料で入場できる「自然センター」があり、自然教室や体験型のアクティビティも開催しています。

また自然も豊かで、200種類以上の鳥やリス、うさぎ、キツネ、鹿、アライグマ、オポサムなどが見られます。
日本ではめったに見られない動物が多く出現するので、驚くかもしれませんが、実がアメリカでは日常的に見られる動物の一部だったりします。

アメリカでこそ体験できる貴重な体験をぜひ楽しんでみてくださいね!

■インディアナポリスの観光名所・おすすめ情報
・場所名:Holliday Park
・住所:6363 Spring Mill Road Indianapolis, IN 46260
・公式サイト:Holliday Park

 
 

1-11.ホワイトリバー州立公園(White River State Park)

White River State Park July 2016

東京ドーム約21個分の敷地面積をもつ「ホワイトリバー州立公園」。
博物館や美術館、動物園への通り道ともなっており、地元の方々や多くの観光客で賑わいます。

園内には遊具などはありませんが、ハイキングやピクニックを楽しめる野原があります。
また定期的に野外コンサートやフェスティバルがおこなわれているので、興味のある方は公式サイトでスケジュールをチェックしてみてください。

入園料無料で、年中無休にオープンしているのも、魅力のひとつです。

■インディアナポリスの観光名所・おすすめ情報
・場所名:White River State Park
・住所:801 W Washington St, Indianapolis, IN 46204
・公式サイト:White River State Park

 
 

1-12.フォートハリソン州立公園(Fort Harrison State Park)

フォートハリソン州立公園は、インディアナポリスから14キロほど離れた場所に位置する州立公園です。

6.8平方キロメートルもの広大な敷地の園内には散策をできる歩道も設備されているので、ハイキングコースとしてもおすすめ。

また、カヌーや釣り、ゴルフ、サイクリング、雪そり滑りと1年を通してさまざまなアクティビティを楽しむことができます。

乗馬レッスンも体験できるので、興味のある方はぜひお試しください!

■インディアナポリスの観光名所・おすすめ情報
・場所名:Fort Harrison State Park
・住所:6000N Post Rd, Indianapolis, IN 46216
・公式サイト:Fort Harrison State Park

 
 

1-13.ダウンタウン マイル・スクエア

View this post on Instagram

@sapsashがシェアした投稿

インディアナポリスにあるダウンタウン「マイル・スクエア」は、インディアナポリスを代表する都市のひとつです。

観光名所である「インディアナ州立公園」や「ホワイトリバー州立公園」から徒歩15分ほどの場所に位置します。

まずはインディアナポリスの街並みを観光したい、散策したいという方は、「マイル・スクエア」を目安にしてみてはいかがでしょうか?

■インディアナポリスの観光名所・おすすめ情報
・場所名:ダウンタウン マイル・スクエア
・関連サイト:マイルスクエア(Googleマップ)

 
 

1-14.ダウンタウンのおすすめの食事場所・お店

ダウンタウンでは、飲食店や雑貨や、コーヒーショップなどが立ち並びます。
今回はその中でもおすすめの店舗をご紹介していきます。

・Kilroy’s

Kilroy’sは、トルティーヤやサンドイッチ、ハンバーガーなどのアメリカン料理がメインの飲食店です。
ランチタイムには、ボリューム満点のランチメニューが8.99ドルで楽しめます。

また、夜にはバーアルコールを楽しむ方も多く、スポーツ観戦をしながら食事をすることができます。

■インディアナポリスの観光名所・おすすめ情報
・場所名:Kilroy's
・住所:201 S Meridian St, Indianapolis, IN 46225
・公式サイト:Kilroy's

 
・Hubbard & Cravens Coffee and Tea

インディアナポリス周辺を中心に店舗展開しているコーヒーショップ「Hubbard & Cravens Coffee and Tea」。
落ち着いた雰囲気で居心地の良い店内が特徴。
リッチなエスプレッソフレーバーを楽しみたいという方はぜひトライしてみてください!
スターバックスよりも、ハマってしまうかも!?

■インディアナポリスの観光名所・おすすめ情報
・場所名:Hubbard & Cravens Coffee and Tea
・住所:11 S Meridian St, Indianapolis, IN 46204
・公式サイト:Hubbard & Cravens Coffee and Tea

 
 

1-15.Hollywood Casino(ハリウッド カジノ)

Hollywood Casino Lawrenceburg
写真参照: Hollywood Casino Lawrenceburg(foursquare)by Lainy B.

