淡路島のショッピングモール・買い物施設のおすすめ: 服・お土産・雑貨の買い物、観光で楽しめる場所まで紹介

淡路島のショッピングモール・買い物施設のおすすめ: 服・お土産・雑貨の買い物、観光で楽しめる場所まで紹介

淡路島は古来より御食国(みけつくに)と呼ばれ、食材が豊富な島として知られています。
そんな淡路島の食材の質の高さは、朝廷に食材を提供してきたことからも伺い知れます。

長い歴史の中で、その豊富な海産物や農産物を加工する技術が培われてきましたが、現在では更に淡路島ならではの魅力をふんだんに盛り込み、他に類を見ない独自性が光を放っています。

このページでは、淡路島の特産品・お土産や、普段の洋服・ファッション雑貨などを扱うショッピングモール・買い物施設を取り上げ、その魅力をお伝えします。

 

■目次: 淡路島のショッピング・買い物施設

1. うずの丘大鳴門橋記念館: 有名観光地で、地元の特産・海鮮のお土産の買い物
2. 淡路ハイウェイオアシス: 海鮮や地元の食材のお土産も買える施設
3. そらみどう: 手作り雑貨とカフェのお店
4. 産直淡路島 赤い屋根: 海鮮や雑貨のショッピングセンター
5. 道の駅 東浦ターミナルパーク: 海鮮・農作物の特産品グルメ・お土産を買える観光施設
6. 淡路梅薫堂 江井工場: 線香・お香の買い物はもちろん、体験や見学ができる施設
7. 福良マルシェ: 地元淡路島産の海鮮や野菜を買い物できるお店
8. 吹き戻しの里: 子連れ家族に嬉しい、おもちゃの制作体験もできる施設
9. 魚彩館: 人気・新鮮な海産物直売所
10. ギャラリー土坐: 淡路島の地場産業「瓦」のギャラリー&カフェ
11. スーパーキンキ(志筑本店・東浦店): 淡路島の地産地消の食材・海鮮の格安の買い物
12. ファッションセンターしまむら津名店: 定番・手軽な洋服・ファッション雑貨のショッピング
13. イオン洲本店(イオン洲本ショッピングセンター): 淡路島最大規模のショッピングモール
14. イオン南淡路店: 洋服・雑貨・食品まで充実したショッピングモール
15. イオン淡路店: 地元の人が買い物に集まるショッピングセンター
16. FBI(First class Backpackers Inn.): 買い物まで楽しめるアウトドア・キャンプ場

 

1. うずの丘 大鳴門橋記念館: 有名観光地で、地元の特産・海鮮のお土産の買い物

うずの丘大鳴門橋記念館は、太平洋や瀬戸内海に囲まれた四国の山々を背景に、大鳴門橋や鳴門海峡を眺められる風光明媚な高台にあります。
大きな玉ねぎのオブジェが目印の施設です。

複合施設として充実しており、まる一日家族で楽しめます。
どのような施設があるかご紹介しますと、最大の見所である「うずしお科学館」を筆頭に、地元の特産品が豊富な味市場、展望台、絶景レストランうずの丘などの施設があります。

そして、うずしおを間近で体感出来る「うずしおクルーズ」が大人気です。なんと玉ねぎ版UFOキャッチャーがあるんですよ。親子で楽しめますね。

 ■淡路島におけるエリア・場所・アクセス方法
淡路島南インターチェンジより約2キロ
車で3分くらい

 ■ショッピング・買い物タイプ
・ファミリー層や年配夫婦などが対象となっています。
・お菓子やたまねぎアイテム、農家さんの新鮮野菜みやげ、海から取れた淡路島の幸など豊富にお土産を買い物できます。
・人気の淡路島たまねぎをはじめ、 オリジナル玉葱ドレッシングの調味料や、淡路牛ステーキが入ったユニークなレトルトカレーなど、 300品以上を数えます。

■淡路島のショッピング・買い物スポット
・場所/店名:うずの丘 大鳴門橋記念館
・住所/Googleマップ: 兵庫県南あわじ市福良字鳥取丙947-22 道の駅うずしお
・営業時間:9:00〜17:00(ショップ)  ※施設により詳細は異なる。
・公式/関連サイト:うずの丘 大鳴門橋記念館

 
 

2. 淡路ハイウェイオアシス: 海鮮や地元の食材のお土産も買える施設

淡路ハイウェイオアシスは兵庫県淡路島にあり、兵庫県立淡路島公園内に位置しており、淡路島の玄関口となる施設で、日本最大級のハイウェイオアシスです。

淡路島ならではの旬の味わいを堪能出来ます。海産物から練り物、取れたての野菜、スイーツ、地ビールまで、淡路島のご当地のお土産が揃っています。

売店は売れ筋商品の試食が豊富なので、試食してからお土産を購入出来るのが嬉しいですね。シースルーの観覧車はカップルの方に大人気ですし、無料のドッグランは愛犬家の方には最高の施設ですね。

 ■淡路島におけるエリア・場所・アクセス方法
淡路SA上下駐車場内より連絡道路で直結
明石海峡大橋を渡ってすぐ

 ■ショッピング・買い物タイプ
・ファミリー層が主体となっており、ドッグランがあることから犬同伴でも楽しめます。
・淡路玉ねぎドレッシング、淡路玉ねぎスープ、竹ちくわたけやん(半世紀以上のロングセラー)、ご当地キティなどが人気です。

■淡路島のショッピング・買い物スポット
・場所/店名:淡路ハイウェイオアシス
・住所/Googleマップ: 兵庫県淡路市岩屋大林2674-3
・営業時間:9時00分~20時00分(Googleマップ参照)
・公式/関連サイト:淡路ハイウェイオアシス

 
 

3. そらみどう: 手作り雑貨とカフェのお店

そらみどうは、手作り雑貨・生活雑貨のお店です。
陶芸、布小物、アクセサリー、ガラスなど、さまざまな作家さんによるあたたかい手作り作品がセレクトされています。

また、お店に小さな喫茶スペースがあり、のんびりと雑貨を眺めながらくつろげるスペースもあり、心地よくホッとできる空間を感じるお店です。

店に置いてある雑貨は作家さんによる1点物が多く、他では買えないおしゃれな品物がずらりと並んでいます。
店の奥にカフェスペースがあり、中国茶の工芸茶が味わえます。きび砂糖など身体によい素材を使った手作りケーキも好評です。

 ■淡路島におけるエリア・場所・アクセス方法
南あわじ市役所三原庁舎近く

 ■ショッピング・買い物タイプ
・主に、20代〜40代女性向けの、手作り雑貨・生活雑貨のお店
・下記が商品例
 - ニアリガイインテリアバスケット:5,940円
 - CHIHARUDESIGN藩主織ストール:8,700円
 - DOMELOのトートバッグ:6,800円

■淡路島のショッピング・買い物スポット
・場所/店名:そらみどう
・住所/Googleマップ: 兵庫県南あわじ市市福永427-5
・営業時間:10時30分〜19時00分
・公式/関連サイト:そらみどう

 
 

4. 産直淡路島 赤い屋根: 海鮮や雑貨のショッピングセンター

View this post on Instagram

しばうです。直営店内にて#インスタ映え スポット導入のお知らせです。 淡路島でも人気の古民家カフェ#ふくカフェ 様にて製造販売されている#淡路島basecoffee が昨日納品されました。ディスプレイは全てふくカフェ様におまかせ。『出来ました』と呼ばれ振り向くと、センスが爆発していました。 ・ ※淡路島basecoffee … コーヒーマイスターでもあるふくカフェ代表取締役自ら選び抜いた世界各国のコーヒー豆を淡路島で焙煎。それぞれの香りとコクをお楽しみ下さい。コンセプトは『レジャーやアウトドアシーンで楽しめるコーヒー』だそう。この夏#キャンプ に、#海水浴 のお供にいかがですか?