アメリカに訪れたら、「カジノ」も体験してみましょう!
カジノといえば、本場のラスベガスをイメージする方も多いかもしれませんが、インディアナのカジノも楽しいですよ。

カジノは21歳から入場することができます。
館内は、夏場は冷房が効きすぎているくらいひんやりとしているので、上着などを持参するようにしましょう。

今回ご紹介するHollywood Casinoは、ホテルに併設されているカジノ会場。
テーマパークのような雰囲気の館内では、スロットやポーカー、テーブルゲームが楽しめます。

食事スペースやソフトドリンクが無料で利用できるドリンクコーナーも設置されていますよ。
スリル満点の賭け事を本場アメリカで体験してみてはいかがでしょうか?

■インディアナポリスの観光名所・おすすめ情報
・場所名:Hollywood Casino
・住所:777 Hollywood Blvd, Lawrenceburg, IN 47025
・公式サイト:Hollywood Casino Lawrenceburg

 
 

2.インディアナポリスの買い物場所と、買い物品・お土産を紹介

2-1.エディンバーグ・プレミアム・アウトレット(ショッピングモール)

エディンバーグにあるショッピングモール「エディンバーグ・プレミアム・アウトレット」。
インディアナポリスから車で35分ほどの場所に位置します。

85もの店舗が立ち並び、日本でも人気のCoachやAbercrombie & Fitch、American Eagleなどがアウトレット価格で販売されています。

モールといっても、駅ビルのように館内に店舗があるのではなく、1店舗ずつ立ち並んでいるのが特徴。
ペットの犬などを連れて歩いている地元の方たちもよく見かけます。

このモールに行って驚いたのは、「日本語の店内アナウンス」があること。
インディアナには、日本企業が徐々に進出してきているので、日本語対応のお店が増えてきているようです。
英語が苦手な方でも安心してお買い物をすることができますね!

■インディアナポリスの観光名所・おすすめ情報
・場所名:Edinburgh Premium Outlets
・住所:11622 NE Executive Dr, Edinburgh, IN 46124
・営業時間:10時~21時(月~土曜日)、 10時~19時(日曜日)
・公式サイト:Edinburgh Premium Outlets

 
 

2-2.ウォルマート(ショッピングモール)

Walmart

食品から日用品、衣類、家電など豊富な品揃えで、アメリカ生活には欠かせない世界最大のスーパーマーケットチェーン「ウォルマート」。
どのエリアにも1店舗は存在するので、「お土産を買い忘れた」なんてときや、「ちょっとした飲み物や夜食にスナックがほしいな」なんてときにも気軽に立ち寄ることができます。

また、ほかの店舗と比べても価格がお安く設定されているので、旅行の費用を少しでも節約したいという方にもおすすめ。

インディアナポリスにも、ウォルマートは何店舗か存在します。
店内には、サンドイッチ屋さんの「サブウェイ」やプレッツェルのお店、フライドチキンやポテトフライ、サラダなどを販売している「デリ」などが入っているのが一般的!

レジは通常のレジとセルフレジがあるので、英語に自信がない方でも安心です。

 
 

2-3.ウォルマートでおすすめの買い物品・お土産

ウォルマートといえば、年中激安価格でお買い物ができるのが魅力!

そんなウォルマートでは、お土産として使える「ばらまき土産」を購入するのに最適なスポットなのです。
例えば、Reese’sやHershey’sなどのチョコレートが大袋に入って販売されています。
ほとんどの店舗が24時間営業なので、帰国直前で何をお土産にすればよいのか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

そのほかにも、個人的なおすすめ商品を紹介します。

・ハンドソープ
ウォルマートでは、ハンドソープが安いもので1ドル以下から購入できます。
ニオイの種類も豊富で、帰国後もアメリカの雰囲気を楽しめるのがうれしいポイント。
重さもないので、キャリーバックに入れて持ち帰りやすいですよ。

 
・季節もの
ホリデーシーズンになると、その時期限定の商品や、グッズなどが販売されます。
7月のアメリカ独立記念日が近づくと、アメリカの国旗をデザインした商品がたくさん並べられます。
10月にはハロウィン、12月にはクリスマスとシーズングッズを購入するのもおすすめ。

■インディアナポリスの観光名所・おすすめ情報
・場所名:Walmart
・住所:4650 S Emerson Ave, Indianapolis, IN 46203
・営業時間:24時間
・公式サイト:Walmart

 
 

2-4.トレーダージョーズ(スーパーマーケット)

Trader Joe's

たくさんの日本人からも人気を集めているグロサリー・ストア「トレーダージョーズ」。
私もその日本人のひとりです!