柴宇淡路食彩株式会社さん(@shibau.awaji.syokusai)がシェアした投稿 –

淡路島赤い屋根では、島の豊富な農畜海産産物や加工品を一堂に集めて販売しております。淡路島のさまざまな食材を厳選し、美味しいものばかりを一同に集めた総合物産センターです。

直売方式ですので、低価格で新鮮な商品を直接ご提供することができます。
銘菓、農産物、海産物、お線香、お香、お米、郷土民芸品に至るまで豊富な品揃えで、皆さんをお待ちしております。

毎年春になりますと、色々な農家の玉ねぎが集まり、玉ねぎ買いの人達で大変賑わいます。

 ■淡路島におけるエリア・場所・アクセス方法
神戸淡路鳴門自動車道 津名・一宮ICから200m
明石海峡大橋、もしくは大鳴門海峡大橋から車で20分

 ■ショッピング・買い物タイプ
・主にはご年配夫婦などに向いている買い物のお店です。
・玉ねぎ、釜揚げしらす、いかなご、ちりめん、みかん、淡路牛銘菓、生産高日本一のお線香など、淡路島の特産品が勢揃いです。

■淡路島のショッピング・買い物スポット
・場所/店名:産直淡路島 赤い屋根
・住所/Googleマップ: 兵庫県淡路市中田4139-4
・営業時間:9時00分〜17時00分
・公式/関連サイト:産直淡路島 赤い屋根

 
 

5. 道の駅 東浦ターミナルパーク: 海鮮・農作物の特産品グルメ・お土産を買える観光施設

道の駅 東浦ターミナルパーク
写真参照:道の駅 東浦ターミナルパーク(wikimedia)by KishujiRapid

道の駅東浦ターミナルパークは、高速「東浦」を出てすぐにあります。ターミナルというだけあってバスターミナルがあります。

淡路サービスエリアが混んでい時が多く、ここは割りと空いていることも多く、お土産屋も充実していますので大変おすすめです。
タコをそのままプレスして焼くタコの姿焼を実演販売などが好評です。焼きあがったタコは、食べやすいサイズに切ってもらえます。

農産物直売所や特産品コーナーなどがあり、今やマスコミでも話題の人気観光スポットの施設です。

 ■淡路島におけるエリア・場所・アクセス方法
淡路島の北東部の大阪湾に面しており、東浦バスターミナルのすぐ近く
東浦ICから車で3分くらい

 ■ショッピング・買い物タイプ
・主にファミリー層向けの買い物に向いています。
・日本一旨い鳴門金時や、淡路島のびわで作ったびわ大福、そして何よりタコの姿焼きが名物です。

■淡路島のショッピング・買い物スポット
・場所/店名:道の駅 東浦ターミナルパーク
・住所/Googleマップ: 兵庫県淡路市浦648
・営業時間:9時00分〜18時00分(農産物直売所)
・公式/関連サイト:東浦ターミナルパーク

 
 

6. 淡路梅薫堂 江井工場: 線香・お香の買い物はもちろん、体験や見学ができる施設

明治38年創業の淡路梅薫堂江井工場では、体験と工場見学ができます。
「新鮮な商品をリーズナブルな価格で!」をモットーに、線香・お香を製造販売しています。
また、お線香職人体験、お香づくり体験、匂袋づくり体験ができます。

淡路島の西海岸県道31号線、偏西風を利用して良いお線香を作るにあたり、淡路梅薫堂江井工場の二階と三階は、江井の中心地で西を向いており、大変適した一番条件の良い場所にあります。

「神仏お好み甘茶のお香は願いを叶う」といわれてご好評の「名物・好物甘茶香。仏様のご馳走願いを叶う」と噂に高い【甘茶香】が売れ筋です。

 ■淡路島におけるエリア・場所・アクセス方法
津名一宮インターから車で約16分、北淡インターから車で約18分
バスの場合、淡路交通江井バス停より徒歩5分くらい

 ■ショッピング・買い物タイプ
・主にはご年配の方向けです。
・甘茶香のお線香、備長炭麗のお線香、白壇初梅のお線香が売れ筋です。

■淡路島のショッピング・買い物スポット
・場所/店名:淡路梅薫堂 江井工場
・住所/Googleマップ: 兵庫県淡路市江井2738−2
・営業時間:9時00分~12時00分 / 13時00分~16時00分
・公式/関連サイト:淡路梅薫堂 江井工場

 
 

7. 福良マルシェ: 地元淡路島産の海鮮や野菜を買い物できるお店

『道の駅 福良/福良マルシェ』は、特に、島の漁港から毎日仕入れる天然物の魚や、毎朝収穫される新鮮な野菜が評判のお店です。

お店で販売している商品は全て地元淡路島産となっており、淡路島に来ていただいた方に、本物の淡路島の食材だけを提供することにこだわっています。

福良マルシェのスタッフは、生産者の方と密にコミュニケーションをとっています。商品の状態などを毎日確認することで、新鮮・安全・安心な商品をお届けしています。

 ■淡路島におけるエリア・場所・アクセス方法
道の駅福良、福良港うずしおクルーズからそれぞれ徒歩1分
高速バス「福良バス停」目の前

 ■ショッピング・買い物タイプ
・主にはご年配の夫婦向け。
・無添加の「島はちみつ」1030円(150g)や、淡路島産タマネギの甘みを生かした「野菜をおいしく食べられる黒酢玉ねぎドレッシング」650円、イチジクやタマネギ、オレンジなど、島名産の焼菓「島ケーキ1個165円 6個セット」970円、「おさしみわかめ」540円などが人気です。

■淡路島のショッピング・買い物スポット
・場所/店名:福良マルシェ
・住所/Googleマップ: 兵庫県南あわじ市福良甲1530−2
・営業時間:10時〜18時
・公式/関連サイト:福良マルシェ

 
 

8. 吹き戻しの里: 子連れ家族に嬉しい、おもちゃの制作体験もできる施設

吹き戻しとは、口にくわえてヒュ-と吹くとスルスルと伸びた後、先からクルクルと戻ってくる玩具です。ピロピロ笛やピーヒャラ笛など様々な呼び方で親しまれています。

国内で製造される吹き戻しの約80%は淡路島にある「吹き戻しの里」で作られています。また、日本で唯一の「吹き戻し」の製作体験ができる工場です。

製作体験コーナーで吹き戻し作りを体験できます。カンタンに吹き戻し作りを楽しめる他に、販売コーナーでは、赤いヘルメットから17本の「吹き戻し」が飛び出す『初日の出』や、32本の非売品の吹き戻しが遊べるコーナーがあります。

 ■淡路島におけるエリア・場所・アクセス方法
・自動車:神戸淡路鳴門道東浦ICから約8分、北淡ICから約16分
・バス:本四仁井バス停より徒歩で約20分
・あわ神あわ姫バス(コミュニティバス):吹き戻しの里バス停からすぐ

 ■ショッピング・買い物タイプ
・主には小さいお子様連れの家族向け。
・吹き戻しの里では、入場料を払うことで、吹き戻しの作成体験が出来ます。
 - 大人500円、子供300円
 - 製作体験セット・・・648円
 - じゃんけんピーヒャラ・・・648円
 - 地獄のピーヒャラ・・・1296円

■淡路島のショッピング・買い物スポット
・場所/店名:吹き戻しの里
・住所/Googleマップ: 兵庫県淡路市河内333−1
・営業時間(受付時間):10時〜11時半、13〜15時半
・公式/関連サイト:吹き戻しの里