トレーダージョーズの魅力といえば、健康によいオーガニック商品などが良心的な価格で販売されているところ。
また、食料品も美味しいものが多く、アメリカの食生活に飽きてしまったときは、トレーダージョーズのものを食べることがよくあります。

アメリカのセレブにも愛用者が多くいるのだとか。

インディアナポリスにあるトレーダージョーズは、衣料品などが販売されている「Ross Dress for Less」やピーナッツオイルを使った絶品ポテトフライが食べられる「Five guys」などが位置する場所に存在します。

ウォルマートに比べるとサイズは小さめですが、清潔感があり、品ぞろえも豊富です。

 
 

2-5.トレーダージョーズで買い物品・お土産

・エコバック

トレーダージョーズで外せないアイテムといえば「エコバック」。
アメリカ旅行に行った方が、インスタグラムなどのSNS上で写真を投稿するなどして、人気に火がつきました。
各州の限定デザインやノーマルデザインと、どれもかわいらしくて、すべてコンプリートしたくなるほど!
布製のものから、麻製や保冷機能のあるものまで販売されているので、お気に入りのデザインを探してみてください。

 
・チョコレート
お土産に板チョコなどのチョコレートを購入するのもおすすめ!
ひとつひとつのパッケージのデザインがかわいいので、もらった相手も喜ぶこと間違いなし。
チョコレートひとつでも、膨大な数の種類が販売されているので、じっくりと探してみてはいかがでしょうか?

 
・コスメ類
トレーダージョーズには、オーガニックのコスメ類が販売されていることでも有名。
ボディクリームや、ローション、オイルから、ヘアマスク、リップクリームや石鹸とその種類は数え切れぬほど…
ちなみにわたしが愛用しているのは、「ティーツリーオイル」。
シャンプーに混ぜたり、夏場のかゆみや虫刺されに利用したりと万能機能の最強のアイテムなのです。

■インディアナポリスの観光名所・おすすめ情報
・場所名:Trader Joe's
・住所:5473 E 82nd St, Indianapolis, IN 46250
・営業時間:8時~21時
・公式サイト:Trader Joe's

 
 

3. インディアナポリスと周辺の観光地図 (Googleマップ)

ご紹介したインディアナポリスと周辺の観光名所・おすすめスポット、ショッピングモールやお店を一つの地図(Googleマップ)でご紹介します。
インディアナポリスへ旅行などで滞在する時に、位置関係を把握してうまく観光・買い物することに活用して頂ければと思います。

>> 観光名所・おすすめスポット、ショッピングモール・お店を地図でチェック (別ページで地図を開く)

 
 

4. インディアナポリスの治安状況と注意点

Indianapolis
写真参照:Indianapolis(wikimedia)by tpsdave

インディアナポリスの治安はあまりよくないといわれています。
しかし、注意点さえ気を付けておけば安全に楽しく旅をすることができます。
いくつかの注意点を紹介するので、頭にいれておいてくださいね。

 
・人混みのない路地にはいかない
ダウンタウンには、人混みのある通りと、人混みがあまりない静かな通りが存在します。
初めての土地なので迷い込んでしまうこともあるかもしれませんが、観光や散策、お買い物をするときは必ず人混みを通るようにしましょう。

 
・大量の現金は持ち歩かない
日本はアメリカに比べると現金社会ですが、大量の現金は持ち歩かないようにしましょう。
もし、危ない人に遭遇し、現金を要求された場合は即座に渡すことをおすすめします。
現金さえ渡せば、自身は無傷でその場から逃れることができます。

 
・冬の時期は注意
インディアナの冬は最低⁻10度に達することもある雪国です。
冬には毎年雪が降り、日本でいう秋田県あたりと近い気候といわれています。
そのため、冬に観光予定の方は防寒具を多めに持参するようにしましょう。
また、レンタカーを借りる予定のある方は、細心の注意を払ってくださいね。

以上のポイントを中心に、インディアナポリスの観光が楽しい旅になるようにしてみてくださいね。


関連 & おすすめ旅行ページとPR




About KimuraChizuru 2 Articles
アメリカ在住5年目。在宅ライターです。 アメリカ在住だからこそ伝えられるアメリカの魅力を、多くの方たちに発信していきたいです! >>記事ページ一覧はこちら
Contact: Website