 
 

9. 魚彩館: 人気・新鮮な海産物直売所

魚彩館は、丸山漁港内にある漁協直営の海産物直売所で、当日水揚げされた新鮮な魚介類や海産物を販売しているお店です。

魚は旬のうちに食べるに限りますよね。自然のものには食べて美味しい自然の時季があります。
活きのいい旬の食材が踊っており、通常の流通システムではお目にかかれない鮮度のよさが魚彩館にはあります。

最近では、観光ツアーの大型バスが出入りするくらいの人気ぶりです。
海の近くにあるので、景色は最高です。

 ■淡路島におけるエリア・場所・アクセス方法
海釣り公園入口近く
洲本バスターミナルからバスで50分
淡路南インターチェンジから車で10分

 ■ショッピング・買い物タイプ
・主にはご年配の方向けです。
・タコ、ひらめ、カサゴ、メバル、タイ、アナゴ、カレイ、ハマチなど鳴門海峡産の伊勢エビだって手に入ります。
・また、淡路島産の海苔も人気です。鮮度は保証付きで、しかもお値段格安です。宅配便も利用できます。

■淡路島のショッピング・買い物スポット
・場所/店名:魚彩館
・住所/Googleマップ: 兵庫県南あわじ市阿那賀1506−2
・営業時間:8時30分~17時30分(Googleマップ参照)

 
 

10. ギャラリー土坐: 淡路島の地場産業「瓦」のギャラリー&カフェ

淡路島の地場産業である瓦の製造をしている大栄窯業が、工場の一部を改造して開業したギャラリー&カフェがギャラリー土坐です。

瓦を使ったおしゃれなコースター・箸置きなどのデザイン・作成・販売・講習をしています。定期的に様々な催し物が行われています。

瓦の工場の2Fにギャラリーはあります。デザインは鬼面、花、菊、ワンピースなどさまざま。
結婚式の引き出物にも使われているそうです。瓦の特性でコースター上に水分をこぼしてもすぐに乾きます。

 ■淡路島におけるエリア・場所・アクセス方法
神戸淡路鳴門自動車道
西淡三原インターを降りて約10分

 ■ショッピング・買い物タイプ
・主にご年配の方や、子供連れの家族など向けです。
 - 島の箸坐・・・800円(税別)
 - 飾り坐・・・1600円(税別)
 - ちんまり瓦・・・500円(税別) など

■淡路島のショッピング・買い物スポット
・場所/店名:ギャラリー土坐 (大栄窯業)
・住所/Googleマップ: 兵庫県南あわじ市津井2124−2
・営業時間:9時〜16時
・公式/関連サイト:ギャラリー土坐

 
 

11. スーパーキンキ(志筑本店・東浦店): 淡路島の地産地消の食材・海鮮の格安の買い物

スーパーキンキは、新鮮で美味しいものを安く皆様のお手元にお届けすることを目標とします。
淡路島内の地産地消の食材にこだわった品揃えとなっています。

地元の生産物を中心とした新鮮な野菜・とれたての鮮魚、そして淡路ビーフの生鮮三品が中心です。
食品・日配・惣菜など各分野において、どこよりも新鮮で美味しいものを格安の値段で提供します。

店舗は二店舗で、志筑本店と東浦店です。
志筑本店は創業40年を迎え、お客様謝恩で無料足湯をオープンしています。

 ■淡路島におけるエリア・場所・アクセス方法
・スーパーキンキ志筑本店:神戸淡路鳴門道の津名一宮インターから約5分
・スーパーキンキ東浦店:神戸淡路鳴門道の東浦インターから約5分

 ■ショッピング・買い物タイプ
・主には主婦層が中心。
・下記が一部の地元の商品/食べ物のお土産の例
 - 淡路産湯だこ(100g辺り)・・・398円(税抜き)
 - 淡路産いちじく(1パック)・・・398円(税抜き) など

■淡路島のショッピング・買い物スポット
・場所/店名:スーパーキンキ(志筑本店・東浦店)
・住所/Googleマップ:兵庫県淡路市 各所
・営業時間:9時30分〜21時00分
・公式/関連サイト:スーパーキンキ

 
 

12. ファッションセンターしまむら津名店: 定番・手軽な洋服・ファッション雑貨のショッピング

ファッションセンターしまむらは、全国的なチェーンストアで、国内における主に郊外を中心に展開している会社・店鋪です。

1953年に埼玉県に島村呉服店が設立されたのが出発となっており、日本の全都道府県に店舗があり、海外では台湾や上海などにまで展開しています。

特徴としてはファストファッションブランドとして、一般的には知られています。
比較的安い値段で、普段気軽に着ることができるような洋服・ファッション雑貨がメインです。

淡路島周辺に住む方はもちろん、旅行で訪れた方で、洋服を買い足す必要があるときなどに手軽に利用できて良いと思います。

 ■淡路島におけるエリア・場所・アクセス方法
神戸淡路鳴門道の津名一宮インターから約5分

 ■ショッピング・買い物タイプ
幅広い世代を対象としていますが、特に小さいお子様やご年配の婦人服の取り揃えには定評があります。

■淡路島のショッピング・買い物スポット
・場所/店名:ファッションセンターしまむら津名店
・住所/Googleマップ: 兵庫県淡路市大谷937-3
・営業時間:10時00分〜19時00分
・公式/関連サイト:ファッションセンターしまむら津名店

 
 

13. イオン洲本店(イオン洲本ショッピングセンター): 淡路島最大規模のショッピングモール

イオン洲本店は、兵庫県洲本市にあるイオンリテール株式会社が運営するショッピングセンター・モールです。

呼び名は主に「イオン」ですが、島内に南淡路店と淡路店ともう二店舗イオンがあることから、そちらと区別する意味も含め地元の人はイオン洲本店を「洲本のイオン」または旧称である「洲本のジャスコ」更には略して「洲ジャス」と呼ぶこともあるそうです。

淡路島ではイオン単独としては、最大級のショッピングモールということで、食品売り場の面積はもちろんのこと、テナント数や飲食店の数も豊富です。

 ■淡路島におけるエリア・場所・アクセス方法
神戸淡路鳴門自動車道 洲本ICより約7分

 ■ショッピング・買い物タイプ
・小さいお子様からご年配まで年代を問わず楽しめます。
・イオンならではの、安くて品質の良い品ぞろえはもちろんのこと、日本最大規模を誇る宮脇書店や、幅広い年代の衣類の品揃えのあるMAC-HOUSEなどの店舗が特徴です。

■淡路島のショッピング・買い物スポット
・場所/店名:イオン洲本店(イオン洲本ショッピングセンター)
・住所/Googleマップ: 兵庫県洲本市塩屋1丁目1−8
・営業時間:7時00分〜23時00分 (売り場によって異なる。)
・公式/関連サイト:イオン洲本店

 
 

14. イオン南淡路店: 洋服・雑貨・食品まで充実したショッピングモール

イオン南淡路店は、兵庫県南あわじ市にある大型ショッピングモールです。
店舗内には、100円ショップダイソーやピクニックコート、更には婦人服の山松や服飾雑貨のピアオオタニが入っています。

ルモージュは喫茶店の形態ですが、食事メニューも充実しており、手頃な価格でしっかり食事が出来ます。

駐車場は平面駐車場と立体駐車場とあり、広々としており、淡路島ドライブの際にお菓子や食品を購入したりするのに大変便利です。
ATMはJAあわじ島とイオン銀行の2種類です。また、毎日17時からは夜市が行われています。

 ■淡路島におけるエリア・場所・アクセス方法
神戸淡路鳴門自動車道 西淡三原IC 上り 出口より約5分

 ■ショッピング・買い物タイプ
・小さいお子様からご年配の方まで幅広い層向けです。
・売り場面積が広いことから、食品の品揃えも安定した充実度を誇っており、しかも新鮮です。
カメラのキタムラや100円ショップのダイソーなどテナント店舗も充実しています。

■淡路島のショッピング・買い物スポット
・場所/店名:イオン南淡路店
・住所/Googleマップ: 兵庫県南あわじ市賀集八幡北378−1
・営業時間:7時00分〜22時00分 (売り場によって異なる。)
・公式/関連サイト:イオン南淡路店

 
 

15. イオン淡路店: 地元の人が買い物に集まるショッピングセンター

イオン淡路店は、兵庫県淡路市にある大型ショッピングセンターです。
食品、衣料品、日用品だけでなく、美容室、ゲームセンター、英語教室・音楽教室などもあり、地元の人がたくさん集まるショッピングセンターです。

店舗は地上4階建てとなっており、津名商業協同組合が運営するショッピングセンター「津名ショッピングタウン アル・クリオ」の中核店舗として営業しています。

 ■淡路島におけるエリア・場所・アクセス方法
神戸淡路鳴門自動車道津名一宮IC より約6分

 ■ショッピング・買い物タイプ
・小さいお子様からご年配の方まで幅広い年代の方々が楽しめます。
・「津名ショッピングタウン アル・クリオ」の他の店舗も入れると、淡路島にある他のイオンモールよりも多種多様な店舗があります。

■淡路島のショッピング・買い物スポット
・場所/店名:イオン淡路店
・住所/Googleマップ: 兵庫県淡路市志筑新島10−2
・営業時間:8時00分〜22時00分 (売り場によって異なる。)
・公式/関連サイト:イオン淡路店

 
 

16. FBI(First class Backpackers Inn.): 買い物まで楽しめるアウトドア・キャンプ場

「FBI(First class Backpackers Inn.)」は、淡路島の海に面した場所にある、自然を自由に体感できるキャンプ場です。
全て手作りの雰囲気のあるキャンプ場内はオーナー達のこだわりが感じられます。

テントサイトのほか、おしゃれなキャビンやティピーなどがあり、ベテランキャンパーから初心者・ファミリーまで計画や目的に合わせて、アウトドア体験を楽しめます。

海にも面しており、海水浴も楽しめます。
家族や友人と、大自然の中でのんびりした時間を過ごしてみてはいかがでしょう。

 ■淡路島におけるエリア・場所・アクセス方法
北淡ICより県道31号線を南へ車で約30分
西淡三原ICより県道31号線を北へ車で約20分

※船の形の喫茶店「宝船」が目印です。

 ■ショッピング・買い物タイプ
キャンプ一泊
・大人(中学生以上):1,500円
・子供:750円(4才〜小学生)
・幼児:無料(3才以下)
・ペット:500円

■淡路島のショッピング・買い物スポット
・場所/店名:FBI(First class Backpackers Inn.)
・住所/Googleマップ: 兵庫県洲本市五色町鳥飼浦2359
・営業時間(電話予約・問合せ):10時〜20時
・公式/関連サイト:FBI(First class Backpackers Inn.)

 
 
淡路島の近郊の街のショッピング・買い物施設のページ

大阪のショッピング・買い物スポットおすすめ37選: 梅田・心斎橋・天王寺・京橋、郊外まで

 

神戸のショッピング・買い物スポットのおすすめ場所: 若者や大人にも人気の洋服・雑貨、観光を楽しめる場所まで紹介!


関連 & おすすめ旅行ページとPR




About culturize media 15 Articles
Culturize media編集部です。Culturizeや関連の「Japanize」が主催するインバウンド観光イベント、旅行・観光に役立つ便利なまとめ情報ページなどを発信しています。 >>記事ページ一覧はこちら